{"prg_cd":"106800"}
{"prg_cd":"110809"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110405"}
{"prg_cd":"107245"}
{"prg_cd":"106261"}
{"prg_cd":"108710"}
{"prg_cd":"110145"}
{"prg_cd":"109944"}
{"prg_cd":"110425"}
{"prg_cd":"110440"}
{"prg_cd":"107387"}
{"prg_cd":"109171"}
{"prg_cd":"105805"}
{"prg_cd":"110670"}
{"prg_cd":"110340"}
{"prg_cd":"106778"}
{"prg_cd":"108271"}
{"prg_cd":"021979"}
{"prg_cd":"110082"}
{"prg_cd":"020678"}
{"prg_cd":"109323"}
{"prg_cd":"109810"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110343"}

ステージ
三谷幸喜「エノケソ一代記」

三谷幸喜「エノケソ一代記」
現在、放送予定はありません。

2016年「真田丸」で人々を熱狂させた三谷幸喜の注目作。市川猿之助、吉田羊、浅野和之らに加えて三谷本人も24年ぶりに役者として登場。どんな笑いが巻き起こるのか?

エノケソを演じるのは2006年の三谷作・演出の舞台「PARCO歌舞伎『決闘!高田馬場』」に出演した歌舞伎俳優の市川猿之助。崇拝するがあまり常軌を逸してまでエノケンの苦悩を分かち合おうとする、一途な“偽者”を演じている。また、三谷作品の舞台の出演は2014年に再演された「国民の映画」以来となる吉田羊、2011年上演の「ベッジ・パードン」でひとり11役を演じ切るなど、三谷作品へ多数出演している浅野和之ら豪華キャストが集結。さらに、三谷自身が24年ぶりに俳優として出演。「あえて筋トレはしないでいます。こんなにちゃんと稽古をして、セリフを覚えてやったのは、実は生まれて初めて。勉強になります。」と三谷は語る。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

2016年「真田丸」で人々を熱狂させた三谷幸喜の注目作。市川猿之助、吉田羊、浅野和之らに加えて三谷本人も24年ぶりに役者として登場。どんな笑いが巻き起こるのか?

2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で脚本を務めた三谷幸喜だが、その「真田丸」後初の舞台作品。本作は昭和の喜劇王エノケンこと榎本健一になりすまし、全国巡業した喜劇役者エノケ“ソ”とその一座の物語。舞台となる昭和30年代はテレビが家庭に普及しておらず、エノケンの偽者が各地で出没した。このエノケソもそのひとりという設定。
【ストーリー】
喜劇王エノケンこと榎本健一に心酔する田所(市川猿之助)は、いつしかエノケソを名乗るように。彼は、妻でエノケンの妻の名と同じ読みである希代子(吉田羊)、座付作家で顧問弁護士を自称する菊田一夫ならぬ蟇(ひき)田一夫(浅野和之)、従順な座員の熊吉(春海四方)による「エノケソ一座」を率いて全国を巡業していた。
のぼりやビラには確かに「ソ」と書かれているのだが気付く者はめったにいない。仮に見破られて騒動が起きそうになれば、希代子と蟇田が舌先三寸で仕事の依頼人を言いくるめるか、開き直って次の仕事先へ逃げ去る、そんな日々を送っていた。奔放に各地を行脚するエノケソ。だが、福岡のクラブに出演した際、偶然近くを通りかかった本家エノケンのライバル、古川ロッパ(三谷幸喜)が陣中見舞いに訪ねてきたと聞き、一座に緊張が走る。同じころ、本物のエノケンも大きな試練に見舞われ、それがやがてエノケソの人生を左右することになる。

出演

  • 市川猿之助
  • 吉田羊
  • 浅野和之
  • 山中崇
  • 水上京香
  • 春海四方

スタッフ

  • 作・演出・出演/三谷幸喜

収録日・場所

  • 2016年12月14日/東京 世田谷パブリックシアター
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの