「ワザが成功する前と後では、世界がまるで違って見える」WOWOW『HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~』ナビゲーター・野村周平が“アーバンスポーツ愛”を熱く語る!

  • 2021/02/26

ケガから復帰のI.トーマス(写真提供:Getty Images)

プライベートでBMXやスケートボードをこよなく愛する、俳優・野村周平。そんな彼がWOWOWで2月26日(金)よりスタートする新番組「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」でナビゲーターを担当。BMXやスケートボードなど、世界的に注目度が高まるアーバンスポーツの魅力を伝える番組だ。今回は番組への意気込みに加え、アーバンスポーツの魅力などについて語ってもらった。

――番組ナビゲーターとしてのオファーが来たときの、率直な感想からお聞かせください。
生意気な発言で恐縮ですが、アーバンスポーツというものは、僕は個人が一人で自由に楽しむスポーツだと思っているので、それと同じように、この番組も自由に楽しくやらせていただけるなら、ぜひやらせていただきたいなと思いました。あと自分の本職は俳優なので、自分にナビゲーターのような大役が務まるのかなと、そういう意味で不安な部分もありました。

――ナビゲーターを務める「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」の内容を教えてください。
番組内でBMXフリースタイル、スケートボード、パルクール、ブレイキン、インラインスケート、ボルダリングの6競技を取り上げて、各競技のスポーツとしての楽しみ方はもちろん、自分自身を磨いて世界大会に挑む選手の姿や、ストリートで自分を表現しているプレーヤーたちのそれぞれの想い、そしてファッションや音楽へのこだわり、地域によって異なる背景、さらには根底にあるカルチャーとしての歴史など、スポーツとしての魅力に加え、各競技の周辺にあるカルチャーも深掘りするというものです。僕自身もナビゲーターとして全力で臨むつもりですが、僕が精通しているのはスケボーとBMXくらいで、他の競技はまだそこまで詳しく知らないので、これから学んでいきたいと思っています(笑)。

――番組を通じて、特に注目している種目や選手を教えてください。
気になる選手はたくさんいますが、その中でも特に気になっているのは、スケボーの堀米雄斗選手、あとBMXの中村輪夢選手ですね。まだ他の国からどんな選手が参加するのか把握しきれていないですが、二人とも世界屈指のライダーですし、個人的にはすごく気になっています。

ケガから復帰のI.トーマス(写真提供:Getty Images)

――素朴な疑問で恐縮ですが、素人が堀米選手や中村選手のように上手になるには、どうすればいいですか?
同じようにはなるのはかなり難しいです(笑)。アスリートの乗り方は神ワザですからね。これからアーバンスポーツを始めようと思っている方で、素質もあって努力もできる人がいたら、彼らと同じようになれるのかもしれませんが、ほとんどの人がなれないと思うんですよね。彼らは、本当に選ばれた人たちなんです。それこそ、スケートボードやBMXのことが大嫌いになるくらい、毎日何時間も練習をして、トラウマになるくらいの大ケガを何度もして、つねに恐怖と戦いながら練習を続けていかなきゃいけない、という環境はもう地獄ですよ(笑)。特に、恐怖心は慣れることなんて一生ないですからね。だから堀米選手や中村選手のようにスポーツとして真剣に取り組んでいる人に対しては、ものすごくリスペクトしています。

――ちなみに野村さんがスノーボードやスケートボード、BMX、サーフィンなどの世界に入るきっかけは何だったのですか?
自宅の下に自転車屋さんがあって、その店内にBMXが飾られていたんです。ちょうどあるオーディションを受けている真っただ中で、「もし合格して賞金がもらえたら買おう」って思っていて、その賞金で購入したことが最初です。それまではBMXなんてやったこともなかったです。子どもの頃って、ビジュアルとして、メカニックなものとか、かっこいいものが好きじゃないですか。当時はBMXがとてもカッコよく見えたんです。あと実際に乗るにしても、普通のママチャリよりはBMXの方がかっこいいじゃないですか。そういう単純なところから入りました。

ケガから復帰のI.トーマス(写真提供:Getty Images)

――ご自身がプレーをする際のこだわりはありますか?
基本的には僕の場合、“自分がやりたい時にやる”っていう、それだけですね。“基本的”にというのは、稀に、自分の中では気持ちは上がっていないけど、友達から誘われたりするとまたテンションが高まって遊ぶということもあるんです。そういう意味では、プレーをする環境によっても変わってきますね。僕は一人でコツコツ練習ができないので、つねに誰かに見ていてほしいタイプなんです。

――自分が最もテンションの上がる環境でプレーをすることが大事ということですか?
まさにそうですね。僕の場合は友達と一緒にワイワイしながらプレーするのが一番ですが、逆に一人で集中して楽しみたい、という人も中にはいると思うので、そういう人は一人で黙々とやったらいいと思います。大勢でやるにしろ一人で楽しむにしろ、ハマる人はそこからどんどん、ワザを貪欲に追求しようとしていくわけですから。ちなみに、ワザが初めてできたときの嬉しさは、もうハンパないです(笑)。スケボーをやっていて初めてオーリーができた時や、BMXで初めてバニー・ホップができた時は、できる前と後で、世界がまるで違って見えますから。縁石一つを超えることなんて本当に些細なことですが、一度成功すると、これがめちゃくちゃ楽しくなるんです。もしこれからアーバンスポーツを始める人がいたら、この喜びをぜひ味わっていただきたいです。

