新着番組

連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班

連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班
放送予定日

11月17日(日)スタート(全6話)[第1話無料放送]
 毎週日曜 夜10:00

大ヒットクライムサスペンス「殺人分析班」シリーズ第3弾!シリーズ史上最も難解な猟奇殺人事件に殺人分析班メンバーが挑む!

 2015年「石の繭」、2016年「水晶の鼓動」として放送され大ヒットしたクライムサスペンスシリーズ「殺人分析班」。その待望の第3弾がスタートする。今作で殺人分析班が挑むのは、遺体の首に青い花が活けられる連続猟奇殺人事件。原作シリーズの中でも、最もミステリー要素が強く難解な事件が描かれる。
 キャストは主人公・如月塔子役の木村文乃や、先輩刑事・鷹野秀昭役の青木崇高らおなじみのメンバーが再集結。今回、頼れる相棒の鷹野の異動が数日後に迫る中、事件の捜査に行き詰まる塔子の不安と葛藤を木村がどう表現するか期待が高まる。さらに、ドラマオリジナルのキャラクターとして登場し、菊地凛子が演じる法医学者・相羽町子の存在も大きな見どころだ。
 監督を務めるのは、全シリーズの世界観を構築する内片輝。脚本は、濃厚な刑事ドラマを世に送り出してきた穴吹一朗。また、今作は4K・HDR版も制作する。

<ストーリー>
 警視庁捜査一課十一係で刑事・如月塔子(木村文乃)が最も信頼する先輩刑事・鷹野秀昭(青木崇高)の公安部への異動が決まり、その異動が数日後に迫っていた。そんな中、不動産会社の代表取締役を務める資産家の天野秀雄が、自宅で惨殺される事件が発生。遺体は切り裂かれた首に“青い花”が活けられた状態で発見され、秀雄の妻・真弓は事件の日から行方知れずとなっていた。捜査本部が真弓を最重要参考人として捜索していると、「クラスター16」と名乗る犯人から新聞社宛てに、犯行声明と真弓の居場所を示唆するメールが届く。
 次々と起こる猟奇殺人事件に翻弄され続ける警視庁と殺人分析班。鷹野の異動が迫る中で、塔子に寄せられる期待と責任も大きくなっていく。しかし、期待とは反対に事件の捜査は難航し、焦りと不安が募る塔子。果たして、塔子や殺人分析班はこの猟奇殺人事件を解決することができるのか!?

関連情報

原作:麻見和史「蝶の力学 警視庁殺人分析班」(講談社文庫刊)
脚本:穴吹一朗
音楽:諸橋邦行
監督:内片輝(「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」)
出演:木村文乃 青木崇高 渡辺いっけい 北見敏之 藤本隆宏 小柳友 /
   神野三鈴 勝村政信 段田安則 仲村トオル / 菊地凛子

<関連番組>
大ヒットシリーズ待望の第3弾!「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」徹底ガイド!   10月6日(日)夜10:25ほか[無]

<関連特集>
「殺人分析班」最新シリーズ「蝶の力学」放送記念!「石の繭」全5話一挙放送
 連続ドラマW 石の繭 殺人分析班(全5話)   11月9日(土)深夜0:00~[第1話無料放送][字]
「殺人分析班」最新シリーズ「蝶の力学」放送記念!「水晶の鼓動」全5話一挙放送
 連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班(全5話)   11月10日(日)夜6:00~[第1話無料放送][字]

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※2019年10月1日施行予定の消費税法改正に伴い、2019年10月分以降の視聴料につきましては消費税率10%を適用させていただきます。

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの