{"prg_cd":"112336"}
{"prg_cd":"112433"}
{"prg_cd":"112349"}
{"prg_cd":"112337"}
{"prg_cd":"112353"}
{"prg_cd":"112361"}
{"prg_cd":"112338"}
{"prg_cd":"112373"}
{"prg_cd":"112355"}
{"prg_cd":"112351"}
{"prg_cd":"112350"}
{"prg_cd":"112340"}
{"prg_cd":"112346"}
{"prg_cd":"112348"}
{"prg_cd":"112339"}
{"prg_cd":"112354"}
{"prg_cd":"112347"}
{"prg_cd":"112793"}
{"prg_cd":"112345"}
{"prg_cd":"110746"}
{"prg_cd":"112341"}
{"prg_cd":"112357"}
{"prg_cd":"110625"}
{"prg_cd":"112343"}
{"prg_cd":"112358"}
{"genre_cd":"01"}

映画
映画ドラえもん のび太の恐竜

映画ドラえもん のび太の恐竜

5/21(月)午前8:00

WOWOWシネマ

記念すべき「映画ドラえもん」第1作。現代で孵化させた首長竜を本来のすみかに帰すため、のび太とドラえもんたちが1億年前の白亜紀を舞台に大冒険を繰り広げる。

国民的アニメ初の劇場版である「映画ドラえもん」第1作。原作者藤子・F・不二雄自身が脚本に参加し、もともとは短編だった漫画版のエピソードを大きく膨らませて大冒険の長編に仕立てた。日常を飛び出して、首長竜の暮らす1億年過去の白亜紀という大スケールの舞台、ジャイアン、スネ夫、しずかたちおなじみの仲間が冒険を通じて深めていく友情、そしてのび太と首長竜の“ピー助”との出会いと別れの物語など、その後のシリーズでも受け継がれる「映画ドラえもん」ならではの要素が詰まった記念すべき作品だ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 216
映画ドラえもん のび太の恐竜

記念すべき「映画ドラえもん」第1作。現代で孵化させた首長竜を本来のすみかに帰すため、のび太とドラえもんたちが1億年前の白亜紀を舞台に大冒険を繰り広げる。

恐竜丸ごとの化石を発見してみせると宣言したのび太は、苦労のかいあってついに化石らしきものを掘り出す。ドラえもんから借りたタイムふろしきをかぶせてみると、なんとそれは恐竜の卵だった。やがて卵から首長竜の赤ちゃんが誕生、のび太たちは“ピー助”と名付けて育て始める。だがある日、謎の黒い男がピー助を付け狙い始め、のび太とドラえもんは成長したピー助を安心して暮らせる白亜紀に帰してあげることにしたのだが……。

作品データ

  • 制作年/1980
  • 制作国/日本
  • 内容時間/93分
  • ジャンル/アニメーション

出演

役名
ドラえもん 大山のぶ代
のび太 小原乃梨子
しずか 野村道子
スネ夫 肝付兼太
ジャイアン たてかべ和也
パパ 加藤正之
ママ 千々松幸子
ピー助 よこざわけい子

スタッフ

  • 監督
    福冨博
  • 原作・脚本
    藤子・F・不二雄
  • 脚本
    松岡清治
  • 作画監督
    本多敏行
  • 音楽
    菊池俊輔

関連特集

37作一挙放送!史上最大の映画ドラえもんまつり

並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

37作一挙放送!史上最大の映画ドラえもんまつり

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank