{"prg_cd":"112702"}
{"prg_cd":"112704"}
{"prg_cd":"112024"}
{"prg_cd":"111715"}
{"prg_cd":"105025"}
{"prg_cd":"112284"}
{"prg_cd":"112705"}
{"prg_cd":"113045"}
{"prg_cd":"111713"}
{"prg_cd":"112150"}
{"prg_cd":"112092"}
{"prg_cd":"111907"}
{"prg_cd":"112084"}
{"prg_cd":"112952"}
{"prg_cd":"112684"}
{"prg_cd":"112307"}
{"prg_cd":"112109"}
{"prg_cd":"112732"}
{"prg_cd":"112996"}
{"prg_cd":"111708"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"112987"}
{"prg_cd":"111709"}
{"prg_cd":"112945"}
{"prg_cd":"111984"}
{"genre_cd":"01"}

映画
リベンジ・ショット 最後の賭け

リベンジ・ショット 最後の賭け

6/27(水)午後2:00

WOWOWシネマ 字幕版 5.1

7/20(金)午前7:00

WOWOWシネマ 字幕版 5.1

田舎町で強盗事件が連続発生。犯人コンビは厳しい現実を背負った2人の女性だった。2人と男性刑事という3人を待ち受ける、二転三転する意外な運命を描く犯罪アクション。

雪に覆われた地方の小さな町でコンビニ強盗事件が発生したのに続き、違法ポーカーが行なわれていた建物が同じ強盗コンビに襲われる。意外にも犯人は町で暮らす、それぞれ厳しい現実を背負った女性2人だった。事態は捜査を担当した男性刑事をも巻き込み、二転三転していくが……。事実上、1時間強という短い尺なので、1話完結のTVドラマの1話分のように楽しめる。ニコール役のN・ムーアのお色気は、男性ファンには特に見ものだ。WOWOWの放送が日本初公開。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 197
リベンジ・ショット 最後の賭け

田舎町で強盗事件が連続発生。犯人コンビは厳しい現実を背負った2人の女性だった。2人と男性刑事という3人を待ち受ける、二転三転する意外な運命を描く犯罪アクション。

地方の町で2人組強盗がコンビニを襲って現金を奪う事件が発生。ニューヨークから移り住んできたタフな刑事ブロージャーは捜査を開始し、犯人たちと関係がありそうなストリップバー“ベリー・ルーム”を訪れるが、そこで働く女性ニコールから誘惑される。ニコールの友人リンジーは裕福な夫セスからDVを受けていたが、セスは数日後、違法な取引を予定していて、ニコールとリンジーはそこで180万ドルの現金を奪おうとしていた。

作品データ

  • 原題/Blue Line
  • 制作年/2017
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/73分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ブロージャー トム・サイズモア
リンジー ジョーダン・ラッド
ニコール ニッキ・ムーア
シスコ ケヴィン・ナッシュ
セス トム・デヌッチ

スタッフ

  • 監督
    ジェイコブ・クーニー
  • 製作
    デヴィッド・ギア
  • 製作
    タイラー・W・コニー
  • 製作
    リチャード・スウィッツァーほか
  • 脚本
    ジェイコブ・クーニー
  • 脚本
    ビル・ハンストック
  • 脚本
    ジョージ・サウンダース
  • 撮影
    クリストファー・バイ
  • 音楽
    デヴィッド・ベイトマン

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの