{"prg_cd":"110431"}
{"prg_cd":"112121"}
{"prg_cd":"111840"}
{"prg_cd":"112942"}
{"prg_cd":"111781"}
{"prg_cd":"112395"}
{"prg_cd":"112525"}
{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"113241"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"112634"}
{"prg_cd":"112635"}
{"prg_cd":"113174"}
{"prg_cd":"111744"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"113255"}
{"prg_cd":"113220"}
{"prg_cd":"112086"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112451"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113417"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"106318"}
{"genre_cd":"01"}

ステージ
マランダン・バレエ・ビアリッツ「美女と野獣」

マランダン・バレエ・ビアリッツ「美女と野獣」
現在、放送予定はありません。

フランス南西部ビアリッツを本拠地とするティエリー・マランダン率いるバレエ団が2016年に上演した「美女と野獣」。チャイコフスキーの旋律と美しいダンスは必見。

スペインとの国境にほど近いフランスの高級リゾート地ビアリッツを本拠地とするバレエ団マランダン・バレエ・ビアリッツの公演から、2016年2月にスペインのクルサール公会堂で上演された「美女と野獣」をお届けする。
「美女と野獣」はヴィルヌーヴ夫人によって書かれた、美しく性格も優れた女性ベルと魔法をかけられ野獣にされてしまった王子による純愛の物語。次第に野獣の優しさに惹かれていくベルをクレール・ロンシャンが、姿はいかめしくも紳士的にベルに接する野獣をミカエル・コントが好演し、その心情をみごとに表現し切った。また、「魂」の役はバレエ団のトップダンサー兼井美由季が演じる。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
マランダン・バレエ・ビアリッツ「美女と野獣」

フランス南西部ビアリッツを本拠地とするティエリー・マランダン率いるバレエ団が2016年に上演した「美女と野獣」。チャイコフスキーの旋律と美しいダンスは必見。

このバレエ団の芸術監督であるティエリー・マランダンは、パリ・オペラ座バレエ団やナンシー国立バレエ団のダンサー出身で、コンテンポラリーダンスの振付家として定評がある。本作では、ストーリーを展開していく登場人物以外にストーリーテラーとして「芸術家」「魂」「肉体」を表わす3人がステージ上に現われ、独特の世界観を作り出している。
【ストーリー】
商人には3人の美しい娘がいた。長女、次女がいじわるで強欲なのに対し、ベルという名の三女(クレール・ロンシャン)は、心が清らかな女性へと成長する。ある日、商人は船の積み荷を引き取るため遠く離れた町に出向くが、帰り道で迷い乗っていた馬ともども行き倒れ寸前に。しかし、偶然立派な城を発見し、恐る恐る入ってみる。だが誰もいないようだ。いつしか商人は眠りに就いていた。
翌朝、城を出て庭のバラを見た商人は、ベルから旅の土産にバラを頼まれていたことを思い出し、枝を折ってしまう。すると、見るからに恐ろしい容姿の野獣(ミカエル・コント)が激怒しながら出現。商人はバラが欲しかった事情を話し、命乞いをする。商人の命の代わりに娘をひとり差し出すよう迫る野獣。傷心のまま家に帰った商人から話を聞いたベルは、自分が野獣のもとへ向かうことを申し出る。そして、城にやって来たベルを見た野獣は、彼女に恋心を抱くのだった。

演目

  • 美女と野獣

収録日・収録場所

  • 2016年2月/スペイン・サン・セバスティアン クルサール公会堂

出演

役名 役者名
ベル クレール・ロンシャン
野獣 ミカエル・コント
魂の役 兼井美由季

スタッフ

  • 音楽
    ピョートル・チャイコフスキー
  • 振付
    ティエリー・マランダン
  • 指揮
    アイナルス・ルビキス
  • 演奏
    エウスカディ交響楽団
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの