25th

WOWOW

PC版

ご加入はこちら

  • 登場人物
  • 1984の影響力
  • 登場人物
“見えない”現代監視社会の恐怖!世界のクリエイターに“未来”はあるのか?!

村上春樹やマイケル・ムーアなど世界中に影響を与え続けるSF小説の金字塔。
その舞台から30年、いま監視社会はどうなっているのか?世界の巨匠が独自目線で未来を予測!

“見えない”現代監視社会の恐怖!世界のクリエイターに“未来”はあるのか?!

イギリスの作家、ジョージ・オーウェルが1948年に執筆した「1984年」。映画、音楽、文学、アートなどに多大なる影響を及ぼし続ける、ディストピアSF小説の金字塔だ。テレビと監視カメラが一体となった装置“テレスクリーン”、絶対的な支配者“ビッグブラザー”、“戦争は平和”などの造語を駆使し、世界中の読者に衝撃を与えてきた作品である。全体主義国家による極端な監視統制社会下で洗脳や拷問を受け抑圧され続ける主人公の男女の運命から「自由」や「表現」の意味を問い掛ける。

“見えない”現代監視社会の恐怖!世界のクリエイターに“未来”はあるのか?!

小説の舞台から30年を経た現実の世界では、インターネットの利用記録が無断解析されるなど、オーウェルには描ききれなかったITによる監視が着々と進んでいる。そんな“見えない”監視の恐怖を、映画『1984』の監督として知られるマイケル・ラドフォードが自ら現場取材。国際社会を震撼させたITメディアの関係者へ対談を試みる。また、イギリス・ガーディアン紙の風刺漫画家らが“2050年の世界”を独自予想。日本を代表する“表現者”坂本龍一や押井守ら世界のトップクリエイターを通してこそ見えてくる“表現の自由”の意味と未来社会の姿に迫る。

登場人物
  • 押井守押井守
    (映画監督)
    「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」
    「GARM WARS The Last Druid」
  • マーティン・ローソンマーティン・ローソン
    (英ガーディアン紙 風刺漫画家)
  • マイケル・ラドフォードマイケル・ラドフォード
    (映画監督)
    「1984」
    「イル・ポスティーノ」
  • ライアン・ギャラガーライアン・ギャラガー
    (安全保障専門ジャーナリスト)
  • 坂本龍一坂本龍一
    (ミュージシャン)
  • ジェイコブ・アッペルバウムジェイコブ・アッペルバウム
    (ウィキリークス)
1984の影響力
1984の影響力
blank