LIVE TIPS

次世代を担うアーティストに迫る
新たなWOWOWオリジナル企画!!

LIVE TIPSとは?

#6

LIVE TIPS #6 RIRI
LIVE TIPS #6 RIRI
wowowライブ 12/11(火)午後2:45
次世代の音楽シーンを担うアーティストに迫る「LIVE TIPS」。WOWOWがオリジナルライブを開催し、番組化していく。番組内では、ライブ映像のほか、インタビューや舞台裏の様子などもお伝えする。

今回は、18歳にしてグローバルな活躍を目指すポップ・R&BシンガーRIRIに迫る。わずか11歳で世界的なプロデューサー、デイヴィッド・フォスターに見初められ、東京での彼のライブで歌を披露。また、16歳からLAにて数々の名プロデューサーとセッションを重ねるなど、そのまなざしは常に世界へと向けられてきた。
2018年2月にメジャーデビューし、今年のサマーソニックで3年連続出演を果たす。世界的DJでプロデューサーのゼッドから、自身の最大のヒット曲「STAY」の日本語カバーを依頼されるなど、今後も世界的な活躍を期待できるRIRI。そんな彼女が、7月30日に東京・LIQUIDROOMで繰り広げたライブの模様を中心にお届け。

収録日:2018年7月30日
収録場所:東京 LIQUIDROOM

“ちゃんみな×RIRI 未成年NIGHT”で共演したちゃんみなの番組ページはこちら

REPORT

世界的プロデューサーも絶賛の圧倒的歌唱力を誇る“アップカミングな歌姫RIRI”が繰り広げたライブの模様を11月8日(木)に放送!

RIRI RIRI
体温を超えるほどの猛烈な暑さに見舞われた東京。10代の瑞々しい感性と、ワールドクラスの実力を備える2組の女性アーティストが繰り広げたLIQUIDROOMでのライブは、紛れもなくどこよりもアツい場所だった。

VIEW MORECLOSE

セクシーな女性DJが主役たちの登場を前に、フロアをウォームアップ。体を揺らし、オーディエンスも盛り上がる準備は万端だ。

スクリーンにカウントダウンが映し出され、いよいよRIRIのパフォーマンスがスタート。
息のあったバックバンドのイントロから「みなさん、ようこそ!」と手を振りながら登場した。タイトなドレスに身を包み、18歳とは思えない大人っぽさを醸し出していた。
世界的プロデューサー・デヴィド・フォスターが認めた彼女の実力は1曲目「That's My Baby」だけでも十分だったろう。クリアなハイトーンボイスを響かせ、生バンドのグルーヴに乗りながらしなやかに体をくねらせる。そのさまは、音とダンスしているかのようだ。メロウでウォームな「COLOR ME」では、1人ひとりに話しかけるように歌い掛ける。観客も歌に合わせて手を左右に振り、歌の世界をともに分かち合った。アーシーで力強いビートに誘われる「Next to You」では、「みなさんも手を上げて!」と呼びかけ、さらに一体感を深めていく。あの華奢な体から、誰もが圧倒するようなパワフルな歌声が飛び出してくるのだから不思議。愛らしさとは裏腹に、圧倒的な歌唱力を誇るアリアナ・グランデやデビュー当初のマライア・キャリーを彷彿とさせた。
一方、無邪気に「めちゃめちゃ嬉しい!」と笑顔を浮かべるMCでは、ティーンらしいあどけなさもチラリ。「最高なライブにしたいと思います。準備はいいですか!」と観客に投げかけ、世界的DJ/プロデューサーであるZEDDの大ヒット曲「Stay」のカヴァーを歌い、ZEDD本人から日本語で歌って欲しいというオファーがあり、カヴァーが実現したというエピソード、「(オリジナルより)より切ない曲になっていると思います」と、この曲への思いを語った。その言葉通り、ピアノの繊細な音色に寄り添うように、切なさや静けさの中に潜む高揚感までも、その巧みな歌唱で表現し尽くしていた。
「Heart Can't Lie ~ Havana」では、「みなさん、手拍子をお願いします。一緒に歌いましょう」と誘い、再び熱狂の渦に。軽妙なカッティングギターに合わせて観客が手拍子をし、その手拍子に合わせて弾けるように歌う。ラテン調のメランコリックなギターソロになると、セクシーに身をよじるようにしてギターの音色と一体となってオーディエンスを魅了した。
2度目のMCもキュートさ満載だ。「みんな、HANDS UPしてくれてありがとう、大好きです!…疲れちゃった(笑)。ふぅ。私の曲、ハイカロリーの曲が多いからやばいです。助けてください」と本音をのぞかせ、笑いを誘った。
ほんわかムードが漂う中、思い出を語り始めた。「活動を始めて最初の頃、憧れのAIさんと共作した夢が詰まっている曲です」と、「I love to sing」を紹介。親しみやすいメロディに乗せ、歌への思いを込めた意志を感じさせる歌声に会場が聴き入っていた。
続く「Maybe One Day」のイントロが流れると、ファンから歓声が上がった。ここからはラストスパートだ。サビでは、「さあ、みんな。一緒にジャンプするよ!」と観客を鼓舞。音楽を介してみんなが繋がった瞬間だった。その後にRIRIの楽曲の中でも、特に人気の高い「RUSH」へとなだれ込むのだからたまらない。キラーチューンの応酬に、オーディエンスも手を上げ、ジャンプして懸命に応えていた。
「これで最後になります!」とラストに選んだ曲は「Keep Up」。スピード感溢れるビートに合わせて、ライトが点滅し、まるでフロアはクラブのような雰囲気に。「みんな、Here we go!」とさらに煽り、この日最大の“全員ジャンプ”で本編の幕は降りたのだった。

アンコールではRIRIとちゃんみなが2人で登場し、ちゃんみなが作詞作曲した「CHOCOLATE」を披露。2人が笑顔で歌いあうだけで多幸感溢れる空気が会場を包み込み、「ちゃんみな×RIRI 未成年NIGHT」は大盛況のうちに幕を閉じた。

今後の活躍がますます楽しみな“歌姫RIRI”の圧巻のライブを「LIVE TIPS」の放送で目に焼き付けてほしい。

GOODS

【テレビ会員限定】
ちゃんみな×RIRI 直筆サイン入り LIVE TIPSオリジナルポスタープレゼント!

応募はこちらから

【テレビ会員限定】
LIVE TIPS×ちゃんみな×RIRI コラボTシャツ Mサイズを30名様にプレゼント!

応募はこちらから

MOVIE

TOPへ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる