{"prg_cd":"107684"}
{"prg_cd":"107678"}
{"prg_cd":"107116"}
{"prg_cd":"110763"}
{"prg_cd":"075027"}
{"prg_cd":"101019"}
{"prg_cd":"100760"}
{"prg_cd":"108064"}
{"prg_cd":"107473"}
{"prg_cd":"108681"}
{"prg_cd":"005120"}
{"prg_cd":"106151"}
{"prg_cd":"107212"}
{"prg_cd":"106086"}
{"prg_cd":"109148"}
{"prg_cd":"108372"}
{"prg_cd":"108687"}
{"prg_cd":"107848"}
{"prg_cd":"110387"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110355"}
{"prg_cd":"110581"}
{"prg_cd":"110811"}
{"prg_cd":"110863"}
{"prg_cd":"110636"}

ステージ
六本木歌舞伎「座頭市」市川海老蔵×寺島しのぶ脚本:リリー・フランキー 演出:三池崇史

六本木歌舞伎「座頭市」市川海老蔵×寺島しのぶ

8/12(土)よる6:45

WOWOWライブ

六本木歌舞伎の第2弾は「座頭市」。演出に三池崇史、脚本にリリー・フランキーを迎え、市川海老蔵と歌舞伎初出演の寺島しのぶが22年ぶりの共演を果たした話題作。

2017年2月に上演された「六本木歌舞伎」第2弾の模様を放送する。今回の演目は「座頭市」。脚本のリリー・フランキーが新解釈で描き、演出を担当する映画監督の三池崇史が色付けしていく。「座頭市」については、三池は2007年にも舞台版の演出を手掛けたことがある。※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 133

六本木歌舞伎の第2弾は「座頭市」。演出に三池崇史、脚本にリリー・フランキーを迎え、市川海老蔵と歌舞伎初出演の寺島しのぶが22年ぶりの共演を果たした話題作。

主演は市川海老蔵。盲目の侠客・市を演じるに当たり、海老蔵は「十八代目中村勘三郎さんが勝新太郎さんと座頭市についてお話されていたことを教えてくださり、その印象が強烈なのでいつか自分でも演じてみたいと思っていました」と語る。また、女優の寺島しのぶが歌舞伎に初出演。海老蔵と寺島は幼なじみながら共演するのは1995年の新派公演「鹿鳴館」以来で、実に22年ぶりの強力タッグが実現した。
【ストーリー】
舞台は繁栄と混沌が同居し人々の心が荒れすさむ江戸時代の六本木温泉宿場町。この地に流れ着いた盲目の座頭・市(市川海老蔵)は、諸国を旅する按摩に見えて、実は凶状持ちの侠客だった。彼は、女中見習いに励むおすず(寺島しのぶ)のひたむきさや、市に心を寄せる江戸随一の花魁・薄霧太夫(寺島しのぶ・2役)の心のぬくもりに触れ、つかの間の安らぎを感じる。
そんな中、市は街を牛耳る六樽組の開く賭場でいかさまを見抜き、組員たちの怒りを買ってしまう。市の身を案じた薄霧はともに町を抜け出そうとするが、時すでに遅く駆け付けた組員たちに取り囲まれる。そこに姿を現わしたのは、剣の達人として知られる六樽組の用心棒・風賀清志郎(市川右團次)だった。狂気が漂う清志郎を前に、薄霧の運命は市の剣に委ねられる。

出演

  • 市川海老蔵
  • 寺島しのぶ
  • 市川右團次
  • 市川九團次
  • 大谷廣松
  • 片岡市蔵
  • 市川右之助

スタッフ

  • 脚本/リリー・フランキー
  • 演出/三池崇史

収録日・場所

  • 2017年2月19日/東京 EX THEATER ROPPONGI
並び替え
絞り込み
  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの