{"prg_cd":"111299"}
{"prg_cd":"111649"}
{"prg_cd":"110912"}
{"prg_cd":"109617"}
{"prg_cd":"110500"}
{"prg_cd":"022021"}
{"prg_cd":"111361"}
{"prg_cd":"110719"}
{"prg_cd":"110692"}
{"prg_cd":"111298"}
{"prg_cd":"111050"}
{"prg_cd":"111724"}
{"prg_cd":"109937"}
{"prg_cd":"111778"}
{"prg_cd":"111617"}
{"prg_cd":"111431"}
{"prg_cd":"111189"}
{"prg_cd":"107490"}
{"prg_cd":"111048"}
{"prg_cd":"111823"}
{"prg_cd":"109615"}
{"prg_cd":"001446"}
{"prg_cd":"019093"}
{"prg_cd":"110965"}
{"prg_cd":"111963"}

映画
150ミリグラム ある女医の告発

150ミリグラム ある女医の告発

3/2(金)午前8:45

WOWOWシネマ 字幕版

糖尿病治療薬“メディアトール”に重大な副作用があることを世に訴えたフランスの女性医師は大手製薬会社などと戦う。実話に基づく、衝撃と感動の社会派メディカルドラマ。

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」で第68回カンヌ国際映画祭の女優賞に輝き、監督・脚本家としても評価が高いE・ベルコが監督。フランスの女性医師イレーネ・フラションが、糖尿病治療薬“メディアトール”に心臓弁膜症を引き起こす副作用があると考え、販売中止を訴え続けたという実話を映画化。製薬会社などから圧力を受けても自説を曲げず、エネルギッシュに行動するフラションの姿が感動的。主演は「インフェルノ(2016)」など世界的に活躍するS・B・クヌッセン。WOWOWの放送が日本初公開。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 157

糖尿病治療薬“メディアトール”に重大な副作用があることを世に訴えたフランスの女性医師は大手製薬会社などと戦う。実話に基づく、衝撃と感動の社会派メディカルドラマ。

2009年。地方にあるブレスト地域大学病院の女性医師イレーネは、自身の患者が原因不明の心臓弁膜症を発症して亡くなったことに疑問を抱き、患者が服用していたセルヴィエ社の薬“メディアトール”について調べると、これを服用して死んだ患者が他にも大勢いると気付く。イレーネはフランス医薬品安全庁に“メディアトール”の販売禁止を訴えでるが、セルヴィエ社や官庁から周囲に圧力が掛かって立場が危うくなっていき……。

作品データ

  • 原題/La Fille de Brest
  • 制作年/2016
  • 制作国/フランス
  • 内容時間(字幕版)/128分
  • ジャンル/ドラマ

出演

  • イレーネ・フラション/シセ・バベット・クヌッセン
  • アントワーヌ/ブノワ・マジメル
  • パトシェ/シャルロット・レンメル
  • アンヌ/ララ・ニューマン
  • ブルーノ・フラション/パトリック・リガルデ

スタッフ

  • 監督/エマニュエル・ベルコ
  • 製作/シモン・アルナル
  • 製作/カロリーヌ・ベンジョー
  • 製作/バルバラ・レテリエほか
  • 脚本/エマニュエル・ベルコ
  • 脚本/セヴェリーヌ・ボッシェム
  • 脚本/ロマン・コンパン
  • 撮影/ギョーム・シフマン
  • 音楽/マルティン・ホイーラー
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの