{"prg_cd":"110627"}
{"prg_cd":"109949"}
{"prg_cd":"111988"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"112081"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"110281"}
{"prg_cd":"111340"}
{"prg_cd":"111629"}
{"prg_cd":"110350"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"110580"}
{"prg_cd":"110586"}
{"prg_cd":"110967"}
{"prg_cd":"111162"}
{"prg_cd":"106481"}
{"prg_cd":"112040"}
{"prg_cd":"111919"}
{"prg_cd":"112133"}
{"prg_cd":"111776"}
{"prg_cd":"111601"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW いま甦る幻の映画「ひろしま」 〜受け継がれていく映画人の想い〜

ノンフィクションW いま甦る幻の映画「ひろしま」
現在、放送予定はありません。

1953年に被爆の惨状を訴えるため製作された映画『ひろしま』が半世紀余りの時を経て2015年8月広島で公開された。製作と公開に携わった映画人たちの想いを伝える。

原爆の惨状を訴える映画『ひろしま』が、被爆から8年後に広島で製作された。月丘夢路、岡田英次など当時のスターが出演し、被爆者も含む延べ約9万人がエキストラとして参加。第5回ベルリン国際映画祭で長編映画賞を受賞しながらも、日本で上映される機会は少なく不遇の運命をたどる。その陰で、この映画の助監督だった熊井啓が残した200点にも及ぶ制作資料を託されたひとりの男が、『ひろしま』を再び世に出そうと奔走していた。父親が『ひろしま』の監督補佐を務めていた映画プロデューサーの小林一平だ。彼は、被爆から70年の2015年8月6日に広島で上映しようと計画。だが、2015年2月、志半ばで急逝してしまう。
そんな小林の遺志を継いで動きだした家族や関係者たち。映画『ひろしま』が伝えようとしたものはなんだったのか?この映画の製作に携わった人々、再びこの映画を広めようと活動する人々、『ひろしま』を継ぐ映画人の熱き想いに迫る。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

1953年に被爆の惨状を訴えるため製作された映画『ひろしま』が半世紀余りの時を経て2015年8月広島で公開された。製作と公開に携わった映画人たちの想いを伝える。

映画プロデューサーの小林一平は、映画監督だった父親を介護する中で、不遇の運命をたどった1本の映画を知る。被爆から8年後の1953年に広島で撮影された映画『ひろしま』。CGなど無い時代に原爆投下直後の広島を実写で再現していた。月丘夢路、岡田英次といったスターが出演するとともに、被爆者を含む延べ約9万人にも及ぶエキストラが参加。第5回ベルリン国際映画祭で長編映画賞を受賞しながらも、日本では全国公開には至らず、幻の映画となってしまったのはなぜなのか?その理由を探り、当時製作に携わった人々の想いに触れる中で、小林は被爆から70年、2015年の夏、本作を広島で上映しようと奔走していた。
しかし彼は志半ば、2015年2月に急逝してしまう。彼の遺志を継いで動き始めたのは、『ひろしま』の歴史をたどる中で出会った当時映画に関わった人々と、一平の長男だった。『ひろしま』により受け継がれていく歴史と、映画人たちの熱い想いを伝える。
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの