{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"111467"}
{"prg_cd":"111600"}
{"prg_cd":"111572"}
{"prg_cd":"111621"}
{"prg_cd":"110585"}
{"prg_cd":"111403"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"111370"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"110862"}
{"prg_cd":"111882"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"111891"}
{"prg_cd":"110624"}
{"prg_cd":"110689"}
{"prg_cd":"111566"}
{"prg_cd":"105853"}
{"prg_cd":"111540"}
{"prg_cd":"111777"}
{"prg_cd":"111974"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"111073"}

映画
屍者の帝国

屍者の帝国

12/29(金)よる9:00

WOWOWシネマ 初回 5.1

1/16(火)深夜1:10

WOWOWシネマ 5.1

夭折した天才SF作家・伊藤計劃の絶筆を円城塔が書き継いで完成させた遺作をアニメ化。屍者をよみがえらせる技術が普及した19世紀末を舞台に壮大な冒険が展開する。

病に倒れ、原稿用紙30枚ほどのプロローグを残して絶筆となった伊藤計劃のオリジナル第3長編を、同期デビューの盟友であり、「道化師の蝶」の芥川賞作家である円城塔が引き継いで完成させた同名小説をアニメ化。フランケンシュタイン博士が実現した屍者蘇生技術が普及し、屍者を労働力として活用する19世紀という舞台設定をはじめ、主人公が名探偵ホームズと出会う前のワトソン医師であるなど、古典小説の登場人物や歴史上の人物をモザイクのように組み合わせ、奇想天外にして壮大な物語が繰り広げられる。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 524

夭折した天才SF作家・伊藤計劃の絶筆を円城塔が書き継いで完成させた遺作をアニメ化。屍者をよみがえらせる技術が普及した19世紀末を舞台に壮大な冒険が展開する。

19世紀末のロンドン。屍者蘇生技術が実用化され、ものも言わず命令通りに動く屍者は労働力として欠かせないものとなっていた。そんな中、医学生ワトソンはその才能を見込まれ、諜報組織ウォルシンガム機関から特別任務を与えられる。それは、唯一知性と感情に目覚めたという最初の屍者“ザ・ワン”と、彼を作ったフランケンシュタイン博士の研究日誌、屍者に“魂”を与える秘密が記されたその手記を見つけ出すというものだった。

作品データ

  • 制作年/2015
  • 制作国/日本
  • 内容時間/121分
  • ジャンル/アニメーション

出演

  • ジョン・H・ワトソン/声:細谷佳正
  • フライデー/声:村瀬歩
  • フレデリック・バーナビー/声:楠大典
  • アレクセイ・カラマーゾフ/声:三木眞一郎
  • ニコライ・クラソートキン/声:山下大輝
  • ハダリー・リリス/声:花澤香菜
  • M/声:大塚明夫
  • ザ・ワン/声:菅生隆之

スタッフ

  • 監督/牧原亮太郎
  • 脚本/瀬古浩司
  • 脚本/後藤みどり
  • 脚本/山本幸治
  • キャラクター原案/redjuice
  • 総作画監督/千葉崇明
  • 総作画監督/加藤寛崇
  • 音楽/池頼広
  • アニメーション制作/WIT STUDIO
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

月刊!オールナイトシネマ[天才SF作家 伊藤計劃の世界]

早世した天才作家が残した3作品をアニメ化

特集:天才SF作家 伊藤計劃の世界

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの