{"prg_cd":"111141"}
{"prg_cd":"111142"}
{"prg_cd":"111182"}
{"prg_cd":"110680"}
{"prg_cd":"011617"}
{"prg_cd":"110968"}
{"prg_cd":"108318"}
{"prg_cd":"110671"}
{"prg_cd":"021000"}
{"prg_cd":"110624"}
{"prg_cd":"110944"}
{"prg_cd":"111365"}
{"prg_cd":"108520"}
{"prg_cd":"106826"}
{"prg_cd":"108186"}
{"prg_cd":"021408"}
{"prg_cd":"002392"}
{"prg_cd":"101601"}
{"prg_cd":"107154"}
{"prg_cd":"075521"}
{"prg_cd":"100600"}
{"prg_cd":"108181"}
{"prg_cd":"109656"}
{"prg_cd":"110080"}
{"prg_cd":"110091"}

映画
スキャナー 記憶のカケラをよむ男

スキャナー 記憶のカケラをよむ男

12/27(水)よる6:05

WOWOWプライム 5.1

野村萬斎が個性的な主人公を快演するサスペンス。美人ピアノ教師の失踪に絡む連続殺人事件に、人の残留思念を読み取る能力を持つ主人公とお笑いコンビの元相方が挑む。

TVドラマ「リーガルハイ」などの古沢良太によるオリジナル脚本を、“平成ガメラ”3部作の金子修介監督が映画化。これまで陰陽師や小国の城主役などで存在感を発揮してきた野村が、本作ではかなり風変わりな元芸人を巧みに演じている。また、お笑い芸人以外に俳優としても活躍する宮迫博之が絶妙なツッコミ役に徹し、野村と息の合ったコンビぶりを見せた。杉咲花、木村文乃といった女優たちから魅力を引き出す金子監督ならではの演出や、意外な真犯人が登場するクライマックスの畳み掛ける展開からも目が離せない。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 254

野村萬斎が個性的な主人公を快演するサスペンス。美人ピアノ教師の失踪に絡む連続殺人事件に、人の残留思念を読み取る能力を持つ主人公とお笑いコンビの元相方が挑む。

元お笑い芸人の仙石は物や場所に残る人間の記憶や感情=残留思念を読み取る能力を持っていた。かつて“マイティーズ”というコンビで人気を博した彼だが、能力のせいで人間不信に陥り、コンビは解散した。そんなある日、彼の元所属事務所に、失踪したピアノ教師、雪絵を捜す女子高校生の亜美が訪ねてくる。マイティーズの相方だった丸山は、社長命令で捜索に協力するよう仙石を説得し、紆余曲折の末雪絵の捜索が始められるが……。

作品データ

  • 制作年/2016
  • 制作国/日本
  • 内容時間/111分
  • ジャンル/コメディ・サスペンス/ミステリー

出演

  • 仙石和彦/野村萬斎
  • 丸山竜司/宮迫博之
  • 佐々部悟/安田章大
  • 秋山亜美/杉咲花
  • 沢村雪絵/木村文乃
  • 野田直哉/風間杜夫
  • 唯川ひな子/福本愛菜

スタッフ

  • 監督/金子修介
  • 脚本/古沢良太
  • 撮影/釘宮慎治
  • 音楽/池頼広
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 低予算だった感がじわじわ観客に伝わってくる映画

    • ★★☆☆☆
    • ハナブタ仮面
    • 2017/07/23 18:21

    なぜこの物語を映画化しようとしたのだろう?という疑問が観ている間ずっとつきまといます。
    テレビの連ドラ二話分程度の時間にうすーい内容。
    ピアノの演奏シーンも観客
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

年末年始メガヒットカーニバル[邦画編]

旬のスターが集まった邦画エンタメ20本!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの