LIVE TIPS

次世代を担うアーティストに迫る
新たなWOWOWオリジナル企画!!

LIVE TIPSとは?

#3

LIVE TIPS #3 夜の本気ダンス
LIVE TIPS #3 夜の本気ダンス
次世代の音楽シーンを担うアーティストに迫る「LIVE TIPS」。WOWOWがオリジナルライブを開催し、番組化していく。番組内では、ライブ映像のほか、インタビューや舞台裏の様子などもお伝えする。

3回目の今回は、夜の本気ダンスに迫る。ボーカル&ギターの米田貴紀、ドラムスの鈴鹿秋斗、ベースのマイケル、ギターの西田一紀から成る4人組ロックバンド。2016年3月9日にアルバム『DANCEABLE』でメジャーデビューを果たし、アニメのオープニングテーマやドラマの主題歌なども手掛ける。2018年1月から2月まで行なわれたワンマンツアー「Kotteri!intelli!One Man Show!」では全国9会場を回り、大成功を収めている。
ロックとダンスを融合させたスタイルを作り上げていく彼ら。ライブでは、趣向を凝らしたインタールードを交えたメドレーを演奏し続け、観客が長時間踊り続けるブロック「本気ダンスタイム」で盛り上がりは最高潮を迎える。また、一転して会場内を夢見心地にさせるスローチューンも加えるなど、ファンを惹きつける彼らのステージは必見だ。番組では7月24日に東京キネマ倶楽部で繰り広げるパフォーマンスの模様を中心にお届けする。

収録日:2018年7月24日
収録場所:東京 東京キネマ倶楽部
O-BAN-DOSS × LIVE TIPSで共演したDATSの番組ページはこちら

REPORT

夜の本気ダンス、WOWOWに登場!
不定期で開催する自主企画ライブ「O-BAN-DOSS」とWOWOWのオリジナル番組「LIVE TIPS」との
コラボレーションで開催!


夜の本気ダンス 夜の本気ダンス
「僕たち京都のバンド、夜の本気ダンスです。よろしくお願いします!」。メガネにネクタイを着用したスマートなスタイルの米田貴紀(Vo./Gt.)による第一声を合図に、会場のボルテージをマックスまで突き上げるライブアンセム『Call out』からライブはスタートした。西田一紀(Gt.)が弾く印象的なギターのイントロが口火を切る『Without You』や、鈴鹿秋斗(Drs.)、マイケル(Ba.)のリズム隊が繰り出すタイトなビートにのせて会場が一斉にジャンプする『Can't You See!!! 』など、ルーツミュージックへのリスペクトを色濃く滲ませた踊れるロックナンバーの数々がフロアを容赦なく揺らしていく。大正ロマン漂うキネマ倶楽部という独特の雰囲気もまたロックバンド然とした美学と色気を併せ持つメンバーの佇まいによく似合っていた。

VIEW MORECLOSE


ライブ中盤には、鈴鹿が「魔法のような曲をやろうと思います!」と言って、8月8日にリリースされたばかりのニューシングル『Magical Feelin’ 』を披露。夜ダンの持ち味である踊れる要素はそのままにポップに弾むバンドサウンドと伸びやかなメロディが新機軸となる楽曲だ。続く『Japanese Style』からは、曲ごとの切れ目がなく次々とダンスナンバーを畳みかける恒例の“本気ダンスタイム”へと突入。『fuckin' so tired』では米田がネクタイを外して投げ捨てるパフォーマンスで沸かせたかと思えば、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのトリビュート盤に収録した『N.G.S』、フロアに心地好い横揺れを生み出したミディアムナンバー『Dance in the rain』など、自主企画ならではのレアな選曲でも観客を驚かせた。

特大のシンガロングを巻き起こした『By My Side』と最高潮のダンス空間を作り上げた『WHERE?』でライブは終了。アンコールでは、米田がステージに設置されているバルコニーから登場するというキネマ倶楽部らしい粋な演出で『Feel so good』を届けると、ドラマ主題歌でも話題になった昂揚感あふれるダンスロック『TAKE MY HAND』でライブは大盛況のなか幕を閉じた。最後の一音が終わるまで、踊りも止まらない。その名に“ダンス”を持つバンドの真骨頂となる最高のライブだった。

様々な音楽の要素を吸収しながら、独自の“踊れるロック”を追求する夜の本気ダンスの今後に目が離せない。

TOPへ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる