{"prg_cd":"110297"}
{"prg_cd":"111024"}
{"prg_cd":"110668"}
{"prg_cd":"110811"}
{"prg_cd":"110708"}
{"prg_cd":"110621"}
{"prg_cd":"111113"}
{"prg_cd":"109360"}
{"prg_cd":"110146"}
{"prg_cd":"109697"}
{"prg_cd":"110709"}
{"prg_cd":"110944"}
{"prg_cd":"014910"}
{"prg_cd":"110670"}
{"prg_cd":"110745"}
{"prg_cd":"111507"}
{"prg_cd":"110705"}
{"prg_cd":"110867"}
{"prg_cd":"111104"}
{"prg_cd":"110440"}
{"prg_cd":"110669"}
{"prg_cd":"111022"}
{"prg_cd":"110404"}
{"prg_cd":"109725"}
{"prg_cd":"111142"}

映画
四月は君の嘘

四月は君の嘘
現在、放送予定はありません。

ピアノが弾けなくなった天才少年ピアニストの心を開いたのは、ある女子高校生バイオリニストだった。広瀬すずと山崎賢人が演じる、嘘から始まる恋が切ない恋愛劇。

新川直司のベストセラーコミックを、「ひるなかの流星」の新城毅彦監督が実写映画化。今やトップ若手女優のひとりとなった広瀬と、コミックの実写化映画での活躍が多い山崎という人気者2人が共演し、それぞれがバイオリンとピアノの演奏に挑戦。彼らの熱演が見もので、劇中に流れるこだわった選曲のクラシック音楽も聴きどころ。そして、コミックの実写化で気になる点といえば共演陣だが中川大志と石井杏奈がいい位置取りで場面をさらえば、板谷由夏や檀れいといった大人の女優陣も的確なサポートぶりを見せている。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

ピアノが弾けなくなった天才少年ピアニストの心を開いたのは、ある女子高校生バイオリニストだった。広瀬すずと山崎賢人が演じる、嘘から始まる恋が切ない恋愛劇。

ヒューマンメトロノームと称される天才ぶりを発揮したピアニストの公生は、母親の死でピアノが弾けなくなった。高校2年になったある日、彼は公園で楽しそうに鍵盤ハーモニカを弾く少女かをりと出会う。彼女は本来バイオリニストだが、コンクールでも自由に演奏してしまう奔放な性格だった。公生が彼女に惹かれていく中、かをりは彼にコンクールで伴奏してほしいと頼む。その熱意に押され、公生は再びピアノに向き合うのだが……。

作品データ

  • 制作年/2016
  • 制作国/日本
  • 内容時間/122分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

楽曲情報

  • いきものがかり/「ラストシーン」

出演

  • 宮園かをり/広瀬すず
  • 有馬公生/山崎賢人
  • 澤部椿/石井杏奈
  • 渡亮太/中川大志
  • 瀬戸紘子/板谷由夏
  • 有馬早希/檀れい

スタッフ

  • 監督/新城毅彦
  • 脚本/龍居由佳里
  • 撮影/小宮山充
  • 音楽/吉俣良
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 最初は素直に笑って、ラストで素直に泣ける青春映画

    • ★★★★☆
    • さすらいダイバー
    • 2017/06/03 20:18

    主人公が「底抜けに明るく活発で前向きな女の子」、となるとスグにキャスティングされる広瀬すず。確かにこの映画の主人公にも広瀬すずはぴったりだった。
    逆に病気でテン
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

ウィークエンドエンタ!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの