メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

宝塚への招待

WOWOWライブ
宝塚大劇場での公演はもちろん、
小劇場で行われた人気作も放送!

NEXT

次回のラインナップ

「誠の群像」(雪組2018年)

[初回] 7/25(土)よる6:15

雪組「誠の群像」

退団を発表した雪組トップスター望海風斗の主演舞台。幕末の動乱の時代に生きた新選組の副長・土方歳三の生きざまを描く。

司馬遼太郎の小説「燃えよ剣」「新選組血風録」を原案に、幕末の動乱に揺れる京都の治安維持を目的に結成された新選組の副長・土方歳三の生きざまを描く。1997年に麻路さきを中心に上演された作品を、退団を発表した雪組トップスター・望海風斗主演で21年ぶりに再演した舞台。時代の流れに逆らい武士としての誠を貫き、死に場所を求めて戦い抜いた土方と、彼とともに時代を生きた人々の姿を描いた群像劇をお届けする。

<ストーリー>
時は幕末、幕府によって浪士が集められ、不安定な状態が続く京都の町の治安維持を目的とした新選組が発足する。隊は当初、まとまりのない烏合の衆にすぎず、局長の近藤勇(奏乃はると)と、副長の土方歳三(望海風斗)は、新選組を統率のとれた武力集団に脱皮させる道を模索していた。そんなある日、土方は、新選組の屯所に刀を売りに来た武家の娘のお小夜(真彩希帆)と出会う。母の病気のため、名刀の偽物を近藤に売りつけるお小夜。土方はそれを偽物と見抜くが、あえて何も言わなかった。
その後、土方は新選組にふさわしくないと判断された隊士は幹部・平隊士の別なく切腹を命じると定められた「局中法度」に従い、厳しく対処していく。近藤、土方とは結党以来の同志である総長・山南敬助(彩風咲奈)は、そういった土方の冷酷とも思えるやり方に違和感を覚えるようになり、開明派の勝海舟(彩凪翔)に接近していく。

詳しい番組情報はこちら

FUTURE

今後のラインナップ

「阿弖流為-ATERUI-」(星組2017年)

[初回] 8/29(土)午後5:30

星組「阿弖流為-ATERUI-」

星組トップスター・礼真琴が、故郷を守るために立ち上がった蝦夷の若き指導者を熱演したミュージカルを放送。

2000年に吉川英治文学賞を受賞した高橋克彦の小説「火怨 北の燿星アテルイ」を舞台化。蝦夷の誇りを守るため戦った男の生きざまを、迫力に満ちた立ち回りを織り交ぜて描いたスペクタクルなミュージカル作品をお届けする。令和初のトップスター・礼真琴が、2017年に東上公演初主演で蝦夷の指導者・阿弖流為(アテルイ)を演じ、武人・坂上田村麻呂を瀬央ゆりあが熱演。2人の誇りを懸けた戦いは、涙無くしては見られない。

<ストーリー>
8世紀、東北へ支配領域を拡大する大和朝廷が蝦夷征伐に乗り出していた。胆沢の長の跡継ぎで、若きリーダー阿弖流為(礼真琴)は、故郷を守るため、多くの仲間とともに立ち上がることを決意する。そんなある日、阿弖流為は黒石の蝦夷の長の跡継ぎで盟友の母礼(綾凰華)の妹・佳奈(有沙瞳)と出会う。戦いに身をささげることを覚悟し、同じ希望を胸にする阿弖流為と佳奈はお互い惹かれ、心を寄せ合っていく。
戦いは熾烈を極め、阿弖流為は仲間と力を合わせ、朝廷軍を打ち破っていく。しかし、その勝利によってさらなる戦いを招き、やがて朝廷軍の切り札である坂上田村麻呂(瀬央ゆりあ)に蝦夷討伐の命が下される。欲に溺れず、武人としての役目を全うしようとする田村麻呂に対し、阿弖流為は身を賭してでも戦を終わらせようと策を講じるのだが…。

詳しい番組情報はこちら

「「誠の群像」(雪組2018年)」©宝塚歌劇団
「「阿弖流為-ATERUI-」(星組2017年)」©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ 原作/高橋克彦「火怨 北の燿星アテルイ」(講談社文庫) ©高橋 克彦/講談社

閉じる