ニュース/コラム

案内役ジョン・カビラ、高島彩のインタビューが到着!

WOWOWでは2/10(日本時間)に行われる第92回アカデミー賞授賞式をアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより生中継でお届けする。
授賞式を前に、案内役のジョン・カビラと高島彩のインタビューが到着!
注目作品から、アカデミー賞授賞式の見どころなど、長年案内役として出演するお二人の息の合ったインタビューとなった。

案内役ジョン・カビラ、高島彩

案内役ジョン・カビラ、高島彩

――アカデミー賞授賞式の案内役として今回もタッグを組むことになりましたが、いかがですか?

高島:また今年もご一緒出来るということで、うれしいですよ。

カビラ:いやいや、それは僕のセリフですから。

高島:年に1回、椅子を引いてくれる男性に会えるのがすごく楽しみで。カビラさんだけですからね。座るときに椅子を引いてくれるのは。今日もやっていただきました(笑)。

――今年もコンビネーションはバッチリですか?

カビラ:はい。もう何も言わなくても大丈夫ですから。

高島:あうんの呼吸でやらせていただけるのがいいですよね。お互いに、自分のセリフではない時でも、その時のタイミングに合わせて。相手が言うのを待つのではなく、ここは自分が言っておこうかな、といった役割分担がお互い、自然に出来る。そういうことが出来る人というのは実はなかなかいなくて。それがすごくうれしいです。

カビラ:いやいや、高島さんはプロ中のプロですから。何の不安もなくありがたいです。

――今回の注目作品は?

カビラ:アメリカには、評論家の皆さんの評価が集約された、予想の専門サイトがあるんですよね。そういうところを見ていると、だいたい『1917 命をかけた伝令2019』がフロントランナーと言われていて。それから『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、その後に『パラサイト 半地下の家族』や『ジョーカー』だったりしますね。

高島:個人的に好きだった作品で言うと、『パラサイト 半地下の家族』ですね。アジア作品として初の受賞というところにも期待がかかるところですし。韓国の格差社会から生まれる闇を描きながら、非常にコメディタッチというか。笑いと恐怖の表裏一体というのは『ジョーカー』にもつながるところがありますが。『パラサイト 半地下の家族』がとってくれたら、また新しい時代がきたという喜びもあるので、応援をしております。

カビラ:僕も『パラサイト 半地下の家族』は注目しておりますし、(受賞すれば)初のアジア作品ということで、歴史が動く瞬間を皆さんと共有したいという思いもありつつ、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の事件が起きた1969年は、ちょうどホームステイでアメリカにいたんです。だから個人的な淡い幼少の頃の体験を重ねつつ、クエンティン・タランティーノに初の監督賞を期待したいという感じですね。

――俳優で注目しているのは?

高島:主演男優賞でノミネートされている『ジョーカー』のホアキン・フェニックスですね。背中から悪魔の羽が生えるんじゃないかっていうような、後ろ姿がすごかったですよね。その後ろ姿で、狂気とか悲しみとか全てがグッと表現されていて。引きずり込まれるようなすごさがあるなと思いましたね。

カビラ:『ジョーカー』はまさに僕も同じ感覚で捉えていて。そしてもうひとりとなると、『マリッジ・ストーリー』のアダム・ドライバーの苦悩の演技ですかね。

高島:『マリッジ・ストーリー』はスカーレット・ヨハンソンも良かったですよね。最初は落ちついて話さなきゃと思っているのに、話し始めたらあふれる感情が止まらなくて。その感情が手に取るように分かる。あの二人のやりとりが圧倒的で、素晴らしかった。

――主演女優賞についてはいかがですか?

高島:予想だと『ジュディ 虹の彼方に』のレニー・ゼルウィガーですかね。『ブリジット・ジョーンズの日記』のイメージで見たら本当にビックリして。歌唱、役作りも含めて、彼女の力をあらためて見せられたという感じがしますね。これでもし受賞したら、きっとスピーチでは、自身の復活に重ね合わせたようになるわけで。どんなスピーチになるのかなというところも含めて、期待してしまいますね。

カビラ:そうですよね。『ブリジット・ジョーンズの日記』でコミカルでポップな役柄を演じていた彼女が、晩年のジュディ・ガーランドを演じきっていて。鬼気迫るというのはこういうことなんだろうな、という演技ですよ。あとはやはりショービジネスの光と影。これはグイグイ引き込まれますよね。本当に素晴らしい。

――授賞式で期待することは?

カビラ:今年はどういうオープニングになるんでしょうね? WOWOWではレッドカーペットから放送するので、そこから楽しんでいただきたいですね。中島健人さん、河北麻友子さんのインタビューも楽しみです。そして授賞式は派手なオープニングになるものなので、それにも期待したいです。

――ファッションで期待するとことは?

高島:今年はMeToo運動の時のような黒ではないと思うので。せっかくのショーですから。皆さんがおめかししたスタイルを見たいなと思います。

カビラ:総額いくらですか? というようなドレスはどこのブランドなのか調べたりしてね。

高島:そう、それが面白いんですよね。番組上ではやらないんですけど、カビラさんと一緒にiPadで調べているんです。

カビラ:ハリー・ウィンストン! みたいなね。

高島:そういう楽しみもあるので、レッドカーペットから楽しみですね。


【番組情報】
生中継!第92回アカデミー賞授賞式 >
WOWOWプライム生二カ国語版同時通訳2/10(月)午前8:30

第92回アカデミー賞授賞式 >
WOWOWプライム字幕版2/10(月)よる9:00

中島健人 ハリウッド 映画の街を行く >
WOWOWプライム1/26(日)よる9:45 他 ※無料放送

第92回アカデミー賞 直前総予想 >
WOWOWプライム2/8(土)よる9:00
出演:中島健人(Sexy Zone) 他

中島健人 ハリウッドの風を探して >
WOWOWプライム3/1(日)〜

【関連番組】
アカデミー賞特集2020[前回受賞作編] >
WOWOWシネマ2/8(土)〜2/9(日)

アカデミー賞特集2020[作品賞編] >
WOWOWプライムWOWOWシネマ2/2(日)〜2/9(日)

アカデミー賞特集2020[過去の受賞作編] >
WOWOWシネマ1/3(金)〜2/9(日)

第92回アカデミー賞ノミネーション 栄光と歓喜の瞬間/作品篇/男優篇/女優篇 >
WOWOWプライムWOWOWシネマ1/18(土)~番組間随時 ※無料放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる