{"prg_cd":"109880"}
{"prg_cd":"108294"}
{"prg_cd":"110288"}
{"prg_cd":"107823"}
{"prg_cd":"109944"}
{"prg_cd":"110398"}
{"prg_cd":"108372"}
{"prg_cd":"109809"}
{"prg_cd":"110081"}
{"prg_cd":"106360"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"106800"}
{"prg_cd":"108281"}
{"prg_cd":"109721"}
{"prg_cd":"108616"}
{"prg_cd":"110205"}
{"prg_cd":"107783"}
{"prg_cd":"109086"}
{"prg_cd":"109937"}
{"prg_cd":"106252"}
{"prg_cd":"108295"}
{"prg_cd":"109171"}
{"prg_cd":"109342"}
{"prg_cd":"110377"}
{"prg_cd":"109728"}

ステージ
三谷幸喜「エノケソ一代記」

三谷幸喜「エノケソ一代記」

三谷幸喜「エノケソ一代記」

3/11(土)よる8:00

WOWOWライブ 初回

「真田丸」で日本中を熱狂させた三谷幸喜、待望の新作。市川猿之助、吉田羊、浅野和之らに加えて三谷本人も24年ぶりに役者として登場。どんな笑いが巻き起こるのか?

エノケソを演じるのは2006年の三谷作・演出の舞台「PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』」に出演した歌舞伎俳優の市川猿之助。崇拝するがあまり常軌を逸してまでエノケ 続きを読む

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 369

「真田丸」で日本中を熱狂させた三谷幸喜、待望の新作。市川猿之助、吉田羊、浅野和之らに加えて三谷本人も24年ぶりに役者として登場。どんな笑いが巻き起こるのか?

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で脚本を務めた三谷幸喜だが、その「真田丸」後初の舞台作品を放送する。本作は昭和の喜劇王エノケンこと榎本健一になりすまし、全国巡業した喜劇役者エノケ“ソ”とその一座の物語。舞台となる昭和30年代はテレビが家庭に普及しておらず、エノケンの偽者が各地で出没した。このエノケソもそのひとりという設定。
【ストーリー】
喜劇王エノケンこと榎本健一に心酔する田所(市川猿之助)は、いつしかエノケソを名乗るように。彼は、妻でエノケンの妻の名と同じ読みである希代子(吉田羊)、座付作家で顧問弁護士を自称する菊田一夫ならぬ蟇(ひき)田一夫(浅野和之)、従順な座員の熊吉(春海四方)による「エノケソ一座」を率いて全国を巡業していた。
のぼりやビラには確かに「ソ」と書かれているのだが気付く者はめったにいない。仮に見破られて騒動が起きそうになれば、希代子と蟇田が舌先三寸で仕事の依頼人を言いくるめるか、開き直って次の仕事先へ逃げ去る、そんな日々を送っていた。奔放に各地を行脚するエノケソ。だが、福岡のクラブに出演した際、偶然近くを通りかかった本家エノケンのライバル、古川ロッパ(三谷幸喜)が陣中見舞いに訪ねてきたと聞き、一座に緊張が走る。同じころ、本物のエノケンも大きな試練に見舞われ、それがやがてエノケソの人生を左右することになる。

出演

  • 市川猿之助
  • 吉田羊
  • 浅野和之
  • 山中崇
  • 水上京香
  • 春海四方

スタッフ

  • 作・演出・出演/三谷幸喜

収録日・場所

  • 2016年12月14日/東京 世田谷パブリックシアター
並び替え
絞り込み
  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら

関連特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの