年間を通してテニスを放送!

かつてない状況で開催される全米OP。
テニス解説者が語る見どころ

  • 2020/8/31

鈴木貴男

新型コロナウイルスのパンデミックにより、テニスツアーは約5ヶ月の中断を余儀なくされた。だが感染対策を講じた上で再開。8月31日にはグランドスラム「全米オープン」が開幕する。

無観客、予選無し、一部を除き線審を採用せずに電子ラインコールを行うなど、これまでとは大きく変わった形式となる今大会。このかつてない「全米オープン」の見どころについて、WOWOWの解説で元デビスカップ代表選手である鈴木貴男さんが語った。

感染対策のため、前哨戦となる「ウェスタン&サザンオープン」も同じニューヨークの会場で、そして同じく無観客で行われている。

これは一つのメリットであり「良い部分としては前哨戦が同じ会場でできるということですね。それによって選手はもちろん、スタッフ、コーチ、トレーナーがある程度環境に慣れることができます」と語る。

しかし、やはり無観客というのは試合結果に影響を与える可能性がある。

「やはり観客がいないので、どういう盛り上がりになるのか分かりません。おそらく淡々とゲームが進むのでしょうが、会場の雰囲気や声援を得られないのがどう影響するのか興味がありますね。単純に強い選手が勝つのか、それとも番狂わせが起きるのか」

「前哨戦を見たところ、大きく変わった、番狂わせがあった、という風には思えないのですが、やはり欠場する選手も多いですし、どうなるかは終わってみないと分からないところがありますね」と、これまでと違った結果が出るかもしれないと触れた。

また今年からサーフェスが、デコターフから、少し球足が遅くなるとされるレイコールドへ42年ぶりの変更となった。しかしこの点については「グランドスラムでは7~9ゲームでニューボールに変わるので、そんなに大きな影響はないと思います。色も一緒ですし、選手もきちんと対応できていると思います」と言う。

そして気になるのは、優勝するか。今年は5度優勝のロジャー・フェデラー(スイス)、4度優勝のラファエル・ナダル(スペイン)が欠場のため、いわゆるBIG3は3度優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)のみ。ジョコビッチ対次世代の構図になると言う。

「ジョコビッチが一番というのは揺るぎないでしょう。そこに前哨戦ではすぐに負けてしまいましたが、ドミニク・ティーム(オーストリア)やステファノス・チチパス(ギリシャ)という次の世代の選手たちがどう絡んでいくか、というところが注目ですね。それに昨年、ナダルを追い詰めたダニール・メドベージェフ(ロシア)も優勝候補といえるでしょう」

「フェデラー、ナダル、スタン・ワウリンカ(スイス)といった有力選手が欠場していて、グランドスラム優勝経験者が少ない大会になるので、新しく優勝する選手が生まれる可能性は以前よりも高くなるでしょう。世代交代のチャンスともいえるのですが、そこに立ちはだかるのがジョコビッチでしょうね」

近年はBIG3が独占してきたグランドスラムのタイトル。BIG3対次世代の構図は以前からあったが、ことごとくBIG3が跳ね返してきた。だが、今回こそ新王者が誕生するかもしれない。

これまでにない状況で開催されることになった今年の「全米オープン」。一体どのようなドラマが生まれるのか、ぜひとも試合を目にし、新しい時代の幕開けを感じてもらいたい。(テニスデイリー編集部)

<番組情報>
★『全米オープンテニス』
晩夏のニューヨークで⾏なわれるグランドスラム︕トッププレーヤーが繰り広げる激戦の模様をWOWOWでは連⽇独占⽣中継でお届け。栄冠を⼿にするのは果たして︕
■放送予定:8月31日(月)~9月14日(月)WOWOWにて連日独占生中継

<関連情報>
Twitterキャンペーン実施中!

皆さまの応援コメントを抽選で全米中継内で紹介します!
#この瞬間を待っていた全米テニス
をつけて出場選手への応援コメントを投稿しよう!

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの