{"prg_cd":"010101"}
{"prg_cd":"106085"}
{"prg_cd":"108542"}
{"prg_cd":"107950"}
{"prg_cd":"107655"}
{"prg_cd":"060546"}
{"prg_cd":"108020"}
{"prg_cd":"106013"}
{"prg_cd":"108741"}
{"prg_cd":"108717"}
{"prg_cd":"011744"}
{"prg_cd":"109953"}
{"prg_cd":"109948"}
{"prg_cd":"109696"}
{"prg_cd":"109086"}
{"prg_cd":"109588"}
{"prg_cd":"109342"}
{"prg_cd":"109958"}
{"prg_cd":"108618"}
{"prg_cd":"108950"}
{"prg_cd":"109737"}
{"prg_cd":"109372"}
{"prg_cd":"106485"}
{"prg_cd":"109614"}
{"prg_cd":"110006"}

行定勲×三上博史「タンゴ・冬の終わりに」

行定勲×三上博史「タンゴ・冬の終わりに」

清水邦夫の傑作戯曲を主演・三上博史、演出・行定勲で上演した話題作。突然の引退宣言をした舞台俳優が故郷の映画館へ。そこで幻想と現実が入り乱れ、タンゴが鳴り響く。

劇作家・清水邦夫が、1984年に東京 PARCO西武劇場(現パルコ劇場)公演のために書き下ろした作品が、2015年9月、同劇場で約30年ぶりに上演された。その模 続きを読む

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

清水邦夫の傑作戯曲を主演・三上博史、演出・行定勲で上演した話題作。突然の引退宣言をした舞台俳優が故郷の映画館へ。そこで幻想と現実が入り乱れ、タンゴが鳴り響く。

劇作家・清水邦夫が、1984年に東京 PARCO西武劇場(現パルコ劇場)公演のために書き下ろした作品が、2015年9月、同劇場で約30年ぶりに上演された。この作品は初演の後、1986年、1991年、2006年といずれも蜷川幸雄の演出で披露され、国内外で高い評価を得てきた。
今回、そんな演劇史に残る名作を演出するのは映画監督の行定勲。主人公の、引退した舞台俳優を演じるのは三上博史。
【ストーリー】3年前に舞台俳優を引退した清村盛(三上博史)は、妻のぎん(神野三鈴)と一緒に故郷の町に戻っていた。実家はうらぶれた映画館で、弟の重夫(岡田義徳)がひとりで家業を守っていたが、近々取り壊されることが決まっている。そんな中、華やかな俳優時代を忘れられない盛は精神状態が日々悪化。少年時代に盗んだクジャクの剥製の幻影に取り付かれた上、妻のことを30年前に死んだ姉だと思い込むようになる。
ある日女優の名和水尾(倉科カナ)とその夫、連(ユースケ・サンタマリア)が盛を訪ねてくる。盛と水尾はかつて恋愛関係にあったようだが、そんな彼女を盛の名を使って呼び出したのはぎんだった。水尾と再会すれば、盛が正気を取り戻すと思ったのだ。だが、盛は水尾のことを思い出せないそぶりを見せる。現実とも幻想ともつかない盛との会話の中で、確かに愛されていたことを悟った水尾。やがて2人は情熱的にタンゴを踊り始める。

出演

  • 三上博史
  • 神野三鈴
  • 倉科カナ
  • ユースケ・サンタマリア
  • 岡田義徳
  • 梅沢昌代
  • 河井青葉
  • 有福正志
  • 有川マコト
  • 小椋毅
  • 青山美郷
  • 三浦翔哉

スタッフ

  • 作/清水邦夫
  • 演出/行定勲

収録日・場所

  • 2015年9月24日/東京 パルコ劇場
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの