メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

  • 放送予定
  • 放送カード
  • トーナメント表
  • 結果
  • 注目選手
  • 動画
  • 出演者

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

楽天ジャパンオープンテニス2014 9月29日(月)~10月6日(日)連日生中継!!

放送カードプレビュー

放送カードプレビュー

大会第1日
男子シングルス1回戦
10/5
(月)

午前10:55~
午後5:55

有明コロシアム 第1試合
WOWOW プライム生無料

西岡 良仁
(日本)

伊藤 竜馬
(日本)

解説:村上 武資 実況:鍋島 昭茂

ちょっともったいないドローになった。伊藤は3年前にニコラス・アルマグロ(スペイン)を破り、昨年もスタン・ワウリンカ(スイス)を破るなど、この大会とは相性がいい。20歳になったばかりの西岡は西岡で、ツアー経験こそ伊藤より浅いが、すでに3度グランドスラムの予選を突破し、先の全米では初勝利も手に入れた日本のホープ。楽天オープンは初出場だが、有明は一昨年の全日本選手権で準優勝した舞台でもある。ただし、このときの決勝の相手が伊藤だった。

国際大会ではこれが初対決。スピン系を軸とする左利きの西岡には粘りとスピード、伊藤にはサーブ力と爆発力のあるフラット系のフォアハンド。持ち味が異なる両者、どちらが100%に近い力を発揮できるか。ともに三重県出身の同郷対決でもある。

大会第1日
男子シングルス1回戦
10/5
(月)

午前10:55~
午後5:55

有明コロシアム 第2試合
WOWOW プライム生無料

アレクサンドル・ドルゴポロフ
(ウクライナ)

サム・クエリー
(アメリカ)

解説:岩渕 聡 実況:河路 直樹

独特のラケットさばきで多彩なテクニックを持つ選手は、代々「コートの手品師」と呼ばれるが、ドルゴポロフはその異名にふさわしい選手の一人。198cmの長身からのビッグサーブと破壊力のあるフォアハンドが武器のクエリーとは対照的なプレースタイルで、過去4度の対戦を2勝ずつ分け合っていることも含めて興味深いカードだ。

直近の対戦は今年の芝のノッティンガムで、クエリーが勝ったが、最終セット7-5の接戦だった。ノーシード対決だが、かつては二人ともトップ20プレーヤー。また、この一戦が注目されるもう一つの、そして最大ともいえる理由は、勝ったほうが錦織の次の相手になるということだろう。錦織はこの試合の結果を見届けてからコートに入る。

大会第1日
男子シングルス1回戦
10/5
(月)

午前10:55~
午後5:55

有明コロシアム 第3試合
WOWOW プライム生無料

ボルナ・コリッチ
(クロアチア)

錦織 圭
(日本)

解説:坂本 真一 実況:熊谷 龍一

大会前日の公開練習で1万人近いファンを集めた錦織圭。いきなりの黄金カードと言っていいだろう。コリッチは18歳で、いま最も注目されている次世代のエースだ。身長185㎝、体重79㎏という理想的な体型。パワー、テクニック、スピードすべての点で〈ネクスト・ジョコビッチ〉とされる逸材は、16歳だった2013年に全米ジュニアで優勝。その年にプロ転向すると昨年末までに世界ランク91位に達し、今年7月には33位まで駆け上がった。クロアチア出身とはいえ、英国のジュニア強化システムで育ったあたり、フロリダで育った錦織と似たような一面がある。

受けて立つ錦織は、先の全米オープンは初戦負けに終わったが、デ杯プレーオフで再スタートを切ってタイトル防衛に向けて万全。優勢に変わりはないが、彼ら新世代グループは相手構わずグイグイ勝負を挑み攻め続ける。しっかりした入り方をしないと、3セットマッチでは突っ走られかねない。それにしても、最近まで「若手」と呼ばれていた錦織の7歳年下とは……興味深い対戦だ。

大会第1日
男子シングルス1回戦
10/5
(月)

午前10:55~
午後5:55
午後5:55~
よる11:00

有明コロシアム 第4試合
WOWOW プライム生無料

イリ・ベセリ
(チェコ)

内山 靖崇
(日本)

解説:坂本 真一 実況:熊谷 龍一

過去4年、予選で敗れていた内山が今回はワイルドカードでシングルス初出場。ダブルスではこの楽天オープンやデビスカップで安定した力を見せているが、ここはシングルスでアピールするチャンスだ。23歳の内山にとってベセリは同世代の22歳だが、ジュニア時代も含めて対戦歴はゼロ。実績に大きな差があることも否めない。

226位の内山に対してベセリは40位で、グランドスラムでは3回戦に2回勝ち進んでおり、今年は年初のオークランドで予選から勝ち上がってツアー初タイトルを獲得した。198cmの長身と左利きを生かしたサーブとフォアが武器。内山がホームの利を生かして、デ杯ホーム戦のダブルスで見せたように「120%」の力を出せればおもしろいが…。

大会第1日
男子ダブルス1回戦
10/5
(月)

午後5:55~
よる11:00

有明コロシアム 第5試合
WOWOW プライム生無料

松井 俊英(日本)
ヤルコ・ニーミネン(フィンランド)

アイサムウルハク・クレシー(パキスタン)
ジル・シモン(フランス)

解説:鈴木 貴男 実況:木村 季康

最近、デビスカップでダブルスを担った選手には内山靖崇、添田豪、西岡良仁、錦織圭…と顔ぶれ豊富だが、現在ATPのダブルスランキングで日本のトップにいるのはその誰でもない。37歳の松井だ。この大会は5年ぶり3度目の出場だが、過去に勝ち星はない。今回は、シングルスでかつて13位までいった34歳ニーミネンとのベテランペアで挑む。

相手ペアの一人、クレシーはグランドスラムの決勝も経験しているダブルス・スペシャリストで強敵だが、シモンは基本的にシングルスプレーヤー。気晴らし的にさまざまなパートナーと組んで今季ツアー7大会に出場しているものの全て初戦敗退だ。どちらのコンビが好相性を見せるのか。こればかりはやってみないとわからない。

※試合の進行状況により、放送カードが変更となる場合があります。ご了承ください。
※早終了あり、延長中止枠あり
新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料