メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

TOP > チーム紹介 > ドイツ代表

チーム紹介 / TEAMS

ドイツ代表ドイツ代表 Germany

nav06

FIFAランキング(2016年3月3日時点):4位

過去のEURO出場回数:11回

EURO最高成績:優勝(1972、1980、1996年)

人口:約8,094万人

大会結果

1960年 不参加

1964年 不参加

1968年 予選敗退

1972年 優勝

1976年 準優勝

1980年 優勝

1984年 グループリーグ敗退

1988年 ベスト4

1992年 準優勝

1996年 優勝

2000年 グループリーグ敗退

2004年 グループリーグ敗退

2008年 準優勝

2012年 ベスト4

20年ぶりの大会制覇へ

2014年ブラジルワールドカップで悲願の世界制覇を成し遂げたドイツ。「ゲルマン魂」という欧州では珍しい泥臭い根性サッカーをベースに、地元開催だった2006年ドイツワールドカップ以降、国際舞台では常にベスト4入りを果たしている。世界でここまで安定した結果を残しているのは、ドイツ以外にいない。

UEFA EURO 2016™予選ではスコットランドとの初戦に2ー1で勝利するも、2節のポーランド戦を落とし、続くアイルランド戦は1ー1のドローと出足は低調だった。しかし、4節のジブラルタル戦に勝利すると、攻守の歯車が噛み合い、7勝1分け2敗の勝ち点22でグループDを1位で通過した。

長年主将を務めていたフィリップ・ラームから腕章を引き継いだ「真のリーダー」であるバスティアン・シュヴァインシュタイガーを筆頭に、マヌエル・ノイアー、トーマス・ミュラー、メスト・エジルといったタレントたちは、歴代屈指の充実度を誇る。カリム・ベララビやルロワ・サネなど新戦力の登用にも積極的で、戦力の厚さは層を増している。メジャー大会連覇は現実的な目標だ。

戦力豊富な中盤。ゼロトップが機能

ショートパス主体のコレクティブなスタイルを貫き、4-2-3-1をベースにしているドイツは、UEFA EURO 2016™でもそのシステムが基本となるだろう。ボール奪取能力に優れたシュヴァインシュタイガーと予選出場全選手の中でパス成功率トップを記録したトニ・クロースがボランチを組み、ゲームをコントロール。さらにトップ下のエジルがゴールに直結するパスを出せるのがチームの武器だ。

ワールドカップ歴代得点王の偉業を達成したミロスラフ・クローゼの代表引退後、ストライカー不在が懸念されていたが、本格的に導入したマリオ・ゲッツェのゼロトップが機能しているのはチームにとって追い風だ。予選では流動的な崩しからミュラーが仕留める攻撃パターンが猛威を振るった。その結果ドイツは予選全10試合で24得点と多くのゴールを獲得。一方で予選の失点数が9と多かっただけに、守護神ノイアーを中心に守備の改善が求められる。

ラームの後継者は誰になるのか

2014年ブラジルワールドカップを最後に不動の右サイドバックだったラームが代表を引退。現時点でその穴は埋まっていない。ドルトムントに所属するマティアス・ギンターが昨季から本格的に右サイドバックに転向し、長足の進歩を見せているが、まだ説得力のあるプレーは見せられずにいる。ゼバスティアン・ルディやエレム・ジャンも対応可能だが、元々は中盤の選手のため、守備力では見劣りする。本戦までに再適解を見出せるかが守備改善の大きなポイントになるだろう。


※情報は全て5月13日時点

メンバーリスト



● 出場国紹介



データボタン


RECOMMEND オススメ記事

  • ハリル
試合ハイライト動画一覧へ

【動画】試合ハイライト動画やスーパーゴール動画公開中!

RANKING 人気記事ランキング

ON AIR オンエア情報

スペインサッカー スーペルコパ 2016 1st Leg

2015-16のリーガ・エスパニョーラの覇者とスペイン国王杯の覇者が、ホーム&アウェイ方式でタイトルを争うスーペルコパ。2016年はバルセロナvsセビージャ。

WOWOWライブ
初
8/15(月)午前4:45
UEFA EURO 2016™ ハリルホジッチ選定 ベストマッチ12

UEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権の戦いの中からベストマッチを選んでお届けします。

WOWOWライブ
8/15(月)午前10:00 ほか
UEFA EURO 2016™サッカー欧州選手権

4年に1度開催される欧州No.1を決めるサッカーの祭典。フランス開催の2016年大会は過去最多の24カ国が出場。全51試合をお届けする。

btn01
btn02