メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

メニュー

閉じる

TOP > ニュース&コラム > CLもユーロも準優勝のグリーズマン「1ヶ月で2度も決勝で負けるなんて悲し過ぎる」

ニュース&コラム / NEWS & COLUMN

2016.07.11

CLもユーロも準優勝のグリーズマン「1ヶ月で2度も決勝で負けるなんて悲し過ぎる」

CLもユーロも準優勝のグリーズマン「1ヶ月で2度も決勝で負けるなんて悲し過ぎる」

フィナーレを迎えたUEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権、開催国として大会制覇を狙ったフランス代表の夢はあと一歩のところで儚くも散った。現地10日に行われた決勝、フランス代表は延長戦の末に0ー1でポルトガル代表に敗れ、2000年以来4大会振りとなる優勝を逃した。

戦前は優位を予想する声が多数を占めるなど、1984年に続く地元優勝が大いに期待されながら、逆に悲劇を味わうこととなったフランス代表。試合後の会見に臨んだディディエ・デシャン監督は、ため息ながらに強い落胆を表した。

「我々は絶好の機会を逃してしまった。この失望は言葉では表し切れないし、立ち直るには時間が掛かるだろう。だが、チームが見せたファイティング・スピリットは忘れられるべきではない。代表は国民と共に勝利を掴み、そして苦しみを味わった。我々は今日、全員で敗れた。熱い声援を送ってくれたサポーターにタイトルを捧げられずに悲しいが、これが現実だ」

また、78分からFWジルーに代わり途中出場したものの、後半アディショナルタイムに放ったシュートがポストに嫌われたFWジニャックは、「チームが大会を通じて見せたポジティブな部分はキープして行くべきだ」としながらも、悔やんでも悔やみきれない一戦を悲しんだ。

「これは悪夢だ。あのシュートさえ決まっていれば。。。もう92分だったので、試合は決していただろう。それに加えて、ポストに弾かれたボールが味方の前にこぼれても良かったが、実際にはそうならなかった。本当に不運としか言いようがない。僕達は今後、傷心の休暇を過ごすことになる」

一方、通算6ゴールで大会得点王に輝いたものの、この日は不発に終わったFWグリーズマンは、アトレティコ・マドリードでのチャンピオンズリーグ(CL)に続きフランス代表でのユーロも準優勝に終わった不運を嘆きながらも、今後に向けて必死に気力を振り絞った。

「わずか1ヶ月そこらで2度も決勝で負けるなんて悲し過ぎる。だが、サッカーとはこういうものだ。酷いけれども最悪とまではいかない。決勝では負けてしまったが、僕達はここまで良くやったし、このチームを誇りに思っている。この敗戦からいち早く立ち直り、次の戦いであるワールドカップ予選に向けて準備をすることが重要だ。僕は一段と強くなって、クラブにも代表にも戻って来る」

Photo by Getty Images



データボタン


RECOMMEND オススメ記事

  • ハリル
試合ハイライト動画一覧へ

【動画】試合ハイライト動画やスーパーゴール動画公開中!

RANKING 人気記事ランキング

ON AIR オンエア情報

スペインサッカー スーペルコパ 2016 1st Leg

2015-16のリーガ・エスパニョーラの覇者とスペイン国王杯の覇者が、ホーム&アウェイ方式でタイトルを争うスーペルコパ。2016年はバルセロナvsセビージャ。

WOWOWライブ
初
8/15(月)午前4:45
UEFA EURO 2016™ ハリルホジッチ選定 ベストマッチ12

UEFA EURO 2016™ サッカー欧州選手権の戦いの中からベストマッチを選んでお届けします。

WOWOWライブ
8/15(月)午前10:00 ほか
UEFA EURO 2016™サッカー欧州選手権

4年に1度開催される欧州No.1を決めるサッカーの祭典。フランス開催の2016年大会は過去最多の24カ国が出場。全51試合をお届けする。

btn01
btn02