イントロダクション

驚愕のトリックが圧巻のミステリーとして描かれる、壮絶な社会派サスペンス! 貧困、無縁社会、ブラック企業… 女が生き抜くために足を踏み入れていく現代社会の暗部。 孤独死の謎、保険金殺人のからくり…
平凡な一人の女の人生に一体何が起こったのか?

幅広い演技力が高く評価されている実力派女優・尾野真千子が、WOWOWにて2019年3月に放送される「連続ドラマW 絶叫」で主演を務めることが決定した。
主人公・鈴木陽子は、決して特別な人間ではない。ごく一般的な家庭に生まれた、普通の女。その平凡さゆえに、秀才だった弟と何かと比較され、弟を溺愛する母親から愛されなかった淋しさを胸に秘めながら、淡々とOLをしている、等身大の女性だ。
そんな陽子の人生が、借金を抱えた父親の失踪をきっかけに、暗転する。社会的に、経済的に、不幸な出来事が積み重なることで、陽子は徐々に追い詰められ、人生が転落していく。愛されたい、経済的に独立したい、そして自分を認められたい…、あらゆる女性が当然に抱く想い、それ故に自分自身を苦しめてしまう陽子の人生は、一つ間違えれば誰にでもありうるという等身大のリアリティを視聴者に感じさせる。いつしか「棄民」、つまり社会から見捨てられた人間となった陽子。そこから這い上がる為、自分の存在を確立し「居場所」を作る為、陽子は立ち上がる。陽子は生きる為、保険金殺人に手を染めていく。

画像

そんな陽子の人生が、借金を抱えた父親の失踪をきっかけに、暗転する。社会的に、経済的に、不幸な出来事が積み重なることで、陽子は徐々に追い詰められ、人生が転落していく。愛されたい、経済的に独立したい、そして自分を認められたい…、あらゆる女性が当然に抱く想い、それ故に自分自身を苦しめてしまう陽子の人生は、一つ間違えれば誰にでもありうるという等身大のリアリティを視聴者に感じさせる。いつしか「棄民」、つまり社会から見捨てられた人間となった陽子。そこから這い上がる為、自分の存在を確立し「居場所」を作る為、陽子は立ち上がる。陽子は生きる為、保険金殺人に手を染めていく。

画像
――私は、ここにいる!私は、生きる!

罪の上に罪を重ねていく陽子の魂の “絶叫”が、視聴者の心を深く揺さぶる。
そしてこの度、幅広い演技力で映画やドラマなど話題作への出演が続く安田顕の出演が決定!演じるのは、NPO法人の代表で、ホームレスを囲い込み生活保護費を奪う悪徳ビジネスを悪びれずに行っている、善悪を超越した得体の知れない思考を持つ神代武役。陽子と出会い、彼女の人生に新たな道を示し、犯罪者へと変貌させていく。
陽子の事件を捜査していく中で彼女の心の闇に共感のようなものを抱いていく刑事・奥貫綾乃役に小西真奈美、弟ばかりを愛し陽子には冷たい態度を取り続ける母・鈴木妙子役に麻生祐未、ほかにも片桐仁、前川泰之、小柳友、郭智博、濱津隆之、奥貫薫、酒井若菜、要潤など個性溢れるキャストが集結した。
息もつけないストーリー展開の中で、孤独死の謎、保険金殺人のからくりなど、社会システムの隙間につけ込んだ圧巻のトリックが次々に繰り出されていく。そしてすべてを覆す衝撃のクライマックス…。果たして、陽子は一体何者だったのか?視聴者を騙しきってしまう、驚愕のラストのどんでん返しまで一時も目が離せない!

画像

STORY

画像

東京・国分寺のアパートで複数の猫に食われて原形をとどめていない女性の遺体が発見される。
“よくある孤独死”と処理されそうになるが、ペットらしき猫たちのトイレトレーニングがされていなかったことに違和感を抱いた刑事・綾乃(小西真奈美)は、金魚鉢から鈴木陽子(尾野真千子)名義の通帳を見つけ、彼女の人生を追いかける。

画像

一方、国分寺署の捜査班はNPO法人代表・神代武(安田顕)が惨殺された事件の捜査に奔走していた。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回 初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1 5.1chサラウンド放送
二カ国語版 二カ国語版放送
吹替版 吹替版放送
字幕版 字幕版放送
字幕放送
無料 ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定 劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定 2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当 R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定 劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当 R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定 1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの