Nulbarichの日本武道館ライブ放送を前にボーカルJQへ独占インタビュー!

Nulbarichの日本武道館ライブ放送を前にボーカルJQへ独占インタビュー!

──新木場Studio Coastのワンマンで、武道館公演の発表をした時はどんな気持ちでしたか?

感慨深いものがありました。一昨年の9月、Jamiroquaiの来日公演のサポートアクトとして日本武道館のステージに立たせてもらった時は、すごく嬉しかったのと同時に「いつかこのステージで、自分たちのワンマンをやりたい」という気持ちがすごく強くなって。その1年後に夢が叶ったわけですけど、まさか自分の口から「僕ら、武道館でやります」なんて言葉が出るとは思ってもみなかったです。

──実際に、武道館のステージに立ってみての感想は?

武道館って、とても不思議な場所なんです。ステージからお客さんがすごく近くに見えるし、それでいてドームでやっているようなスケールも感じさせてくれる。とにかく、あんなにはっきりとお客さんの顔が見られる場所ってあんまりないと思うんですよね。

──MCでは「間違いなく緊張してるよ。伝わらないと思うけど」と話していましたよね(笑)。実際、緊張しているようには見えませんでした。

(笑)。緊張してたんですけどね。でも、ステージが始まっちゃえば、あまりそれを意識しないで済むというか。MCに関しても、今回カメラが入るって聞いていたから、あんまり喋らないでおこうかなとも思ったんです。余計なこと言っちゃうかも知れないから(笑)。でも、いざとなると撮影が入っていることすら忘れちゃいましたね。むしろ丸裸にされてしまった気が。

──今回、Nulbarichのメンバー9人がステージに立ったことで、「トリプルギター」という編成になっていたのも印象的でした。

いやあ、めっちゃ大変だったっす(笑)。前回はツインギターだったのが、今回もう一人増えたことで、バンドからオーケストラになったような感じでした。5人編成でやっていた初期のライブよりも、より緻密な演奏や「隙間の美学」が要求されるというか。全員が勝手に演奏したら、アンサンブルが一気に崩れてしまうじゃないですか。そこを揃えるまで時間がかかりましたね。

──セットリストはどのように考えましたか?

まず、初期の曲も今のNulbarichとしてどう表現するか?みたいなことは考えつつ、バンドの歴史が見えるようなセトリにしようと思いましたね。特に、デビュー曲「Hometown」からスタートするというのは、自分の中で譲れないものがありました。
それ以外は、時系列を意識しつつもそれにこだわらず、「音の連なり」で並べていきました。演奏しているメンバーも、この2年間を思い出しながら演奏してもらいたかったんです。


Nulbarichの日本武道館ライブ放送を前にボーカルJQへ独占インタビュー!
──中でも「Nulbarichの真髄」を思い知らされたのは、「Spread Butter On My Bread」から始まる中盤の展開でした。

こういうニューソウル的なコアなサウンドは、バンドがポピュラーになればなるほどやりにくくなっていくジレンマがあって。だからこそ、「Spread Butter On My Bread」や、「On and On」あたりのセクションは、武道館で鳴らすことに意味がありました。結成当初、お酒を交わしながら「あの曲、武道館で鳴らしたいよね」なんて、メンバーと話していたので、外す理由はなかったですね。むしろ、セットリストのど真ん中に置いた。「あ、これ武道館でやっちゃった!」という気持ちは、メンバー全員にあったんじゃないかな。

──それと今回、新曲も披露していましたね。

「VOICE」は、普段書きためていたリリックたちをかき集めた曲です。なので内容的にもカオスで、ハッピーなのか不安なのか分からない、「気持ちの揺れ」みたいなものが表現されていて。個人的には踊りながら聴いてほしいんですけど、きっと聴く人によって印象がかなり違う楽曲になったと思いますね。今の自分を端的に表していると思います。

──「みんなが思い思いに楽しむ」というのが、Nulbarichのライブの特徴だと思うのですが、今回は「NEW ERA」でシンガロングしてみるなど、JQさん曰く「ベタなこと」も敢えてやってみましたよね?

めっちゃ楽しかったですよ(笑)。今までは、こっ恥ずかしくてやってこなかったというのもあるし、手っ取り早くそれをさせちゃうことに抵抗感があって。本番までやるつもりじゃなかったんですけどね。みんなが楽しそうに歌っている様子を見ていたら、「俺も一緒に混ぜてほしいな」という気持ちになっていたんです。

──武道館を経て、今後のNulbarichはどのように進化させていきたいですか?

もっともっと頑張って、もっともっとみんなの耳に残る楽曲、みんなの心に残るライブを目指したい。僕らの世界は「現状キープ」を目指すと「現状キープ」ではいられないと思うんです。上がっていくことが「キープ」というか。それを最も覚悟した日が武道館でしたね。もっともっと沢山の人にNulbarichを聴いてもらって、長くここにい続けられるよう頑張らないとなって思いました。

──来年から始まるツアーへの意気込みは?

Nulbarichのいいところは、もちろん変わらない部分はありつつも、変われる部分というのが強みだと思うんですよ。ライブでお客さんと調和するようにアレンジを変えていくのと一緒で、「今」のみんなの耳に届く音にフォーカスしていきたい。そんな現在進行形のNulbarichを、存分に楽しんでもらえたら嬉しいですね。

取材/文 :黒田 隆憲
撮影 :福岡 諒祠

番組情報

Nulbarich ONE MAN LIVE at 日本武道館 -The Party is Over-
wowowライブ12/27(木)よる9:30 他
唯一無二のグルーブを奏で、国内外のフィールドで瞬く間に注目を集めたバンドNulbarich(ナルバリッチ)。彼らのワンマンライブを放送。


閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの