{"prg_cd":"111940"}
{"prg_cd":"015681"}
{"prg_cd":"111820"}
{"prg_cd":"111724"}
{"prg_cd":"112082"}
{"prg_cd":"112005"}
{"prg_cd":"109683"}
{"prg_cd":"010656"}
{"prg_cd":"111939"}
{"prg_cd":"015882"}
{"prg_cd":"111822"}
{"prg_cd":"109936"}
{"prg_cd":"111769"}
{"prg_cd":"111032"}
{"prg_cd":"110965"}
{"prg_cd":"110956"}
{"prg_cd":"112006"}
{"prg_cd":"110494"}
{"prg_cd":"015635"}
{"prg_cd":"108958"}
{"prg_cd":"111826"}
{"prg_cd":"011931"}
{"prg_cd":"110695"}
{"prg_cd":"010282"}
{"prg_cd":"111004"}

映画
フェリーニのアマルコルド

フェリーニのアマルコルド

3/1(木)午前7:00

WOWOWシネマ 字幕版

イタリアの名匠F・フェリーニ監督の傑作。彼が自身の故郷である北部イタリアの港町を舞台にした、ノスタルジックな人間ドラマ。第47回アカデミー賞で外国語映画賞受賞。

タイトル中の“アマルコルド”とは、舞台となるリミニ一帯でかつて使われていた“私は覚えている”を意味する言葉。フィクションながらフェリーニにとって半自伝的な“想い出”の数々も盛り込まれているという。フェリーニらしい人工美と舞台となる地方の四季の彩りがみごとに調和し、そこにフェリーニが人間を見つめる温かい視線が加わり、見応えある傑作となった。撮影のG・ロトゥンノ、音楽のN・ロータ、初のフェリーニ作品参加となった脚本家T・グエッラなど、イタリアを代表する豪華スタッフが集結している。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 176

イタリアの名匠F・フェリーニ監督の傑作。彼が自身の故郷である北部イタリアの港町を舞台にした、ノスタルジックな人間ドラマ。第47回アカデミー賞で外国語映画賞受賞。

1930年代のある年の春、イタリア北部の港町リミニ。チッタ少年は友人たちといたずらに明け暮れる毎日だが、思春期の自分にとって興味津々な大人の美女グラディスカを追い回すものの、彼女はチッタのことを子ども扱いする。それからの1年間、チッタの父親がファシズムに反対したせいで拷問を受けたり、母親が亡くなったり、グラディスカが町一番のハンサムである軍人と結婚したりといった出来事が次々とチッタの周囲で起きる。

作品データ

  • 原題/Amarcord
  • 制作年/1973
  • 制作国/イタリア/フランス
  • 内容時間(字幕版)/126分
  • ジャンル/ドラマ

出演

  • チッタ/ブルーノ・ザリン
  • グラディスカ/マガリ・ノエル
  • テオ/チッチョ・イングラッシア
  • チッタの母親/プペラ・マッジオ
  • チッタの父親/アルマンド・ブランチャ

スタッフ

  • 監督/フェデリコ・フェリーニ
  • 製作/フランコ・クリスタルディ
  • 脚本/フェデリコ・フェリーニ
  • 脚本/トニーノ・グエッラ
  • 撮影/ジュゼッペ・ロトゥンノ
  • 音楽/ニーノ・ロータ

受賞歴

  • 第47回(1974)アカデミー賞外国語映画賞
  • 第40回(1974)ニューヨーク映画批評家協会賞作品賞「フェデリコ・フェリーニ」
  • 第40回(1974)ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞「フェデリコ・フェリーニ」
並び替え
絞り込み

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

アカデミー賞特集2018

オスカー授賞式生中継を前に、受賞作を特集

アカデミー賞特集2018[外国語映画賞編]

世界映画史に残る不朽の名作6本をチョイス

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの