新着番組
クリミナル・マインド13 FBI行動分析課

クリミナル・マインド13 FBI行動分析課
放送予定日

9月4日(火)放送スタート予定

シリアルキラーの次なる犯行を防ぐべく、プロファイリングで犯人像を推理するFBIのエリートチーム《BAU》。その活躍を描く一話完結の大ヒット犯罪捜査ドラマ。

 シリアルキラーをプロファイリングで追うFBIのチーム《BAU》が活躍。今秋、全米放送が始まる第14シーズンの第1話が記念すべき番組通算300話となるロングランヒット犯罪捜査ドラマから、昨年9月~今年4月に全米放送された第13シーズンを日本初公開。《BAU》がルーク(「CSI:マイアミ」シリーズでデルコ役を演じたアダム・ロドリゲス)などを新メンバーに迎えた前シーズンの最後、ひっかき男(スクラッチ)は《BAU》の面々が乗った車を大事故に巻き込んだが、その被害状況は新シーズン第1話で明らかに。リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)が復帰できるかも大いに気になる。
 新シーズンでは本作のスピンオフ「クリミナル・マインド 国際捜査班」のマシュー・シモンズ捜査官(ダニエル・ヘニー)が《BAU》に移籍。ギュブラーが第17話を監督し、第5話にはかつての《BAU》メンバーであるモーガン(シェマー・ムーア)がゲストとして登場するなどファン必見の見どころもたっぷり。
 さらに6月25、26日には、リード役であるマシュー・グレイ・ギュブラーの4度目の来日が決定している。

<ストーリー>
 犯行と犯行の間隔が短くなりがちなシリアルキラーの次なる犯行を防ごうと全米各地に飛び、プロファイリングで犯人の特定と逮捕を急ぐFBIの敏腕チーム《BAU(行動分析課)》。前シーズンの最後、かつて《BAU》が取り逃がした、他人に殺人をさせる凶悪犯=ひっかき男(ボーディ・エルフマン)の罠にはまり、《BAU》の多くを乗せた車は大事故に遭ってしまった。あるメンバーが命を落とした上、ひっかき男はプレンティスを拉致して監禁してしまう。
 《BAU》は元IRT(国際捜査班)のタフガイ、シモンズ捜査官を新メンバーに迎えるが、その後もバーンズ局長(キム・ローズ)によってチームを崩壊させられそうになるなどの危機が続く。

関連情報

出演:ジョー・マンテーニャ(デヴィッド・ロッシ役/声:菅生隆之)
   パジェット・ブリュースター(エミリー・プレンティス役/声:深見梨加)
   マシュー・グレイ・ギュブラー(スペンサー・リード役/声:森久保祥太郎)
   A・J・クック(ジェニファー・ジャロウ役/声:園崎未恵)
   カーステン・ヴァングスネス(ペネロープ・ガルシア役/声:斉藤貴美子)
   アイシャ・タイラー(タラ・ルイス役/声:塩田朋子)
   アダム・ロドリゲス(ルーク・アルヴェス役/声:阪口周平)
   ダニエル・ヘニー(マシュー・シモンズ役/声:中川慶一)

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの