メニュー

4団体統一世界スーパー・ライト級タイトルマッチ ジョシュ・テイラー対ジャック・カテロール

  • 2022/03/04

6試合連続で全勝対決となるテイラー
サウスポーの同胞を圧倒か

 昨年5月、WBCとWBOのスーパー・ライト級王者だったホセ・ラミレス(アメリカ)に12回判定勝ちを収め、自身が保持していたWBAとIBFのベルトを加えた4団体の王座を統一したジョシュ・テイラー(31=英国)が、3年以上もWBO1位の座をキープしているジャック・カテロール(28=英国)の挑戦を受ける。全勝、サウスポー、英国人という共通項の多い両者だが、総合力で大きく勝るテイラー有利は絶対的なものといえる。4団体統一王者のKO防衛が濃厚だ。
 テイラーは2012年に自国で開催されたロンドン五輪では2回戦で敗退したが、その3年後にプロ転向してからは挫折を経験しないまま栄光の座についた。とりわけ2018年から2019年にかけて開催された階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」シーズンⅡを経て、テイラーは大きく成長したといえる。初戦で22戦全勝(12KO)のライアン・マーティン(アメリカ)に7回TKO勝ちを収めると、準決勝では19戦全勝(12KO)のイバン・バランチク(ロシア/ベラルーシ)に12回判定勝ちしてIBF王座を獲得。決勝では24戦全勝(20KO)のWBA王者、レジス・プログレイス(アメリカ)に競り勝って優勝したのだ。その勢いを持続したまま臨んだラミレスとの4団体王座統一戦では、6回に鮮やかな左カウンターを決めて技ありのダウンを奪い、7回には左アッパーで再び倒し、この貴重なポイントを守り切って小差の判定勝ちを収めた。
 63.5キロが体重上限のスーパー・ライト級で身長178センチ、リーチ177センチと体格にも恵まれたテイラーはサウスポーの万能型で、長い距離でも中間距離でも、さらに接近しても戦うことができる。プログレイス戦やラミレス戦ではスタミナに加え一定以上の耐久力があることも証明している。戦績は18戦全勝(13KO)。「タータン・トルネード(スコットランドの竜巻)」と呼ばれる4冠王者にとっては6試合続けて全勝の相手との対戦となる。

 挑戦者のカテロールはアマチュアで66戦48勝18敗の戦績を残し、2012年9月に19歳でプロデビューした。英国のボクサーの多くがそうであるようにカテロールも地域王座を獲得、防衛しながら世界戦線に割り込んでいった。2014年10月にWBO欧州王座を獲得し、2ヵ月後に15傑入り。その後、WBOインターコンチネンタル王座、英国王座を手に入れてランクを上げていった。世界的な強豪との対戦は少ないものの2018年12月発表のWBOランキングではとうとう最上位に名を連ねるまでになった。ちなみに当時のWBO世界スーパー・ライト級王者はモーリス・フッカー(アメリカ)で、以後、ベルトの持ち主はラミレスからテイラーへと変わった。WBO1位になってからカテロールは3勝(1KO)しているが、今回は2020年11月以来のリングとなる。身長170センチのサウスポーで、右で牽制しながら左ストレートで飛び込むことが多い。戦績は26戦全勝(13KO)。ニックネームは「エル・ガト(猫)」。

 全勝同士のカードだが、個々の戦力に加えて経験値、勢いなどほとんどの面でテイラーが上回っている。自ら攻め込むこともでき、迎え撃つこともできるボクシングの幅の広さもあり、死角らしいものは見当たらない。あえて不安材料を探すとすれば、もともと昨年12月に予定された試合を自身の膝の負傷で延期した点ぐらいだろう。すぐに試合がリセットされたことからも、負傷の程度は軽かったものと思われる。
 距離を詰めたいカテロールが積極的に仕掛け、テイラーが迎撃の機会をうかがうという展開で試合は始まりそうだ。3年以上も挑戦を待ち続けたカテロールのモチベーションと攻撃力を軽視はできないが、そう簡単に4冠王者が混戦に引きずり込まれるとも思えない。テイラーが長い右ジャブで距離とタイミングを計り、そのうえで左ストレートに繋げる攻撃でポイントを重ねていく可能性が高い。カテロールも頑丈そうだが、終盤に入る前にテイラーが仕留めるのではないだろうか。10対1のオッズどおり竜巻が猫を吹き飛ばしてしまいそうだ。

<主要4団体の世界王座を自力で統一した選手>

選手 達成年 階級
① バーナード・ホプキンス(アメリカ) 2004年 9月 ミドル級
② テレンス・クロフォード(アメリカ) 2017年 8月 スーパー・ライト級
③ オレクサンデル・ウシク(ウクライナ) 2018年 7月 クルーザー級
④ テオフィモ・ロペス(アメリカ) 2020年10月 ライト級
⑤ ジョシュ・テイラー(英国) 2021年 5月 スーパー・ライト級
⑥ サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ) 2021年11月 スーパー・ミドル級

※ジャーメイン・テイラー(アメリカ)はホプキンスに勝って4団体王座を継承
※ジョージ・カンボソス(オーストラリア)はロペスに勝って4団体王座を継承

<テイラーの直近5試合の相手と結果>

〇 7回TKO
ライアン・マーティン(アメリカ) 22戦全勝(12KO)
〇12回判定
イバン・バランチク(ロシア/ベラルーシ) 19戦全勝(12KO)
※IBF世界スーパー・ライト級王座獲得
〇12回判定
レジス・プログレイス(アメリカ) 24戦全勝(20KO)
※WBA世界スーパー・ライト級王座獲得
〇 1回KO
アピヌン・コーンソーン(タイ) 16戦全勝(13KO)
〇12回判定
ホセ・ラミレス(アメリカ) 26戦全勝(17KO)
※WBC、WBO世界スーパー・ライト級王座獲得(4団体王座統一)
ジャック・カテロール(英国) 26戦全勝(13KO)


<バーチャル> リング誌のパウンド・フォー・パウンド10傑

①サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ) スーパー・ミドル級
② オレクサンデル・ウシク(ウクライナ) ヘビー級
③ テレンス・クロフォード(アメリカ) ウェルター級
④ 井上尚弥(大橋) バンタム級
⑤ ジョシュ・テイラー(英国) スーパー・ライト級
⑥ エロール・スペンス(アメリカ) ウェルター級
⑦ ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ) スーパー・フライ級
⑧ ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ) ライト級
⑨ 井岡一翔(志成) スーパー・フライ級
⑩ タイソン・フューリー(英国) ヘビー級

<スーパー・ライト級トップ戦線の現状>

WBA S
:ジョシュ・テイラー(英国)
WBC
:ジョシュ・テイラー(英国)
IBF
:ジョシュ・テイラー(英国)
WBO
:ジョシュ・テイラー(英国)


 昨年5月、ジョシュ・テイラー(31=英国)がホセ・ラミレス(29=アメリカ)から2度のダウンを奪って12回判定勝ち、4冠統一を果たした。全17階級(WBCのみ18階級)中、このクラスだけ「世界チャンピオン」がひとりという理想が実現したわけだ。ウェルター級への転向も視野に入れているテイラーだが、まずは今回のWBO指名挑戦者、ジャック・カテロール(28=英国)を退けなければならない。総合力や実績に大差があるだけに内容が問われる試合といえる。
 追うトップ集団にはラミレスのほかレジス・プログレイス(33=アメリカ)がいる。ふたりともテイラーに判定で敗れはしたが、差は小さいものだった。再戦をアピールするためにも今後の試合が重要になってくる。
 このほかホセ・セペダ(32=アメリカ)、スブリエル・マティアス(29=プエルトリコ)らが上位に控えている。ライト級から参入してくる前4団体統一王者のテオフィモ・ロペス(24=アメリカ)にも注目したい。WBOインターナショナル王者のアーノルド・バルボサ(30=アメリカ)も地力をつけてきた。
 こうした猛者に続く若手として、18戦全勝(13KO)の平岡アンディ(25=大橋)、24戦全勝(22KO)で15連続KO中のブランダン・リー(22=アメリカ)、22戦全勝(13KO)のリアム・パロ(25=オーストラリア)らがいる。すでに世界挑戦圏内にいるが、近いうちに迎えるであろうテストマッチでどんな戦いをみせるのか楽しみだ。

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる

この番組には、一部「無料トライアル対象外」配信があります。

無料トライアル対象外の配信を見る方法はこちら >

閉じる

この番組には、一部「放送視聴登録者限定」配信があります。

「放送視聴登録」は、テレビや録画機のB-CASカード/ACAS番号の登録が必要です。

放送視聴登録者限定の配信を見る方法はこちら >