メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

TOP > チーム紹介 > ロシア代表

チーム紹介 / TEAMS

ロシア代表ロシア代表 Russia

nav06

FIFAランキング(2016年3月3日時点):23位

過去のEURO出場回数:4回

EURO最高成績:ベスト8(2008年)

人口:約1億4,300万人

大会結果

1960年 

1964年 

1968年 

1972年 

1976年 

1980年 

1984年 

1988年 

1992年 

1996年 グループリーグ敗退

2000年 予選敗退

2004年 グループリーグ敗退

2008年 ベスト4

2012年 グループリーグ敗退

監督交代で調子が急上昇

ロシアはユーロの常連ではあるものの、本大会のグループステージを突破したのは2008年大会の1度のみ。この時はオランダ人であるフース・ヒディンク監督の下、魅力あふれるチームを結成。準々決勝では優勝候補だったオランダを延長戦の末、3ー1で破り、ベスト4まで駒を進めた。

UEFA EURO 2016™予選では、開幕6試合で2勝2分け2敗と思うような結果を出せず、途中でファビオ・カペッロ監督からレオニード・スルツキー監督に交代。CSKAモスクワの指揮官でもあるスルツキーはクラブと兼任という条件で監督を引き継ぐと、その後チームは4連勝と調子を上げた。最終的に勝ち点を20まで積み重ね、グループGの2位に入り、予選突破を果たしている。

予選1試合平均0.5失点の安定した守備

チームを予選敗退の危機から救ったスルツキー監督は4-2-3-1のシステムをベースに、自身が兼任で指揮をとるCSKAモスクワの選手を中心に代表を再構築した。予選全10試合で5失点と1試合平均0.5失点に抑えた守備陣は、監督が絶大な信頼を寄せる36歳のディフェンスリーダー、セルゲイ・イグナシェヴィッチとワシーリー・べレズツキーが身体を張ってピンチを防ぐ。予選にフル出場したGKイーゴリ・アキンフェエフの存在も大きい。

中盤はボランチのイーゴリ・デニソフとアラン・ザゴエフ。この2人がトップ下でゲームメイクを務めるロマン・シロコフをサポートし、攻撃のクオリティーを向上させ、チームも自信回復に成功。これが巻き返しの要因となった。

前線では右サイドハーフのアレクサンドル・ゴロヴィンが持ち味のスピードに乗ったドリブル突破でチャンスを演出。ドリブルだけではなく、ストライカーのアルチョム・ジューバといった周りとのコンビネーションにも優れているため、本戦では攻撃の大車輪として活躍が期待される。

決定力のあるジューバに期待

ロシアには頼れるストライカー、ジューバがいる。196cmの長身と頑強なボディバランスで相手DFを圧倒し、予選8試合に出場して8ゴールと脅威の決定力を発揮した。UEFA EURO 2016™予選で1試合平均1得点以上決めた選手はポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)とジューバの2人のみ。守備陣が安定しているだけに、ロシアが8年ぶりにベスト4以上の結果を出すには彼のゴール量産が求められる。


※情報は全て5月13日時点

メンバーリスト



● 出場国紹介



データボタン


RECOMMEND オススメ記事

  • ハリル
試合ハイライト動画一覧へ

【動画】試合ハイライト動画やスーパーゴール動画公開中!

RANKING 人気記事ランキング

ON AIR オンエア情報

スペインサッカー スーペルコパ 2016 1st Leg

2015-16のリーガ・エスパニョーラの覇者とスペイン国王杯の覇者が、ホーム&アウェイ方式でタイトルを争うスーペルコパ。2016年はバルセロナvsセビージャ。

WOWOWライブ
初
8/15(月)午前4:45
UEFA EURO 2016™ ハリルホジッチ選定 ベストマッチ12

UEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権の戦いの中からベストマッチを選んでお届けします。

WOWOWライブ
8/15(月)午前10:00 ほか
UEFA EURO 2016™サッカー欧州選手権

4年に1度開催される欧州No.1を決めるサッカーの祭典。フランス開催の2016年大会は過去最多の24カ国が出場。全51試合をお届けする。

btn01
btn02