カスタマーセンターへのお電話が繋がりにくい状況です。ご加入・ご質問はWebで24時間受け付けております。

ファイナルが終わっても「レブロンのすごさを感じたい!」“NBAロス”の栄喜さんに独占取材!
NBAファイナル第4戦の再放送は6/16土曜午前9:45~WOWOWで放送!

  • 2018/6/14

栄喜(SIAM SHADE)

ゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズの頂上決戦!NBAファイナルは、ウォリアーズが4連勝で宿敵キャバリアーズを下し、連覇を達成しました。第4戦はWOWOW NBAファミリーでおなじみのミュージシャン、栄喜(SIAM SHADE)さんがゲスト出演。NBAのシーズンが終了して“NBAロス”に陥った栄喜さんに、ファイナルの振り返りや、敗れたキャバリアーズのレブロン・ジェームズの偉大さなどについてお話を聞きました。


── 番組出演の感想をお願いします。

「(番組出演の)オファーをいただいてすごく嬉しかったのですが、まさか第4戦で終わってしまうとは…。毎シーズンファイナルが終わってしまうと、作曲している時に、「あ、今日はバスケがないんだ」と“NBAロス”が始まってしまいます。僕の場合、けっこうガックリくるんですよ。」


── 第4戦を振り返っていかがですか?

「(キャバリアーズは)外角からのシュートに対してノーマークを作りすぎました。ウォリアーズはシュートを打てば入るけど、キャバリアーズは入らない。その差が大きかったと思います。それと、ディフェンス面でスイッチがうまくいっていなかったと思います。キャバリアーズファンからしてみれば、こてんぱんにやられた感じでした。(ボストン・セルティックスに移籍した)カイリー・アービングがいれば、レブロン・ジェームズをサポートできたかな。(レブロン以外に)もう1人いれば違っていたかなと思います。」


── ウォリアーズはスウィープでファイナル連覇を達成しました。ウォリアーズにあってキャバリアーズになかったものは何だと思いますか?

「決定力ですかね。レブロンはずば抜けてあるけど、ウォリアーズからしてみればレブロン1人を止めれば何とかなるから、守りやすかったのかな。」


── ファイナルMVPはケビン・デュラント(KD)が2年連続で受賞しました。栄喜さんの目から見てKDはいかがでしたか?

「数字で見るとすごいですよね。(MVPは)ステフィン・カリーかなと思っていました。カリーは元々華があってスーパースターだから派手に見えるけど、ファイナル4戦全ての個人スタッツでみると、KDは素晴らしかったですね。数字に表れないディフェンスでも貢献していました。」


── キャバリアーズではレブロンが孤軍奮闘の活躍でした。レブロンの出来はいかがでしたか?

「こうなるとレブロンの気持ちを考えちゃうんですよ。レブロンはどんな気持ちなんだろうって。(試合後に骨折していたことが判明しましたが)信じられないですよね。どの程度か分からないですけど、骨折ですからね。第4戦も骨折していなければ、もう少しいけたんですよ!でも、そこでベンチに下がらないのが“キング”ですね。すごいです。NBAの人はみんな好きなんじゃないですかね、キングのことを。すごいというレベルではないかもしれません。近い将来、自腹でレブロンの試合を見に行きます!今のレブロンを見ないとダメだと思うので。(生で観戦しに行くことを)僕は誓いますよ。レブロンが(46歳の)自分より年下に思えないです。実際に会ったら敬語を使う気がします。もう頭が下がる思いです。」


── NBAファイナルが終了して今シーズンの幕が閉じました。改めて今季を振り返っていかがですか?

「まず、応援しているデリック・ローズがキャバリアーズに加入して、もしかしてファイナルでローズが見られると思いましたが、一瞬にしていなくなりました(ミネソタ・ティンバーウルブズへ移籍)。そこはすごく残念でした。NBA全部が好きでよく見ているのですが、もしかすると自分はキャバリアーズが好きなのではと思いました。カリーやクレイ・トンプソンがいるウォリアーズも好きなのですが、2年前の優勝したレブロンの男泣きを見てから(※1勝3敗からNBAファイナル史上初の大逆転劇で故郷クリーブランドに初優勝をもたらした)感情移入してしまいます。あの時にキングの人間性を感じました。まだまだ衰え知れずのレブロン(33歳)は、今後もやりますよ。なぜなら彼はキングですから。」


── WOWOWでは優勝の決まったファイナル第4戦の再放送(6月16日)と、超絶ダイジェスト最終回(6月18日)も放送されます。ダイジェストの内容は、プレーオフを振り返る番組になるそうです。

「今年のプレーオフもドラマチックでした。新人選手も活躍しましたね。ダイジェストではレブロンのすごさを感じながら見たいと思います。マイケル・ジョーダンの記録も抜きました!ファイナル第4戦は、レブロンがシュートを打つたびに骨折のことを思い出して、どのようにして痛みに耐えてシュートを打っていたのか気になります。試合後に出てくる情報とかを踏まえてもう一度見ると、泣けてくることもあります。故障をしながらも試合に出る男の強さを学ばないといけないと思いました。」
(取材日:2018年6月9日)

栄喜(SIAM SHADE)、松井 啓十郎(B.LEAGUEシーホース三河)

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

超絶ドラマチック! WOWOW NBAバスケットボール

■6/16(土)午前9:45~ WOWOWライブ
「頂上決戦!2018NBAファイナル ウォリアーズvsキャバリアーズ第4戦」

■6/18(月)夜8:45~ WOWOWライブ
「超絶NBAダイジェスト!#24(最終回)」
激闘のプレーオフをプレイバック!

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの