メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

番組インフォメーション

RSS

一覧

前へ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

次へ

【放送決定!】「あしたのジョー」4Kリマスター版 2021年3月から全79話を放送!(12/18)

WOWOWでは、名作ボクシングアニメ「あしたのジョー」(1970年~1971年)を本邦初公開の4Kリマスター版として2021年3月から全79話放送する。
原作は、世代を問わず今でも根強い人気を誇る、作・高森朝雄(梶原一騎)、画・ちばてつやによる不朽のボクシング漫画。1968年1月1日号から連載が始まり、連載中から実写映画化、舞台化などさまざまなメディアで表現された。中でも出崎統監督による2度のTVアニメ化は鮮烈なイメージを印象づけた。
今回の放送では、現存する貴重な 35mm オリジナルネガ(一部16mm)全79話分を4Kスキャニングし、徹底的なレストア(修復)が施されたまったく新しい 4Kニューマスターを使用。誰も観たことのない高精細&色鮮やかな驚異の映像で名作が蘇る。

現在とは世相や時代背景こそ異なるが、ジョーが示した、挑み燃焼する魂は、美しい4Kリマスター版となっても共感を呼び続けることだろう。

<あらすじ>
東京の片隅、泪橋を渡ると広がる下町・通称”ドヤ街”に、ある日ひとりの少年・矢吹丈が訪れる。ヤクザに絡まれていた少女・サチを助ける丈を目撃した拳闘狂の丹下段平は、その強さに惚れ込みボクサーへの道を勧める。丈はそれを一蹴するが、慈善家の財閥令嬢・白木葉子をだましたことで少年院に送られてしまい……。後のライバル・力石徹との出会いによってボクシングへの熱意に火がついた丈は、丹下段平の特訓を受けることを決意。かくして伝説となる闘いの日々が始まったのだった。

【番組情報】
あしたのジョー
2021年3月放送予定

<原作>高森朝雄、ちばてつや

<声の出演>矢吹丈:あおい輝彦/丹下段平:藤岡重慶/力石徹:仲村秀生/白木葉子:西沢和子、恵比寿まさ子/マンモス西(西寛一):西尾徳/林紀子:小沢かおる/サチ:白石冬美/キノコ:牛崎敬子/太郎:増岡弘/ヒョロ松: 肝付兼太、嶋俊介/トン吉:八奈見乗児/カーロス・リベラ:広川太一郎、他

※「出崎統監督」の「崎」は正式には立つ崎です