{"prg_cd":"104960"}
{"prg_cd":"016456"}
{"prg_cd":"019418"}
{"prg_cd":"107848"}
{"prg_cd":"101981"}
{"prg_cd":"105275"}
{"prg_cd":"106011"}
{"prg_cd":"109086"}
{"prg_cd":"109489"}
{"prg_cd":"105853"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"109721"}
{"prg_cd":"107844"}
{"prg_cd":"109740"}
{"prg_cd":"109027"}
{"prg_cd":"110081"}
{"prg_cd":"109361"}
{"prg_cd":"110192"}
{"prg_cd":"109641"}
{"prg_cd":"109309"}
{"prg_cd":"109644"}
{"prg_cd":"110205"}
{"prg_cd":"108910"}
{"prg_cd":"109588"}
{"prg_cd":"110253"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 被災地に歌う「上を向いて歩こう」 〜大島花子・父と紡ぐ心のメロディー〜

ノンフィクションW 被災地に歌う「上を向いて歩こう」

ノンフィクションW 被災地に歌う「上を向いて歩こう」 〜大島花子・父と紡ぐ心のメロディー〜

3/3(金)午前9:30

WOWOWプライム

震災から5年。今も東北地方に通い続ける歌手・大島花子。11歳で父・坂本九を失った彼女の歌声は哀しみを抱え続ける被災者の支えとなっている。大島と被災地の物語を追う

2016年。東日本大震災から5年。人々の記憶が少しずつ風化してゆく中、今もなお東北に通い続け、手作りのライブを届けている歌手がいる。大島花子、42歳。昭和を代表 続きを読む

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 132

震災から5年。今も東北地方に通い続ける歌手・大島花子。11歳で父・坂本九を失った彼女の歌声は哀しみを抱え続ける被災者の支えとなっている。大島と被災地の物語を追う

2015年秋、福島県新地町。この町の保育園で、歌手・大島花子によるささやかなライブが開かれていた。檀上には、大島とギタリストの2人だけ。披露するのは大島のオリジナル曲に加え、父・坂本九が歌った名曲。優しく心に寄り添うような大島の歌声に包まれ、観客たちは自然と涙を流す。
大島が被災者へ語り掛けるのが「哀しみは癒えないし、無理に克服する必要はない」というメッセージ。父の名曲「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」も、励ましの曲というよりは、哀しみを抱える者に寄り添うための曲だと語る。幼くして父を失った大島の歌声は、同じく家族や故郷を失った喪失感を拭えない被災者たちの共感を呼んでいる。
大島が地道に続けてきた東北各地でのライブは、5年間で20回を超える。被災地での出会いと絆は大島にとっても大きな喜びだ。2015年冬、大島はこの出会いを通じ、新たな楽曲の作詞に取り掛かっていた。
並び替え
絞り込み
  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの