メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

番組インフォメーション

RSS

NEW

【放送・配信決定!】ザ・ウェルキン(8/7)

WOWOWでは、吉田羊、大原櫻子ら実力派女優達が大集結した『ザ・ウェルキン』を今冬に放送・配信することが決定した。殺人犯の少女の妊娠判定のために集められた12人の女性陪審員。その裏に隠された真実をサスペンスタッチで描き、その衝撃のラストはまさに予測不能。とにかく「傑作!」の一言に尽きる。
脚本は「チャイメリカ」でローレンス・オリビエ賞最優秀作品賞に輝き、「チルドレン」でトニー賞にノミネートされた英国人劇作家ルーシー・カークウッド。演出は、ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」の脚本が話題を集め、自身が主宰する「劇団た組」でも評価が高まる気鋭の加藤拓也が務める。初監督映画「わたし達はおとな」が好評を博し、舞台では「友達」「もはやしずか」を手掛けた20代演出家の手腕に注目したい。
12人の女性の手に委ねられた少女の命。大胆かつスリリングに!残酷なほど正直に!女性たちは自分自身と少女に向き合っていく。真実なのか、虚偽なのか…。猥雑で力強いエネルギーとユーモアにも彩られながら、男性支配社会に生きた18世紀半ばの女性たちの姿が浮き彫りになる。すべては頭上に広がる「天空」が知っている。

<ストーリー>
1759年、英国の東部サフォークの田舎町。人々が75年に一度天空に舞い戻ってくるという彗星を待ちわびる中、一人の少女サリー(大原櫻子)が殺人罪で絞首刑を宣告される。しかし、彼女は妊娠を主張。妊娠している罪人は死刑だけは免れることができるのだ。その真偽を判定するため、妊娠経験のある12人の女性たちが陪審員として集められた。これまで21人の出産を経験した者、流産ばかりで子供がいない者、早く結論を出して家事に戻りたい者、生死を決める審議への参加に戸惑う者など、その顔ぶれはさまざま。その中に、なんとかサリーに公正な扱いを受けさせようと心を砕く助産婦エリザベス(吉田羊)の姿があった。サリーは本当に妊娠しているのか? それとも死刑から逃れようと嘘をついているのか?なぜエリザベスは、殺人犯サリーを助けようとしているのか…。法廷の外では、血に飢えた暴徒が処刑を求める雄叫びを上げ、そして…。


【番組情報】
タイトル:ザ・ウェルキン
放送日:2022年冬(予定)
収録場所:シアターコクーン
スタッフ・キャスト/
作:ルーシー・カークウッド
演出:加藤拓也
出演:吉田 羊、大原櫻子、長谷川稀世、梅沢昌代、那須佐代子、峯村リエ、明星真由美、那須 凜、西尾まり、豊田エリー、土井ケイト、富山えり子、恒松祐里、神津優花、田村健太郎、土屋佑壱

声の出演:段田安則