【シックス・ネーションズ】第3節みどころ

  • 2019/02/22

【シックス・ネーションズ】第3節みどころ

ラグビー欧州最強を決める戦い「シックス・ネーションズ」。第2節では、好調イングランドがフランスを圧倒して首位へ。ウェールズもイタリアに順当勝ちで2位をキープ。前節敗れた優勝候補筆頭アイルランドはスコットランドを下して、星を1勝1敗の五分に戻した。第3節は2月23日(土)と24日(日)に行なわれる。

第2節終了時点での順位
1位 イングランド 勝点10(得失点差+48)
2位 ウェールズ 勝点8 (得失点差+16)
3位 スコットランド 勝点5(得失点差+4)
4位 アイルランド 勝点4(得失点差-3)
5位 フランス 勝点1(得失点差-41)
6位 イタリア 勝点0(得失点差-24)
第3節の対戦カード
2/23(土)よる11:00~ フランス vs スコットランド WOWOWライブ
2/23(土)深夜1:30~ ウェールズ vs イングランド WOWOWライブ
2/24(日)よる11:50~ イタリア vs アイルランド WOWOWプライム

フランス vs スコットランド

ワールドカップで日本代表と対戦するスコットランドは、現在1勝1敗で3位。前節はアイルランドと対戦し、序盤から良いパス回しで攻撃のリズムを作った。ミスをつかれての失点はあったが、SOフィン・ラッセルのインターセプトから最後はCTBサム・ジョンソンに冷静にパスを渡してトライに結び付けるなど、厚みのある攻撃を見せている。しかし、全体的には少しハンドリングエラーの目立つ試合となってしまった。チャンスを作るところまではできていただけに、トライまでのプレー精度を上げたいところだ。
フランスは前節で好調イングランドに大敗。相手の攻撃に対し足が止まる場面もあったため、ここまでの反省を整理し後半戦に向けて良いきっかけを掴みたい。

ウェールズ vs イングランド

今節一番の注目試合。今年のシックス・ネーションズ優勝の行方を左右するだけではなく、ワールドカップの頂点を占う上でも重要視されるカードだ。イングランドは第2節でフランスと対戦。立ち上がりから2分と開幕戦と同じような速攻で、WTBジョニー・メイが先制トライを奪うと、大きく外に振っての2トライ目。さらにWTBクリス・アシュトンのキックに反応したジョニー・メイが再び決めて、30分までにハットトリックを達成するなど好調ぶりを発揮。最終的には6トライを奪って圧勝した。現段階で最も勢いのあるイングランドだが、エディー・ジョーンズHCは次戦に向けて「史上最強のウェールズとの対戦。ベストを尽くさなければならない」と最大限の警戒を払っている。
ウェールズも連勝で2位につけているが、内容的に完璧とは言えず、前節も食い下がるイタリア相手にペナルティゴール中心の得点で勝利を奪った。イングランド戦に向けては、FBリー・ハーフペニー以外はベストに近いメンバーで臨む予定。この1戦をフックにさらに上昇気流を掴みたい。

イタリア vs アイルランド

第1節を落としたアイルランドにとって格下イタリアとのこの対戦は、ボーナスポイントを奪っての勝利が求められる試合。前年王者アイルランドは前節、スコットランドとの“ワールドカップ日本対戦国対決”を制して今年のシックス・ネーションズ初勝利を挙げた。試合では相手に先制を許したものの、ミスをついてSHコナー・マレーが逆転のトライ。WTBジェイコブ・ストックデールの見事なランが決まるなど実力を発揮。中でも、SOジョーイ・カーベリーは重要な局面でのラインブレイクでチームに勢いをもたらすなど、怪我で途中交代となった正司令塔ジョナサン・セクストンの代役をしっかり務めた。1対1での強さを発揮しつつ、バックスの強さも光り、徐々に王者らしさが発揮されつつある。
イタリアは第2節で、粘り強い守りを見せていたが、相手の得点に直結するような反則が目立ってしまったために、残念な敗戦。第3節でも安定した守備から試合の主導権を手繰り寄せて、アイルランドに対して反撃の糸口を見出したい。

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの