メニュー

IBF世界スーパー・フェザー級タイトルマッチ 尾川堅一対ジョー・コルディナ

  • 2022/07/01

海外で戴冠 海外で初防衛戦の尾川
挑戦者コルディナはリオ五輪戦士

 昨年11月、アメリカのニューヨークでアジンガ・フジレ(25=南アフリカ共和国)に12回判定勝ちを収め、空位になっていたIBF世界スーパー・フェザー級王座を獲得した尾川堅一(34=帝拳)が、今度はイギリスのカーディフに乗り込んで初防衛戦に臨む。挑戦者はIBF3位にランクされる地元の期待、ジョー・コルディナ(30=イギリス)。2016年リオデジャネイロ五輪出場の経験を持ち、プロでも14戦全勝(8KO)と挫折を知らないエリートだ。
 尾川は幼少時から日本拳法を習い、明治大学では主将を務めたこともある。卒業後にプロボクシングに転向し、全日本新人王、日本王者、そして世界王者と階段を上ってきた。5年前に出場したIBF世界王座決定戦ではリング上で判定勝ちのコールを受けながら、のちに事前に行ったドーピング検査で陽性反応が出たため無効試合に結果が変更される不運も味わった。1年以上も試合から遠ざかったあと31歳になって戦線復帰を果たし、ジョー・ノイナイ(フィリピン)、西谷和宏(VADY)戦を経てフジレ戦に辿り着いた経緯がある。
 日本拳法仕込みの距離感と破壊力抜群の右ストレートが切り札で、2度の世界戦が国外だったこともあって経験値も上がっている。戦績は29戦26勝(18KO)1敗1分1無効試合。
 挑戦者のコルディナはアマチュア経験が豊富で、五輪出場のほか2011年、2013年、2015年と世界選手権に3度出場している。マッチルームとプロモート契約を交わして2017年4月にプロ転向を果たし、ヘビー級のアンソニー・ジョシュア(イギリス)の世界戦の前座に出場するなどして名前を売り、5年間で14個の勝利を積み重ねてきた。もともと主戦場はライト級で、その階級でWBAインターナショナル王座、英連邦王座、英国王座などを獲得している。2年前にスーパー・フェザー級に下げたあと、体重を微妙に上げ下げしながら上位に食い込んできた。
 身長175センチの右ボクサーファイター型で、適度に足をつかいながら距離と角度を変えて戦うことが多い。尾川ほどの威力は感じられないが、速くてタイミングのいい右ストレートが主武器だ。
 ともに中間距離で戦うタイプということもあり、試合は左ジャブの差し合いで始まるものと思われる。まずはスピード比べに注目したい。そのうえで、どちらが得意の右に繋げるかがカギといえる。


<スーパー・フェザー級トップ戦線の現状>

WBA
:ロジャー・グティエレス(ベネズエラ)
WBC
:シャクール・スティーブンソン(アメリカ)
IBF
:尾川堅一(帝拳)
WBO
:シャクール・スティーブンソン(アメリカ)

 WBO暫定王座を獲得したあと団体内統一戦を勝ち抜いて正王者に昇格し、今年4月にオスカル・バルデス(メキシコ)に快勝してWBC王座も手に入れたシャクール・スティーブンソン(アメリカ)が主役といっていいだろう。この2016年リオデジャネイロ五輪銀メダリストはプロでは18戦全勝(9KO)と挫折を知らず、まだ25歳と若い。迫力不足の声はあるものの、2階級制覇を成し遂げてなお成長過程にあることを考えると、今後は中量級戦線の核になる可能性を秘めているともいえる。
 WBA王者のロジャー・グティエレス(27=ベネズエラ)は長身のパンチャー型だが、まだ世界王者としての評価を定める段階にはない。同じことは昨年11月に戴冠を果たした尾川堅一(34=帝拳)にもいえそうだ。今回のジョー・コルディナ(30=イギリス)戦で真価が問われることになる。
 ベルトを持っていないIBF1位のシャフカッツ・ラヒモフ(27=タジキスタン)、前WBC王者のオスカル・バルデス(31=メキシコ)は王者級の力を備えた実力者といっていいだろう。
 これに、バルデスと接戦を演じた2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストのロブソン・コンセイサン(33=ブラジル)、9連勝中のWBC1位、オシャンキー・フォスター(28=アメリカ)が続く。IBF2位のゼルファ・バレット(28=イギリス)、WBO1位のアーチー・シャープ(27=イギリス)も控えている。



ヘビー級10回戦 トニー・ヨカ対マーティン・バコレ

五輪金 vs 世界王者の弟
オッズは9対2でヨカ有利

 この試合は今年1月15日に行われる予定だったが、コロナ禍の影響で延期された経緯がある。ともに直近の試合が2021年9月ということで延期の影響は少ないと思われるが、この間にどれだけ相手のことを研究したかが問われそうだ。
 身長201センチ、リーチ208センチ、体重109キロ前後のヨカは2016年リオデジャネイロ五輪スーパー・ヘビー級金メダリストで、5年前にプロ転向後は11戦全勝(9KO)を収めている。世界挑戦経験者らを下してはいるが、まだ地力のあるトップ選手との手合わせはない。
 コンゴ民主共和国出身のバコレはWBC世界クルーザー級王者、イルンガ・マカブの5歳下の弟で、2014年3月のプロデビューから8年、18戦17勝(13KO)1敗の戦績を収めている。唯一の敗北は4年前、世界挑戦経験者のマイケル・ハンター(アメリカ)に10回TKO負けを喫したもの。その後、6連勝(5KO)と復調している。現在の居住地でもあるイギリスのほか南アフリカ共和国、ベルギー、ルクセンブルク、ポーランド、UAEアラブ首長国連邦などで戦った経験を持っている。フランスのリングは今回が初めてだ。
 9対2でヨカ有利というオッズが出ているように、IBF5位、WBC9位にランクされるヨカの勝利を推す声が多い。パリっこの声援も背中を押すはずだ。ヨカが体格を生かしたボクシングでポイントをピックアップしていくという予想は順当なところといえよう。反面、攻めることが大好きなバコレの攻撃を正面から受けるようだと苦しい戦いを覚悟せねばなるまい。


EBU欧州スーパー・フェザー級タイトルマッチ ファルーク・クルバノフ対ゼルファ・バレット

左ジャブに定評のあるIBF2位バレット
近未来の大舞台を視野に地域王座に挑戦

 ファルーク・クルバノフ(30=キルギス/ベルギー)対ゼルファ・バレット(28=イギリス)のEBU欧州スーパー・フェザー級タイトルマッチは、尾川対コルディナのセミファイナルとして行われる。同じ階級のIBF2位にランクされるバレットが出場するということは、メインカードの勝者に近い将来に挑戦する可能性を示唆しているといっていいだろう。今回は地域王座への挑戦だが、格と総合力で大きく勝るバレットが圧倒的に有利な立場だ。
 バレットはアマチュアを経て2014年10月にプロデビュー。耐久力やスタミナに不安があったのか、3年ほどは負け越しの相手ばかりを選ぶという慎重なマッチメークが施された。2018年2月、IBF欧州スーパー・フェザー級王座決定戦に出場したが、6回にダウンを喫して12回判定負け。これが過去唯一の黒星だ。その後は英連邦王座やIBFインターコンチネンタル王座を獲得するなど8連勝(4KO)を収めている。通算戦績は28戦27勝(16KO)1敗。
 キルギス出身で現在はベルギーに住むクルバノフは2013年5月にプロデビューし、22戦19勝(3KO)3敗の戦績を残している。5年前にEBU王座を獲得したが、このときは2度目の防衛戦でベルトを失った。昨年12月に再獲得し、今回のバレット戦が初防衛戦となる。イギリスのリングは昨年3月のジョー・コルディナ戦(10回判定負け)に続き2度目。
 形式上はクルバノフが王者だが、オッズは8対1で挑戦者のバレット有利と出ている。バレットが伸びのある左ジャブを多用してクルバノフを寄せつけずにポイントを積み重ねていく可能性が高い。勝利はもちろんのこと尾川対コーディナのセミファイナル出場選手としてバレットは十分な存在感を示すことができるか。

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる

この番組には、一部「無料トライアル対象外」配信があります。

無料トライアル対象外の配信を見る方法はこちら >

閉じる

この番組には、一部「放送視聴登録者限定」配信があります。

「放送視聴登録」は、テレビや録画機のB-CASカード/ACAS番号の登録が必要です。

放送視聴登録者限定の配信を見る方法はこちら >