{"prg_cd":"105997"}
{"prg_cd":"101641"}
{"prg_cd":"101546"}
{"prg_cd":"109593"}
{"prg_cd":"112133"}
{"prg_cd":"112081"}
{"prg_cd":"111833"}
{"prg_cd":"111925"}
{"prg_cd":"111988"}
{"prg_cd":"111695"}
{"prg_cd":"110253"}
{"prg_cd":"111340"}
{"prg_cd":"110281"}
{"prg_cd":"111987"}
{"prg_cd":"111629"}
{"prg_cd":"110473"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"112040"}
{"prg_cd":"111842"}
{"prg_cd":"112127"}
{"prg_cd":"111777"}
{"prg_cd":"111762"}
{"prg_cd":"110967"}
{"prg_cd":"111776"}
{"prg_cd":"110580"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ 〜カラーフィルムに残された復興への祈り〜

ノンフィクションW 撮影監督ハリー三村のヒロシマ
現在、放送予定はありません。

2016年第44回国際エミー賞芸術番組部門と日本民間放送連盟賞最優秀を受賞。原爆投下半年後の広島をフィルムに収めた映画カメラマン三村明の人生と映像作品に迫る。

第2次世界大戦前から戦後にかけて、日本映画界を代表する映画カメラマンとして活躍した三村明。その波乱の人生と、彼が撮影した映像に迫る。1919年に渡米し“ハリー三村”としてハリウッドで活躍した彼は、1934年に帰国後、最先端の技法で日本映画の撮影を刷新する。敗戦後、在米時代の友人の推薦でアメリカ戦略爆撃調査団に加わり、原爆投下から半年後の広島の惨状をカラーフィルムに収めた唯一の日本人となる。
1970年代になってようやく公開された映像は、戦争の真実を生々しく伝える。番組では、アメリカ・ワシントンD.C.の国立公文書館に眠る、三村が撮影したフィルムをHD画質化。彼が残した膨大な手記を紐解きながら、どのような想いで撮影を行なったのかを検証する。山中貞雄監督の時代劇『人情紙風船』、黒澤明の監督デビュー作『姿三四郎』など名作の撮影を手掛け、日米両国の架け橋ともなった三村の運命に、関係者の証言とともに迫る。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

2016年第44回国際エミー賞芸術番組部門と日本民間放送連盟賞最優秀を受賞。原爆投下半年後の広島をフィルムに収めた映画カメラマン三村明の人生と映像作品に迫る。

1919年、18歳で渡米した三村明は排日運動に直面。誤った日本人像にショックを受け、「日本の正しい姿」を伝えたいという想いを胸に映画カメラマンの道を志し、執念が実って撮影技師のユニオン(組合)に日本人初の加入を許される。ハリウッドで活躍する彼は、後に映画評論家となる若き日の淀川長治と手紙を通じて親交を持っていた。1934年に帰国した三村は新型ミッチェル・カメラを使いこなす映画カメラマンとして、日本の撮影技術を向上させる。数々の名作を手掛け、『姿三四郎』では黒澤明の監督デビューを支えた。
敗戦後、アメリカ戦略爆撃調査団に加わり、1946年、日本各地の廃虚や広島・長崎の被爆の惨禍をカラーフィルムで撮影する。番組では、そのフィルムをHD化して鮮明によみがえらせる。絶望的な光景を三村がどう記録しどのようなまなざしを送ったのか、ドキュメンタリー映画監督の森達也とヤン ヨンヒらが分析する。

出演

  • 土屋裕一
  • 楠大典
  • ケネス・ミムラ(三村明の長男)
  • 森達也(映画監督)
  • ヤン・ヨンヒ(映画監督)
  • スティーヴン・オカザキ(映画監督)
  • ジョン・ベイリー(撮影監督)
  • マーク・ノーネス(ミシガン大学教授)
  • 萩原泉(日本映画撮影監督協会名誉会員)
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの