{"prg_cd":"110297"}
{"prg_cd":"110811"}
{"prg_cd":"111113"}
{"prg_cd":"109656"}
{"prg_cd":"110621"}
{"prg_cd":"110717"}
{"prg_cd":"110715"}
{"prg_cd":"110686"}
{"prg_cd":"110404"}
{"prg_cd":"110622"}
{"prg_cd":"109640"}
{"prg_cd":"111142"}
{"prg_cd":"109683"}
{"prg_cd":"110866"}
{"prg_cd":"111022"}
{"prg_cd":"110429"}
{"prg_cd":"110867"}
{"prg_cd":"110662"}
{"prg_cd":"110944"}
{"prg_cd":"019837"}
{"prg_cd":"110630"}
{"prg_cd":"109725"}
{"prg_cd":"110670"}
{"prg_cd":"110393"}
{"prg_cd":"110912"}

映画
あやしい彼女

あやしい彼女

7/28(金)よる9:00

WOWOWシネマ初回5.1

8/2(水)よる7:30

WOWOWプライム5.1

見たこともない写真館で写真を撮ったことで20歳に若返ったおばあさんが、新しい人生をエンジョイし始める。多部未華子のコメディエンヌぶりに魅了される人情コメディ。

韓国映画のヒット作「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」の水田伸生監督がリメイクした日本版。オリジナル版では母親と息子だった2人が、本作では母親と娘に変更されたり、坂本九の「見上げてごらん夜の星を」や美空ひばりの「真赤な太陽」などの日本の名曲が使われたりと、アレンジされた箇所も多いが、ほぼオリジナルに忠実な作りだ。多部がザ・フォーククルセダーズの「悲しくてやりきれない」を熱唱するシーンに引き込まれ、また、随所に登場する名作「ローマの休日」オマージュに思わずうならされる。※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 5
  • 1062

見たこともない写真館で写真を撮ったことで20歳に若返ったおばあさんが、新しい人生をエンジョイし始める。多部未華子のコメディエンヌぶりに魅了される人情コメディ。

東京・下町に暮らす老女カツは毒舌でお年寄り仲間から煙たがられていたが、若いころから彼女に恋心を抱く次郎だけが彼女の味方だった。ある時、自慢の娘・幸恵との仲がぎくしゃくして家を飛び出したカツは、奇妙な写真館を発見。そこで写真を撮った途端、なぜか20歳に若返ってしまう。これは神様がくれたチャンスだと考えたカツはオードリー・ヘプバーンと原節子の名前から“大鳥節子”を名乗って新たな生活を始めるが……。

作品データ

  • 制作年/2016
  • 制作国/日本
  • 内容時間/126分
  • ジャンル/コメディ

出演

  • 大鳥節子/多部未華子
  • 瀬山カツ/倍賞美津子
  • 瀬山幸恵/小林聡美
  • 小林拓人/要潤
  • 瀬山翼/北村匠海
  • 相原みどり/金井克子
  • 中田次郎/志賀廣太郎
  • オオトリ写真館の店主/温水洋一

スタッフ

  • 監督/水田伸生
  • 脚本/吉澤智子
  • 撮影/中山光一
  • 音楽/三宅一徳
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

    • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら

    関連特集

    特集:人生は笑いと感動で出来ている

    泣いて笑って心に染みる秀作映画5本を放送

    平日夜は最新映画!

    閉じる

    My番組登録とは?

    My番組登録で見逃し防止!

    見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
    放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

    利用するには?

    WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

    WEB会員IDをお持ちでない方
    WEB会員IDを登録する
    WEB会員IDをお持ちの方
    ログインする
    閉じる

    番組で使用されているアイコンについて

    初回初回放送
    新番組
    最終回
    生放送
    5.15.1chサラウンド放送
    二カ国語版二カ国語版放送
    吹替版吹替版放送
    字幕版字幕版放送
    字幕放送
    無料ノンスクランブル(無料放送)
    PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
    PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
    R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
    R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
    R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
    R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
    R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの