「カギは距離」。世界初挑戦となる伊藤雅雪に“ゴッドレフト”山中慎介氏がエール!7月29日(日)午前11時からWOWOWにて生中継!

  • 2018/07/27

 ライト級のWBCユース王座、S・フェザー級で東洋太平洋王座、WBOアジアパシフィック王座を獲得した実績を持つ伊藤雅雪(27=伴流)が28日(日本時間29日)、アメリカのフロリダ州キシミーでWBO世界S・フェザー級王座決定戦に臨む(7/29(日)午前11時~WOWOWライブで生中継)。同級2位の伊藤が拳を交える相手は23戦全勝(15KO)のホープ、1位のクリストファー・ディアス(23=プエルトリコ)。ディアスはフロリダを準ホームとしているため、伊藤にとってはアウェーでの試合となる。そんな伊藤に対し、「行きつけの店が同じで共通の知人もいる」という元WBC世界バンタム級V12王者、“ゴッドレフト”山中慎介氏が「実力も自信もつけてきたベストのタイミングでの世界挑戦。伊藤選手は自分の距離を生かして戦えば勝てる」とエールを送っている。

「ベルトを持ち帰ってきて! 期待しています」

――山中さんが3月26日に引退発表してから4ヵ月近く経ちました。まずは近況について教えてください。
山中「最後の試合が3月1日なので、ずいぶん経ちましたね。引退直後は今後の進路について迷うだろうと思ったんですが、ありがたいことにテレビや雑誌、イベントの仕事などをいただいて忙しい毎日を送っています。将来についてゆっくり考える時間がないほどです。そんな状況なので先のことについては少し落ち着いてから考えようと思っています」

――また試合をしたくなるのでは?
山中「試合はともかく、練習はしたくなりますね。時間ができたときにロードワークはやっているんですが、サンドバッグを打ちたいと思うことがあります。そのうち時間ができたら、たまにはジムに行きたいと思っています」

――先日は後援会主催のパーティーもありましたね。
山中「1300人ぐらい来てくださり、思いがけず10カウントの演出もありウルウルしてしまいました(笑)。ありがたいことです」

――さて、山中さんとはジムも階級も異なりますが、伊藤雅雪選手が日本時間の29日にアメリカで世界戦に臨みます。伊藤選手とは面識はありますか。
山中「直接会ったことはありませんが、行きつけの飲食店が同じで、共通の知人もいるので、彼が勝ってチャンピオンになったらお祝いに一緒に食事でもしたいですね」

――伊藤選手の戦いぶりに関しては、どんな印象を持っていますか。
山中「センスのある、良いボクシングをする選手だなと以前から思っていました。特に東洋太平洋チャンピオンになるなど、ここ数試合で意識が変わってきた印象を受けますね。自分から仕掛けていくことが増え、世界戦を見据えているなと感じていました。おそらく自分でも力がついてきたことを実感しているだろうし、だからこそ自分から攻めて出るようになったんでしょう」

――どんな点が伊藤選手の特徴だと思いますか。
山中「相手にとってはやりづらいんじゃないですかね。体格(身長174センチ)にも恵まれ、長い距離で戦えるうえ見た目以上にパンチ力もあると思います」

――この数年、伊藤選手はアメリカのロサンゼルスでトレーニングすることが多いのですが、それもプラスになっていると思いますか。
山中「『絶対に世界タイトルを取るんだ』という強い気持ちがあるから環境の違うところでトレーニングしているんじゃないですかね。僕も海外でトレーニングしたことがありますが、日本とは雰囲気が違うし、すごくプラスになると思います。ボクシングの幅を広げるという意味でも、まったく違う環境でトレーニングすることは意味があるはずです」

――その伊藤選手の相手、ディアスについてはどんな印象を持っていますか。
山中「スター候補のひとりですよね。右ストレートのタイミングが良く、また左フックの返しは勢いがありますね。その左は振りが大きいけれど、意外に速くてタイミングが良いのでは、と思っています」

――どんな試合展開を予想しますか。
山中「伊藤選手は長い距離から左ジャブを繰り出し、打ち下ろしの右ストレート主体のボクシングになると思います。それをやり切れば勝てるでしょう。ディアスは距離を詰めないといけないので、接近してくるところを伊藤選手が迎え撃つイメージですね。体格差もあるのでディアスは伊藤選手の左ジャブをいやがるんじゃないですか。ただ、伊藤選手は打たせないことも重要ですが、ジャブを突いて距離をつかんだら自分から攻めていく必要があるでしょう。そうしないと相手の勢いに飲まれてしまうので。伊藤選手は最近、そういう戦闘スタイルを身につけていますよね」

――世界初挑戦の伊藤選手にエールをお願いします。
山中「アウェーでの試合ですが、実力も自信もつけてきたベストのタイミングでの世界挑戦なので、期待しています。世界タイトルを持ち帰ってほしいですね」

この注目の一戦、WBO世界S・フェザー級王座決定戦「伊藤雅雪vsクリストファー・ディアス」は、7月29日(日)午前11時からWOWOWライブで生中継する。

(補足)
<伊藤雅雪 いとう・まさゆき>
1991年1月19日、東京都出身の27歳。本名は伊藤雅之。バスケットボールを中心に幼少期から数々のスポーツに親しんだあと高校3年時にボクシングを始める。09年に伴流ジムからプロデビューし、全日本新人王、WBCユース王座、東洋太平洋王座、WBOアジアパシフィック王座を獲得。現在はWBO世界S・フェザー級2位にランクされる。スピードと距離を操る術に長けた右のボクサーファイター型。戦績は25戦23勝(12KO)1敗1分。

<山中慎介 やまなか・しんすけ>
1982年10月11日、京都府出身。アマチュアを経て06年1月に帝拳ジムからプロデビュー。10年に日本バンタム級王座を獲得し、翌11年にはWBC世界バンタム級王者になった。この王座は「ゴッドレフト(神の左)」と称された左ストレートを主武器に昨年8月まで連続12度防衛した。これは具志堅用高氏に次ぐ日本歴代2位の世界王座防衛記録でもある。今年3月の試合を最後に引退した。通算戦績は31戦27勝(19KO)2敗2分。

★『生中継!エキサイトマッチ 伊藤雅雪、世界初挑戦!』
【放送日】7月29日(日)午前11:00~WOWOWライブ

WBO世界S・フェザー級王座決定戦
伊藤雅雪/WBO世界S・フェザー級2位
vs クリストファー・ディアス/WBO世界S・フェザー級1位

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの