WOWOW初のラグビー女子日本代表戦 放送・配信!
「ラグビー女子日本代表 テストマッチ 2022ニュージーランドvs日本」
9月24日(土)WOWOWオンデマンドでライブ配信が決定!W杯直前 注目の一戦

  • 2022/8/29

松田 凜日、津久井 萌 写真:楕円銀河 齊藤 聖奈、南 早紀、鈴木 実沙紀、大塚 朱紗、佐藤優奈 写真:アフロ

ラグビーファンの間で「サクラフィフティーン」の愛称で親しまれる15人制女子日本代表は、10月8日(土)に開幕する15人制女子ラグビーの世界一を決める「ラグビーW杯2021」(新型コロナウイルス感染拡大の影響で1年延期され2022年に開催)に向けて着々と強化を進めている最中だ。

大会前に開催地のニュージーランドへと渡る女子日本代表は、その開幕に先立ち9月24日 (土)に優勝候補の一角であるホスト国・女子ニュージーランド代表と対戦。両代表の対戦は今回が初めてとなる。WOWOWは、ザ・ラグビーチャンピオンシップ最終節兼ブレディスローカップ第2戦「ニュージーランドvsオーストラリア」の直前に行われるその一戦をWOWOWオンデマンド(https://wod.wowow.co.jp/content/114574)でライブ配信する(放送は10月予定)。ラグビー女子日本代表戦の放送・配信はWOWOW史上初となる。

女子日本代表は、2019年1月から現職を務める元カナダ代表HOレスリー・マッケンジーHC(ヘッドコーチ)の指揮のもと着実に進化を遂げてきた。新型コロナウイルスの影響で代表活動ができない期間もあったが、PR南早紀キャプテンを中心にチームは結束。数々の難局を乗り越え、今年5月にはフィジーを28-14で、さらには格上のオーストラリアを12-10で撃破した。7月は南アフリカと2試合(1勝1敗)、8月はアイルランドと2試合(1勝1敗)を国内で行い、成果と課題を手にしてニュージーランドへ乗り込むこととなる。

男子代表の「オールブラックス」に対し「ブラックファーンズ」と呼ばれる女子ニュージーランド代表は過去のW杯8大会で前回大会を含め5度も優勝を手にしている強豪中の強豪だ。長年オールブラックスの強化に貢献し、現在はコベルコ神戸スティーラーズの総監督からメンターへと役職を変更した名将ウェイン・スミス氏がヘッドコーチに就任し、強化はさらに加速。8月20日にはW杯で対戦するオーストラリア「ワラルース」を52-5と圧倒した。女子では初となるW杯ホスト国として、虎視眈々と優勝を狙っている。

女子日本代表はW杯に過去4度出場。17年の前回大会は4大会ぶり4度目の出場となったが、12チーム中11位という結果に終わった。カナダ、アメリカ、イタリアと並み居る強豪に勝利し決勝トーナメントに進出するためにも、今回、大会直前に行われるニュージーランドとの一戦は絶好の強化の機会となるはずだ。

サクラフィフティーンのチームコンセプトは「SAKURA WAVE」。水が一つの塊になって動くことで、多様にパワーやインスピレーションを生み出すというチーム像を短く表現したものだ。果たして強豪ブラックファーンズを相手にそのようなラグビーを見せることができるのか。W杯決勝の舞台でもある聖地イーデン・パークで行われる一戦を、ぜひWOWOWでお楽しみいただきたい。

<番組情報>
「ラグビー女子日本代表 テストマッチ 2022ニュージーランドvs日本」
9/24(土)午後1:15~ WOWOWオンデマンドでライブ配信 ※放送は10月予定
https://wod.wowow.co.jp/content/114574

【WOWOWラグビー公式サイト】 https://www.wowow.co.jp/sports/rugby/
【WOWOWオンデマンド】 https://wod.wowow.co.jp/
【WOWOWラグビー公式ツイッターアカウント】 @wowow_rugby

もっと見る

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの