{"prg_cd":"110091"}
{"prg_cd":"109654"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110103"}
{"prg_cd":"109681"}
{"prg_cd":"110682"}
{"prg_cd":"110634"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"110765"}
{"prg_cd":"110499"}
{"prg_cd":"110376"}
{"prg_cd":"110342"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"110462"}
{"prg_cd":"109027"}
{"prg_cd":"109698"}
{"prg_cd":"110306"}
{"prg_cd":"105850"}
{"prg_cd":"109924"}
{"prg_cd":"110445"}
{"prg_cd":"110683"}
{"prg_cd":"110497"}
{"prg_cd":"109779"}
{"prg_cd":"110966"}
{"prg_cd":"110941"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 格闘球技ウィルチェアーラグビー 十二人の戦士と百の言葉

ノンフィクションW 格闘球技ウィルチェアーラグビー 十二人の戦士と百の言葉

6/6(火)よる6:00

WOWOWライブ ※中止の場合あり

7/25(火)午前7:15

WOWOWライブ

車いす同士が激しくぶつかり合い、コート上に人間模様が色濃く表われるウィルチェアーラグビー。リオパラリンピックでメダル獲得を狙った日本代表に映画監督・崔洋一が密着

あなたは「ウィルチェアーラグビー」をご存じだろうか。数あるパラスポーツの中でも“最も激しい競技”といわれ、1チーム4人の選手が頑丈なマシンのような競技用車いすに乗り、ボールを前へと運びゴールを狙う。そのスピード、迫力、高度な戦術は、観る者を惹きつける。
ウィルチェアーラグビー日本代表12人は、2016年のパラリンピック・リオ大会に向けて、高い意識を持ち厳しいトレーニングを積んできた。実際に彼らは口をそろえる、「リオでメダルを取りたい」と。番組は、代表選手を中心に密着取材を敢行した。国内合宿、海外遠征、パラリンピック出場権を懸けた2015年秋のアジア・オセアニアチャンピオンシップなど、取材開始時は世界4位だった日本代表が駆け抜けた勝負の半年の軌跡に加え、関係者たちのリアルな言葉を紡ぎ出す。
演出を務めるのは、映画界の巨匠で、数年前からウィルチェアーラグビーに興味があったと話す崔洋一。崔自身の熱望により番組化が実現した。


※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 104

車いす同士が激しくぶつかり合い、コート上に人間模様が色濃く表われるウィルチェアーラグビー。リオパラリンピックでメダル獲得を狙った日本代表に映画監督・崔洋一が密着

数あるパラスポーツの中でも“最も激しい競技”といわれるウィルチェアーラグビー。選手は障がいの程度に合わせ0.5〜3.5点の持ち点が与えられ、1チーム4人の合計が8点以内と決められている。従って試合における各選手の役割は異なり、ボールのないエリアでの攻防を含め、体力的戦術的に高い能力が求められる。
日本代表は、パラリンピック・アテネ大会8位、北京大会7位、ロンドン大会4位。オーストラリア、カナダ、アメリカの世界3強に割り込み、リオでメダルを狙える位置にいる。
約半年にわたり選手に密着したのは、映画監督・崔洋一。これまで自身の作品を通して常にアウトローを描いてきた彼は、コート上に選手たちの人間模様が色濃く表われる同競技に数年前から興味を持ち、番組化を熱望。ウィルチェアーラグビーの競技としての迫力・魅力はもちろん、選手・関係者たちの言葉を丁寧に拾いながら、人間像に迫る。(2016年)

スタッフ

  • 演出/崔洋一
並び替え
絞り込み
  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの