「僕らの感覚では、オリンピックがニューウェーブ」シーンの中心に立つ二人が見据える“ブレイキン”の可能性、新たな挑戦へのスタンスとは。

  • 2021/09/15

 東京五輪でも話題を集めたアーバンスポーツの魅力や本質を、競技・ストリート・カルチャー・歴史など、さまざまな角度から深掘りしていくWOWOWオリジナル番組「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」。9月からは、2024年パリ五輪の追加種目にも採用され、大きな期待と注目を集めている“ブレイキン(広義の意味でブレイクダンスのこと)”を3カ月連続で特集する。番組ゲストには、3年後のパリ五輪出場とメダル獲得が期待されている、世界的トップダンサー・Shigekixさん(Red Bull BC One World Final 2020 最年少優勝、国際大会46回優勝)と「Red Bull BC One World Final 2018 B-Girl」初代チャンピオであるAmiさんも登場! 収録を終えた直後の二人に、番組に出演しての感想からブレイキンの魅力に至るまで幅広く聞いた。

――「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」の収録を終えての率直な感想をお聞かせください。

Ami:めちゃくちゃ楽しかったです!あと、ここまで番組を通じてブレイキンについて語れることは今までなかったので、すごく嬉しかったです。

Shigekix:番組を通じて、いつも以上にブレイキンの魅力が発信できたかなと思います。それとMCの野村周平さんも紗羅マリーさんも、ブレイキンのことは知っていただいていましたが、ちゃんと生でパフォーマンスを見たことはなかったと思うので、今日は新鮮なリアクションをいただけてすごく嬉しかったです。

――「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」では、9月からは3カ月連続でブレイキン特集が始まります。どこに注目して欲しいですか?

Ami:ブレイキンが2024年パリ五輪の追加種目になったことで、ダンサーの社会的存在感が高まり、より一層色んな意味で可能性が広がっていくと思うんです。そしてダンスの技やフィジカルな華やかさみたいなものとはまた別に、今まであまり世間的には知られていなかったブレイキンの成り立ちや歴史などが認知されていくことで、興味を持ってくれる人もいると思いますので、そういった部分もすごく楽しみです。

Shigekix:いまAmiさんが話したように、ブレイキンはカルチャーから競技として成り立つまでの歴史やプロセスがすごく面白いんです。どのスポーツ競技にもそれぞれ成り立ちがあると思いますが、ブレイキンはその中でも特に際立った軌跡を辿っているスポーツだと思っています。ダンサーのファッションや髪型、ダンスアクションの意味に至るまで、全てが歴史に紐づいていることので、そこに触れていただけたら嬉しいです。

――ブレイキン特集に伴い、世界最高峰の1 on 1ブレイキンバトル「Red Bull BC One」のライブ配信や放送もされますが、見どころはどんなところですか?

Ami:勝敗も重要ですが、まずは自分の目で見て、単純にかっこいいって思うブレイカーを見つけると面白いと思います。見た時の感覚を大事にして欲しいです。

Shigekix:個人的には、どこを見てもらってもいいと思っています。例えばブレイカーの顔がかっこいいからとか、ファッションが好きとか、髪型がオシャレだなとか、きっかけは何でもいいと思うので、気になったところから入っていただけたら、すごく楽しめると思います。

――この番組を観て、初めてブレイキンに興味を持った人にアドバイスをお願いします。

Ami:純粋に挑戦したいと思ったことから始めて欲しいです。基礎練習をすることはもちろん大事なことですが、私の場合、チャレンジしたいと思ったきっかけが、たまたま“ウインドミル”という高難度な技でしたが、やりたいという思いを持ち続けたおかげでいつしか成功し、今も続けることができています。もしその技があまりにも難しければ、その技に繋がる基本的なトレーニングをやっていけば、ずっと楽しいと思いながらできると思います。

Shigekix:ブレイカーたちのダンスを観て、率直にいいなって思ってもらえたらブレイキンを多くの人に広めて欲しいです。

――お二人が、ダンサーとして普段から大事にしていることはどんなことですか?

Ami:私は楽しく練習をすることです。大会前など、一人で黙々と練習している時などは視野が狭くなりがちですが、今まで続けてこられたのは、とにかくブレイキンを楽しめてきたからですから。あと昨日の自分よりも何か一つでもいいから得たいと思いながら、練習に取り組んでいます。技が全く上手に決まらず、何も得られないなと思う時もありますが、そういう時は新たな技を考えてみたりしています。そうすることでポジティブになれるんです。

――それでもどうしようもなくネガティブな時は、どう乗り越えていますか?