ケガから復帰のI.トーマス(写真提供:Getty Images)

――番組「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」を通じて視聴者に伝えたいことは?
もちろん、アーバンスポーツの楽しさです。番組の中では様々なアーバンスポーツを紹介し、一流の選手たちが神ワザを繰り出するので、それを観ていただきつつ、ファッションや音楽、時代背景など、アーバンスポーツにゆかりのあるカルチャーも紹介していくので、選手のプレーではなく、そういった部分からも何かを感じてもらえたら嬉しいです。とにかく「楽しそう」とか「自分もやってみたい」という気持ちになっていただけたら嬉しいですし、実際にプレーをするきっかけになったらいいなと思います。最初は自分が楽しいと思える範囲でやったり、僕のようにずっと趣味のまま続けてもいいと思います。反対に、楽しんでいく中で、本気でプロになりたいと思えば、めちゃくちゃ頑張ってみるのもいいと思います。いつの日かこの番組に影響をされて、プロになりましたっていう人が出てくるかもしれないですね(笑)。あとはアーバンスポーツの中で、僕はBMXとスケートボードしか経験がないですが、この2種目に関して言えば、何かに縛られることもなく本当に自由に、自分が思うように楽しむことができるということこそが最大の魅力であると、個人的には思っています。ケガや危険とつねに背中合わせですが、それがあることで逆に遊ぶ時はとにかく真剣。この“真剣に遊ぶ”という姿勢も大事だなと、大人になった今は特に思います。

インタビュー中は終始、野村ならではの歯に衣着せぬ語りで、現場は和やかな雰囲気に。自由奔放に話しているように見えて、その実自らの経験談を交えながら、しっかりと“アーバンスポーツ愛”を語ってくれて、言葉の端々からアーバンスポーツに対する愛情を感じることができた。そんな彼の“素顔”が垣間見られるという意味でも、今後「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」から目が離せなくなりそうだ。

◆◆◆◆◆【WOWOWアーバンスポーツ 放送関連情報】◆◆◆◆◆
WOWOWオリジナル アーバンスポーツ応援番組
「HI-FIVE~URBAN SPORTS for LIFE~」
【放送日時】
2月26日(金) よる10:30スタート WOWOWプライム
WOWOWオンデマンドで同時配信 ※初回無料放送・配信
(3月以降)毎月第3金曜日 よる10:30~ WOWOWプライム
毎月1話レギュラー放送 ※WOWOWオンデマンドで同時配信(各回見逃し配信あり)
【出演】
ナビゲーター:野村周平(俳優)、紗羅マリー(女優・モデル・歌手)
【初回ゲスト】
池田大亮(プロスケーター・ワールドスケートジャパン強化指定選手)、吉岡賢人(スケーター)、梶谷雅文(『VHSMAG』編集長)

「HI-FIVE ~URBAN SPORTS for LIFE~」始動記念企画
■『SHUHEI’s SELECT』 2/25(木)午前11時公開
番組ナビゲーター・野村周平が自身のゆかりの店・今気になる個性的な店に赴き、自らの手で番組視聴者へプレゼントするアイテムをセレクト。独自の視点から世界で一つしかない野村周平流カスタムを施す!
【キャンペーン情報】
公式twitter「HI-FIVE MAGAZINE」(@HI_FIVE_info)をフォロー・SHUHEI’s
SELECTキャンペーンツイートのRTで、野村周平セレクトアイテム各3点へのプレゼント応募が可能に!
<応募期間>
第1弾:2/25(木)~3/7(日)、第2弾:3/2(火)~3/12(金)、第3弾:3/9(火)~3/19(金)
キャンペーンURL:
https://hi-five-mag.wowow.co.jp/post/detail/000015.html

■『ウワサのHOOD STAR』 2/25(木)午前11時公開
街々で人々からウワサされる、一味違ったスタイルを持つ「HOOD STAR(=地元の人気者)」として、全国各地のストリートプレーヤーを紹介。地元の仲間たちの証言をもとに人気の理由を探りつつ、彼らの日常に密着し、実際に彼らにしかないトリックや、ストリートでプレーするポリシーを追う。オリジナル番組「HI-FIVE ~URBAN SPORTS for LIFE~」との連動企画で、HOODSTARで密着したプレーヤーは番組ゲストとして登場。撮影の舞台裏や、そのスタイルについてより深掘りできる。 【出演】 第1回 吉岡賢人(スケートボード)

※両番組は「HI-FIVE TUBE」にて公開<https://www.youtube.com/c/HIFIVE

【特設ポータルサイト「HI-FIVE MAGAZINE」2/25(木)オープン!】
WOWOWオリジナルYouTube動画シリーズ、動画・番組関連記事、SNS情報等、WOWOWアーバンスポーツにまつわる情報を集約。サイトでしか見られない、限定コンテンツも発信予定。
「HI-FIVE MAGAZINE」(https://hi-five-mag.wowow.co.jp/

<番組詳細・SNS>
HI-FIVE 番組情報ページ (https://www.wowow.co.jp/sports/urbansports/
公式WEBサイト「HI-FIVE MAGAZINE」(https://hi-five-mag.wowow.co.jp/
番組公式ツイッターアカウント(@HI_FIVE_info)
番組公式TikTokアカウント(@hi_five_official)

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの