メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

TOP > チーム紹介 > イングランド代表

チーム紹介 / TEAMS

イングランド代表イングランド代表 England

nav06

FIFAランキング(2016年3月3日時点):9位

過去のEURO出場回数:8回

EURO最高成績:3位(1968年)

人口:約5,301万人

大会結果

1960年 不参加

1964年 不参加

1968年 3位

1972年 予選敗退

1976年 予選敗退

1980年 グループリーグ敗退

1984年 予選敗退

1988年 グループリーグ敗退

1992年 グループリーグ敗退

1996年 ベスト4

2000年 グループリーグ敗退

2004年 ベスト8

2008年 予選敗退

2012年 ベスト8

大きな国際舞台では勝負弱い

古くから世界を代表する強豪国として知られるイングランド。しかし、ボビー・チャールトン、デイヴィッド・ベッカム、ウェイン・ルーニーなど名選手を輩出しているが、歴史的に大舞台で弱く、サッカーの母国として十分な実績を残しているとは言えない。特に近年のイングランドは、主要国際大会でPK戦に行く手を阻まれている印象が強い。ユーロで3度(1996、2004、2012年)、FIFAワールドカップでは2度(1998、2006年)と、実に5大会をPK戦によって敗退。ワールドカップ優勝の経験はあるが、ユーロでは決勝へ勝ち進んだことすらなく、1968年大会で3位に入ったのが最高成績である。なお、UEFA加盟国中ワールドカップ優勝の経験を持ちながら、唯一各大陸選手権で優勝していない国でもある。

若手がどれだけ躍動できるか

スティーヴン・ジェラードとフランク・ランパードの二大巨頭が代表に別れを告げ、タレント不足が否めなかったが、代表歴代最多得点記録を更新したルーニーや若手の活躍が光り、UEFA EURO 2016™予選では大会唯一の10戦全勝で本戦出場を決めた。出場権を争ったのがスイスやスロベニアで、比較的突破しやすいグループだったこともあるが、攻守両面で群を抜いたパフォーマンスを披露。中でも若手のラヒーム・スターリングとロス・バークリーは継続的に好調を維持。ボランチではジョーダン・ヘンダーソンとジェームズ・ミルナーのコンビに、プレミアリーグ2位のトッテナムを支えるデレ・アリが名乗りをあげ、レギュラー争いが白熱している。長年代表の中盤を支えたジェラードとランパードの穴をどう埋めるかが本戦での鍵を握る。

FWではプレミアリーグ得点王を走るハリー・ケインがどれだけゴールを奪えるのかも注目だ。

新主将ルーニーのコンディションはいかに

ブラジルW杯後にジェラードから主将を引き継いだルーニーは、チームにとって必要不可欠な存在だ。予選は8試合に出場し、7ゴール。代表通算得点は歴代1位の51にまで伸びた。2014ブラジルワールドカップ後にはジェラードの後を引き継いで新キャプテンにも就任し、ピッチ内外でチームを支えている。

しかし、そのルーニーのパフォーマンスが低調になりつつあるのが気になるところだ。過去にはなかったボールタッチのミス、精度の低いパスなどらしくないプレーが見られ、足首とハムストリングにも不安を抱えている。好調を維持している若手攻撃陣にポジションを譲る可能性もあるが、まだ年齢も30代。今大会は代表キャリアの集大成となるだけに、この男も黙ってはいないだろう。イングランド初の欧州制覇にはルーニーの完全復活が求められる。


※情報は全て5月13日時点

メンバーリスト



● 出場国紹介



データボタン


RECOMMEND オススメ記事

  • ハリル
試合ハイライト動画一覧へ

【動画】試合ハイライト動画やスーパーゴール動画公開中!

RANKING 人気記事ランキング

ON AIR オンエア情報

スペインサッカー スーペルコパ 2016 1st Leg

2015-16のリーガ・エスパニョーラの覇者とスペイン国王杯の覇者が、ホーム&アウェイ方式でタイトルを争うスーペルコパ。2016年はバルセロナvsセビージャ。

WOWOWライブ
初
8/15(月)午前4:45
UEFA EURO 2016™ ハリルホジッチ選定 ベストマッチ12

UEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権の戦いの中からベストマッチを選んでお届けします。

WOWOWライブ
8/15(月)午前10:00 ほか
UEFA EURO 2016™サッカー欧州選手権

4年に1度開催される欧州No.1を決めるサッカーの祭典。フランス開催の2016年大会は過去最多の24カ国が出場。全51試合をお届けする。

btn01
btn02