{"prg_cd":"111022"}
{"prg_cd":"002884"}
{"prg_cd":"111620"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"111744"}
{"prg_cd":"112740"}
{"prg_cd":"112946"}
{"prg_cd":"112090"}
{"prg_cd":"112156"}
{"prg_cd":"113064"}
{"prg_cd":"112092"}
{"prg_cd":"109765"}
{"prg_cd":"112612"}
{"prg_cd":"113151"}
{"prg_cd":"111496"}
{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"112662"}
{"prg_cd":"113198"}
{"prg_cd":"112634"}
{"prg_cd":"113152"}
{"prg_cd":"112027"}
{"prg_cd":"112952"}
{"prg_cd":"111284"}
{"prg_cd":"112795"}
{"genre_cd":"01"}

映画
コンカッション

コンカッション
現在、放送予定はありません。

人気男優W・スミスが、米国の国民的スポーツ、アメフトのプロ選手たちの相次ぐ怪死を通じてCTE(慢性外傷性脳症)を発見した、実在の医師役を演じた話題の実話ドラマ。

ある時期、米国のプロアメフト界で活躍した選手の怪死が相次ぐ。医師オマルは試合中にタックルなどで激しくぶつかり合うのが当たり前というアメフトは危険だと問題提起し、選手たちは新たな疾患、CTEを発症していたと発表するが、プロアメフトリーグのNFLから大きな圧力が加わり……。2015年の米映画界を代表した力作の1本ながら日本上陸が遅れたのは残念だが、自身を信じ続ける主人公オマルの勇気に感動を誘われる逸品。知性派へのイメージチェンジを目指したスミスの熱演もさらに評価されるべきだろう。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
コンカッション

人気男優W・スミスが、米国の国民的スポーツ、アメフトのプロ選手たちの相次ぐ怪死を通じてCTE(慢性外傷性脳症)を発見した、実在の医師役を演じた話題の実話ドラマ。

アフリカのナイジェリア出身で米国ピッツバーグの病院で検視官を務める医師オマルは、2002年、かつてピッツバーグ・スティーラーズの花形選手だったが怪死を遂げたウェブスターの検視を担当する。しかしあと一歩のところで死因を突き止められずに悩む。オマルはアメフト選手たちが現役時代、激しいプレーを通じて脳に損傷を受けているという結論に達し、医学誌に論文を発表。だがプロアメフト界の頂点、NFLに否定され……。

作品データ

  • 原題/Concussion
  • 制作年/2015
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/123分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ベネット・オマル ウィル・スミス
バイレス アレック・ボールドウィン
プレマ・ムティソ ググ・ンバータ=ロー
マルーン アーリス・ハワード
エリオット ポール・ライザー
ロジャー・グッデル ルーク・ウィルソン
マイク・ウェブスター デヴィッド・モース

スタッフ

  • 監督
    ピーター・ランデズマン
  • 製作
    リドリー・スコット
  • 製作
    ジャンニーナ・スコット
  • 製作
    デヴィッド・ウォルソフほか
  • 脚本
    ピーター・ランデズマン
  • 撮影
    サルヴァトーレ・トチノ
  • 音楽
    ジェームズ・ニュートン・ハワード

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ◇ 勇気ある究明 ◇

    • ★★★☆☆
    • mis@
    • 2017/09/11 22:38

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
blank