松田選手がWOWOW に初出演! “熱男”に指名したのは誰?

  • 2017/12/14

パトリック・アンダーソン

2年ぶりに日本一になったプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩選手が、12月9日(土)放送のWOWOW NBAバスケットボール「スーパーサタデーLIVE!ウォリアーズvsピストンズ」にゲスト初出演した。収録後に番組出演の感想、NBAの魅力などについて話してくれた。

松田選手は、この日がNBAのゲームを丸々見たのは初めてとのこと。その初体験が、昨季王者のウォリアーズだったこともあり収録後も興奮気味だった。「最初から最後までNBAの試合を見たのが初めてですし、最初に見る試合がスーパースター選手が揃っているウォリアーズという一番良いチームを見させてもらって良かったです。バスケットに興味を持ちました」。最後の数秒まで勝敗の行方が分からない熱い試合展開にも「楽しかったです」とご満悦だった。

B.LEAGUE「滋賀レイクスターズ」の公認ブースターに就任している滋賀県出身の松田選手は、NBAの魅力について問われると、「迫力というか身体能力が凄いということです。個々のスポーツ選手としての身体能力が凄いなというイメージがつきました」と身長2メートル近い大男の俊敏な動きに驚いていた。バスケットが野球に通じる部分があるかと話しを向けられると、「野球も結局は走攻守と言われていて動きがメインになってきます。バスケットみたいに大きい選手が素早く動いたり切り返しをして、ああいう動きをすればより野球の動きにもつながってくるかなと思いました」と答えていた。

NBAでステフィン・カリー選手が気になるという松田選手。残念ながらカリーはこの日は故障で欠場したが、チームメイトのケビン・デュラントを注目選手に挙げていた。“熱男”の愛称で知られる松田選手が、この日の試合で「一番目立っていましたね。何でもできるし、ブロックも凄かった!闘志を感じた」と“熱男”に指名したのもデュラントだった。

2018年1月8日(月)から新番組ウィークリーハイライト「超絶NBAダイジェスト!」を毎週月曜日の夜に放送することが決定したことをうけて「カリーがどれくらい凄い選手か確認するためにも今後も(NBAを)見ていきたいです」とNBAを追い続けることを約束してくれた松田選手。まだまだNBAを勉強中の松田選手は、今後のNBAの学び方については、「家にWOWOWがあるので、まずはハイライトを見ていきたいです」と新番組で学んでいく模様。その新番組は、NBAの注目試合を超絶プレーと合わせてダイジェストでお届けする。「野球で言えば、ホームラン集や好プレー集がありますが、NBAのスーパープレーを見ましたが凄いですね。超人だなと思いました」と新番組を待ちきれない様子だった。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★「超絶ドラマチック!NBAバスケットボール」
世界のスター選手が集う世界最高峰リーグNBA!WOWOWでは毎週4試合放送!!
「土曜日は企画満載!スーパーサタデーLIVE」と題して注目試合を生中継するほか、好評企画So!スポなどNBAを楽しめるオリジナル企画満載でお届け!

12/15(金)午後1:00~ 「キングスvsティンバーウルブズ」 [WOWOWライブ]
12/16(土)午前8:45~ 「スーパーサタデーLIVE!サンダーvsセブンティシクサーズ」 [WOWOWライブ]  ゲスト:ハリー杉山

★新番組「超絶NBAダイジェスト!」
NBAの注目試合を超絶プレーと合わせて毎週ダイジェストを毎週月曜日放送!
2018年1月8日(月)夜8:45~ [WOWOWライブ]
<今後の放送スケジュール>
1/15(月)深夜0:45~
1/22(月)深夜0:45~
1/29(月)夜8:45~

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの