{"prg_cd":"110997"}
{"prg_cd":"109614"}
{"prg_cd":"110428"}
{"prg_cd":"109936"}
{"prg_cd":"110256"}
{"prg_cd":"105552"}
{"prg_cd":"107499"}
{"prg_cd":"109489"}
{"prg_cd":"109701"}
{"prg_cd":"109691"}
{"prg_cd":"110207"}
{"prg_cd":"110628"}
{"prg_cd":"110199"}
{"prg_cd":"110456"}
{"prg_cd":"110622"}
{"prg_cd":"110669"}
{"prg_cd":"110441"}
{"prg_cd":"110560"}
{"prg_cd":"109941"}
{"prg_cd":"110642"}
{"prg_cd":"018226"}
{"prg_cd":"016401"}
{"prg_cd":"110870"}
{"prg_cd":"110911"}
{"prg_cd":"110744"}

映画
貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子

11/1(水)深夜3:00

WOWOWシネマ 5.1

「リング」シリーズの貞子と「呪怨」シリーズの伽椰子、Jホラーを代表する2大ホラーヒロインが激突。最恐の呪いはどっちだ!? エイプリルフールから生まれた話題作。

ともにハリウッドリメイクもされ、Jホラーの象徴的な作品となった「リング」シリーズと「呪怨」シリーズ。その呪いの源であるホラーヒロイン“貞子”と“伽椰子”がもし対決したら? エイプリルフールのジョークとして発表された企画が、「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」シリーズの白石晃士監督によってまさかの実現を果たした話題作。呪いのビデオの貞子、呪いの屋敷の伽椰子、それぞれの特徴を活かしながら、両者譲らぬ激闘へと導いてみせた演出が光る。主演は山本美月と玉城ティナ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 124

「リング」シリーズの貞子と「呪怨」シリーズの伽椰子、Jホラーを代表する2大ホラーヒロインが激突。最恐の呪いはどっちだ!? エイプリルフールから生まれた話題作。

大学生の有里は、「見た者は必ず2日後に死ぬ」という“呪いのビデオ”を見てしまった友人・夏美を救うため、異端の霊能者コンビ、常盤経蔵と相棒の盲目の少女・珠緒の助けを借りる。一方、引っ越して来たばかりの高校生・鈴花は、思わず足を踏み入れた隣の廃屋が、「入ったら必ず死ぬ」といういわく付きの“呪いの家”であることを知る。2つの案件を抱えた経蔵は、双方の呪いをぶつけて消滅させるという作戦を企てるが……。

作品データ

  • 制作年/2016
  • 制作国/日本
  • 内容時間/99分
  • ジャンル/ホラー

出演

  • 倉橋有里/山本美月
  • 高木鈴花/玉城ティナ
  • 上野夏美/佐津川愛美
  • 高木史子/田中美里
  • 珠緒/菊地麻衣
  • 森繁新一/甲本雅裕
  • 常盤経蔵/安藤政信

スタッフ

  • 監督/白石晃士
  • 脚本/白石晃士
  • 撮影/四宮秀俊
  • 音楽/遠藤浩二
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 出演者全員無駄死に!!

    • ★★☆☆☆
    • さすらいダイバー
    • 2017/05/01 20:17

    「リング」の呪いのビデオばなしと「呪怨」の佐伯の家ばなしが並行して進み、山本美月演じる”ゆり”を助ける最終手段として、伽椰子に憑りつかれた玉城ティナ演じる”すず 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの