メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

TOP > ニュース&コラム > ドイツのレーヴ監督が2018年W杯まで続投 その一方で8チームが新体制へと移行

ニュース&コラム / NEWS & COLUMN

2016.07.13

ドイツのレーヴ監督が2018年W杯まで続投 その一方で8チームが新体制へと移行

ドイツのレーヴ監督が2018年W杯まで続投 その一方で8チームが新体制へと移行

世界王者として臨んだUEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権でベスト4に止まったドイツ代表が、今後もヨアヒム・レーヴ監督と共に道を歩むことを決断した。DFB(ドイツ・サッカー連盟)は現地12日、現在締結している契約に則り、レーヴ監督が2018年のFIFAワールドカップ(W杯)まで続投することを発表した。

レーヴ監督は、開催国として優勝が期待されながら3位に終わった2006年のW杯後、ユルゲン・クリンスマン前監督の後任としてドイツ代表の指揮官に就任。2008年のユーロは準優勝、2010年のW杯は3位、2012年のユーロはベスト4と、チーム改革を進めながらも常に好成績を残し、2014年のW杯ではついに頂点を極めて優勝を果たした。しかし、主要国際大会連覇が期待された今回のユーロでは、準決勝で開催国のフランス代表に0ー2で敗退した。

この状況を受け、今後の去就に注目が集まっていたレーヴ監督だが、DFBのラインハルト・グリンデル会長から「我々としては、W杯連覇に向けてレーヴ監督に引き続き指揮を執ってもらうことに何の疑いもなかった。彼はこのチームにとって考えられる最高の監督だ」と全幅の信頼を寄せられるなど、続投決定により12年間という長期政権を築き上げる運びとなった。

なお、ドイツ代表がレーヴ監督の続投を決定した一方、グループリーグで敗退したチームでは、ルーマニア代表はアンゲル・ヨルダネスク監督、ロシア代表はレオニード・スルツキー監督、ウクライナ代表はミハイロ・フォメンコ監督がそれぞれ辞任。このうちルーマニア代表は、クリストフ・ダウム新監督の就任を発表している。

また、前人未到の大会3連覇を目指しながらも、前回決勝で下したイタリア代表に決勝トーナメント1回戦で0ー2と雪辱を許したスペイン代表は、ビセンテ・デル・ボスケ監督が退任。同じく決勝トーナメント1回戦で、大会初出場のアイスランド代表に1ー2で大金星を食らったイングランド代表は、ロイ・ホジソン監督が辞任を発表している。

一方、これら5チーム以外では、3チームが開幕前に大会終了後の新体制への移行を発表しており、イタリア代表はアントニオ・コンテ監督からジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督へ、スウェーデン代表はエーリック・ハムリェン監督からヤンネ・アンデション監督へとバトンが引き継がれた。また、ここまで共同指揮官体制を敷いて来たアイスランド代表は、ラーシュ・ラーゲルベック監督が退任し、ヘイミル・ハルグリームソン監督が単独で指揮を執ることとなっている。

Photo by Getty Images



データボタン


RECOMMEND オススメ記事

  • ハリル
試合ハイライト動画一覧へ

【動画】試合ハイライト動画やスーパーゴール動画公開中!

RANKING 人気記事ランキング

ON AIR オンエア情報

スペインサッカー スーペルコパ 2016 1st Leg

2015-16のリーガ・エスパニョーラの覇者とスペイン国王杯の覇者が、ホーム&アウェイ方式でタイトルを争うスーペルコパ。2016年はバルセロナvsセビージャ。

WOWOWライブ
初
8/15(月)午前4:45
UEFA EURO 2016™ ハリルホジッチ選定 ベストマッチ12

UEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権の戦いの中からベストマッチを選んでお届けします。

WOWOWライブ
8/15(月)午前10:00 ほか
UEFA EURO 2016™サッカー欧州選手権

4年に1度開催される欧州No.1を決めるサッカーの祭典。フランス開催の2016年大会は過去最多の24カ国が出場。全51試合をお届けする。

btn01
btn02