Ami:この時間はずっと続かないということはわかっているので、とりあえず受け入れるというか、割り切っています。本当に落ち込んで投げ出してしまったら、あとで後悔をすることは自分でもわかっているので、止まない雨はないではないですが、いつか必ずできると思って乗り越えます。

Shigekix:メンタル的な部分で言うと、挑戦し続けるということは常に意識しています。普段の練習から、いちダンサーとして現状に満足せずに、噛み締めながらもどんどん先を見るということは心がけています。というのも僕自身、挑戦している時が最も生き生きしていると感じているからです。“楽しい”という感覚は、みんなとワイワイやっている時間だけではなく、きついトレーニングの中にも挑戦しているからこそ楽しい瞬間がありますし、それを乗り越えた時などは、さらに楽しさがあると思っています。

――日本ではプロダンスリーグ「D.League」が発足するなど、ダンスの存在自体が以前とは大きく様変わりしています。そんな現状も踏まえ、ダンス業界の将来について思うことをお聞かせください。

Ami:幅広く、色んな選択ができるようになったらいいなと思っています。オリンピックを目ざしたいという人、ストリートで踊り続けたいという人、「D.League」で活躍したいという人、とにかく色んな形でダンスが楽しめる環境が、今よりもさらに増えたらいいなと思います。そうなることでダンスシーンも、もっと盛り上がると思います。

Shigekix:世界最高峰の1 on 1ブレイキンバトルである「Red Bull BC One」を筆頭にブレイキンを披露する場はすでに存在していて、今回新たにオリンピックという場も生まれました。僕たちの感覚ですとオリンピックがニューウェーブである感覚がありますが、昔からブレイキンをやっている人からしたら2004年に第1回が開催された「Red Bull BC One」ですら、当時は衝撃的な出来事だったと思います。そうやって新たな可能性をどんどん広げていくからこそ、広く認知され、人気も出ていくのだと思います。ダンスを愛する人の中には、色々と意見のある人もいると思いますが、個人的にはこの流れをポジティブにプッシュし、自分が先頭を切っていくことで、ブレイキンを広めていきたいという気持ちです。

――最後に「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」を楽しみにしている視聴者の皆さんに、メッセージをお願いします。

Ami:すでにダンスをやっている方も、ブレイキンのことをよく知らないという方も、みんなでダンスシーンを楽しく盛り上げていけたらいいなと思っているので、気軽に見ていただけると嬉しいです!

Shigekix:番組を見て興味を持っていただいた時点で、僕たちは同じダンスを愛する仲間になっています。僕たちの仲間になった人たちは、一緒にブレイキンを楽しむことはもちろん、見るだけでもOKなので、これから一緒にブレイキンの輪を広げていきましょう!

 ShigekixさんAmiさんの二人は、インビュー中の丁寧な受け答えは、それぞれ19歳と21歳とは思えないほど落ち着き払っていた。そして二人の言葉の端々から、ブレイキンに対する愛情や熱い思いをひしひしと感じることができた。インタビュー終了後に感想をうかがうと、「僕が思い浮かんだことをAmiさんが先に言っちゃうから、コメントに苦労しました(笑)」と、おどけながら話すShigekixさんの無邪気な笑顔が印象的だった。(photograph:Shuji Goto、text:Kei Osawa)



◆◆◆◆◆<WOWOW 番組情報>◆◆◆◆◆

WOWOWオリジナル アーバンスポーツ応援番組
「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」
【放送日時】
<#8>9/17(金)よる10:30 WOWOWプライム
~パリ五輪新競技「ブレイキン」がアツい!~
<#9>10/15(金)よる10:30 WOWOWプライム
~川崎が「ブレイキン」の聖地ってホント!?~
<#10>11/19(金)よる10:30 WOWOWプライム
~B-GIRL と女子会!?「HI-FIVE TUBE the BEST」~
※毎月1話レギュラー放送&WOWOWオンデマンドで同時配信
※各回アーカイブ配信あり

【出演】
ナビゲーター:野村周平(俳優)、紗羅マリー(女優・モデル・歌手)

【ゲスト】
#8/Shigekix(B-BOY)、Ami(B-GIRL)、KATSU ONE(B-BOY)
#9/KATSU ONE(B-BOY)、TAKASHI(B-BOY)、ISOPP(B-BOY)
#10/Ami(B-GIRL)、Eri(B-GIRL)


世界最高峰の“1 on 1”ブレイキン バトル
「Red Bull BC One」
『Red Bull BC One Cypher Japan 2021』
【配信スケジュール】
9/25(土)午後3:00頃~[WOWOWオンデマンド]※ライブ配信
9/26(日)午後3:00頃~[WOWOWオンデマンド]※ライブ配信
【解説】SUV 【実況】BBOY STEEZ

『Red Bull BC One World Final』
【配信スケジュール】
11/5(金)[WOWOWオンデマンド]※ライブ配信
11/6(土)[WOWOWオンデマンド]※ライブ配信

◆後日、両大会の模様をまとめた総集編を放送予定!

【WOWOW オンデマンド】
https://wod.wowow.co.jp/

【WOWOWアーバンスポーツ 番組テーマソング】
緑黄色社会『merry-go-round』

<番組詳細・SNS>
「HI-FIVE」「Red Bull BC One」番組情報ページ
https://www.wowow.co.jp/sports/urbansports/
公式WEBサイト「HI-FIVE MAGAZINE」(https://hi-five-mag.wowow.co.jp/
番組公式ツイッターアカウント (@HI_FIVE_info
番組公式TikTokアカウント (@hi_five_official

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの