{"prg_cd":"111562"}
{"prg_cd":"111366"}
{"prg_cd":"111406"}
{"prg_cd":"112320"}
{"prg_cd":"111192"}
{"prg_cd":"110434"}
{"prg_cd":"019070"}
{"prg_cd":"111625"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"111430"}
{"prg_cd":"022718"}
{"prg_cd":"111727"}
{"prg_cd":"110625"}
{"prg_cd":"019093"}
{"prg_cd":"019073"}
{"prg_cd":"112155"}
{"prg_cd":"112147"}
{"prg_cd":"111920"}
{"prg_cd":"110701"}
{"prg_cd":"111742"}
{"prg_cd":"109142"}
{"prg_cd":"111799"}
{"prg_cd":"111322"}
{"prg_cd":"112482"}
{"prg_cd":"112306"}
{"genre_cd":"01"}

映画
ボイス・フロム・ザ・ダークネス

ボイス・フロム・ザ・ダークネス

5/2(水)午後3:00

WOWOWシネマ 字幕版

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」やドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のE・クラークが主演し、エロティック演技を披露した戦慄編。ある城の怪現象を描く。

ある心を閉ざした少年との交流に挑む看護師がヒロイン。“世界でいちばん美しい顔”に選ばれたこともあるクラークはTV界に続き、「ターミネーター:新起動/ジェニシス」など映画界でも活躍中だが、「ゲーム・オブ・スローンズ」のデナーリス役では脱ぎっぷりのよさも評判に。本作でもヒロインの心理を巧みに表現する一方、セクシーな演技も見せている。作品全体も幻想的ムード満点で、女性が見ても楽しめる。共演は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ第1・3作のM・ソーカス。WOWOWの放送が日本初公開。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 189
ボイス・フロム・ザ・ダークネス

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」やドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のE・クラークが主演し、エロティック演技を披露した戦慄編。ある城の怪現象を描く。

第2次世界大戦後のイタリア。ロチョーザ城に住む一流ピアニスト、マルヴィーナが病気で他界し、幼い息子ジェイコブは心を閉ざして言葉を話さなくなる。たたき上げの看護師ヴェレーナはジェイコブの面倒を見るベく、城に住み込みで雇われる。最初はジェイコブと交流できると自信満々だったヴェレーナだが、ジェイコブは一向に心を開こうとしない。やがてヴェレーナはジェイコブにはマルヴィーナの声が聞こえていると考えだし……。

作品データ

  • 原題/Voice from the Stone
  • 制作年/2017
  • 制作国/アメリカ/イタリア
  • 内容時間(字幕版)/91分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ヴェレーナ エミリア・クラーク
ジェイコブの父親クラウス マートン・ソーカス
マルヴィーナ カテリーナ・ムリーノ
ジェイコブ エドワード・ジョージ・ドリング
アレッシオ レモ・ジローネ

スタッフ

  • 監督
    エリック・デニス・ハウエル
  • 製作
    ディーン・ザナック
  • 製作
    ステファーノ・ガリーニ=デュランテ
  • 脚本
    アンドリュー・ショウ
  • 撮影
    ピーター・シモニーテ
  • 音楽
    マイケル・ワンドマッチャー

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank