25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

イザベラ・ロッセリーニ
イザベラ・ロッセリーニは才能あふれる国際的に著名な人物である。イザベラはこれまでの30年のキャリアで、演技、監督、動物擁護、モデルとして高く評価されてきた。彼女が出演した代表作には「ブルーベルベット」、「フィアレス」、「永遠に美しく…」などがある。最近では、彼女の動物に対する愛情を表現した短編シリーズ「グリーンポルノ」でいくつかの賞に輝いている。イザベラは10年以上もの間、化粧品会社ランコムの顔を務めたことでも知られ、現在は、女優、モデルの両方で活躍している。
映画界のサラブレッド、イザベラ・ロッセリーニが情熱を傾ける「グリーン・ポルノ」。稀有な環境で育ち、さまざまな経験を経た彼女が見つけた世界とは!?

イタリア出身の女優で映画監督、モデルのイザベラ・ロッセリーニ。父は映画監督のロベルト・ロッセリーニ、母は女優のイングリッド・バーグマンという映画界のサラブレッドだ。彼女自身も映画『ブルーベルベット』『不滅の恋/ベートーヴェン』などに出演したり、フランスの有名化粧品ブランドのイメージモデルを10年以上務めたほか、2015年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員長に就任するなど精力的に活動を続けている。

そんな彼女が2008年より情熱を傾ける短編映画シリーズが「グリーン・ポルノ」だ。これは、イザベラがさまざまな動物になりきって生殖行為を説明するシリーズ。最初はテレビ放送のための数分の短編作品だったが、評判を呼び書籍化。その後舞台化もされ、イザベラは4大陸35都市でひとり芝居を敢行した。

今回、WOWOWではサンダンスプロダクションと番組を共同制作。イザベラ本人の証言から、半生や「グリーン・ポルノ」製作のいきさつなど、彼女の素顔に迫るドキュメンタリーをお届けする。

Photo by Jody Shapiro
  • ご加入はこちら
  • マイ番組登録をしよう!