新着番組
連続ドラマW トップリーグ

連続ドラマW トップリーグ
放送予定日



2019年10月スタート
※第1話無料放送(全6話)

ベストセラー作家相場英雄の政治サスペンスを主演玉山鉄二で連続ドラマ化!
昭和史に残る疑獄事件の真相から現在の官邸最大のタブーが浮かび上がる…!

“トップリーグ”。総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだごく一部の記者を指す。
玉山鉄二が演じる主人公の大和新聞記者・松岡直樹は、入社15年目にして政治部へ異動になり官房長官番となる。破竹の勢いで永田町の中枢に上り詰め、またたく間にトップリーグへ。一方、松岡と同期入社だった酒井祐治は、現在大手出版社で週刊誌のエース記者として活躍している。そんな酒井が「都内の埋立地で発見された旧紙幣1億5千万円」の真相を追ううちに、日本史上最大の疑獄事件が浮かび上がる。「命の保証はないぞ」政界の深い闇に切り込んだ二人の男の運命は…。
原作は、食肉偽装問題など食の安全を問う「震える牛」、巨大企業の不適切会計問題を描いた「不発弾」など、社会のタブーに見事に切り込みその闇をえぐりだす小説で注目を集める相場英雄。本作では、首相官邸を舞台に、現在日本が抱える問題を浮き彫りにしながら、昭和史に残る一大疑獄事件の謎に迫り、官邸最大のタブーに鋭くメスを入れていく。真相をあぶり出す中で明らかになる衝撃の事実とは。ブラックボックス化された官邸内では何が起きているのか。真実はどのように報道されているのか。権力とメディアの裏側とは。今我々が知るべき真実を描いた衝撃作がついに連続ドラマ化。WOWOWで10月より放送する。

<ストーリー>
大手在京新聞社・大和新聞の経済部に勤める松岡直樹(玉山鉄二)は、1年という約束で政治部への異動を告げられる。「港区の埋立地で金庫が発見されましたが、近藤官房長官はどう感じられましたか?」初めての官房長官定例会見でルールを無視し質問を投げた松岡は近藤官房長官の目にとまり、トップリーグへと登りつめていく――。一方、かつて松岡の同期だった酒井祐治は週刊誌の記者として埋立地で発見された金庫の真相を追っていた。そんな中ある強盗事件が発生。被害者は酒井が金庫の件で取材したばかりの相手で……。記者として別々の道を歩いていた松岡と酒井。2人が10年ぶりに再会したことで永田町を揺るがす官邸最大のタブーが暴かれていく――!

関連情報

原作:相場英雄「トップリーグ」「トップリーグ2 アフターアワーズ」(ハルキ文庫)
監督:星野和成(「連続ドラマW 不発弾~ブラックマネーを操る男~」)
   中前勇児
脚本:篠﨑絵里子(「連続ドラマW 震える牛」「THE GOOD WIFE/グッドワイフ」「連続ドラマW 坂の途中の家」)
音楽:羽岡佳(「連続ドラマW 孤高のメス」「連続ドラマW アキラとあきら」)
   石毛駿平
出演:玉山鉄二 ほか

コメント

主演・玉山鉄二(松岡直樹役)

脚本を読まれた際の感想、撮影に向けての意気込み
あくまでもフィクションですが、文字から溢れ出るリアリティ、生々しさ、WOWOWの攻めている姿勢が、今後のドラマコンテンツのあり方を大きく左右する、そんな作品になると思います…

閉じる

主演・玉山鉄二(松岡直樹役)

脚本を読まれた際の感想、撮影に向けての意気込み
あくまでもフィクションですが、文字から溢れ出るリアリティ、生々しさ、WOWOWの攻めている姿勢が、今後のドラマコンテンツのあり方を大きく左右する、そんな作品になると思います。私自身もそんな作品に携われる事を誇りに思い、身が引き締まる思いです。

この映像化を通じて届けたい想いや、視聴者の皆様へメッセージ
間違いなく問題作?話題作!政治の闇、記者の闇、収賄、贈賄、汚職、忖度、不審死、様々な事件が私達を翻弄し、頭の片隅に違和感を残す作品になると思います。デリケートな作品なだけに丁寧に、真摯に演じたいと思います。

原作者・相場英雄

「トップリーグ」がWOWOWでドラマ化されることについてのお気持ち
「震える牛」、「血の轍」、「不発弾」に続きWOWOWで映像化していただくのは本作で四度目。地上波や製作委員会方式の映画ではできない“際どい”、“危険な”原作を直球勝負で…

閉じる

原作者・相場英雄

「トップリーグ」がWOWOWでドラマ化されることについてのお気持ち
「震える牛」、「血の轍」、「不発弾」に続きWOWOWで映像化していただくのは本作で四度目。地上波や製作委員会方式の映画ではできない“際どい”、“危険な”原作を直球勝負で料理していただくのは著者冥利に尽きます。ドラマでは原作にはないシーンを加えていただき、さらにストーリーに深みと奥行きを出していただけると確信しています。一般の視聴者が知らない永田町の奥の奥や裏事情を、映像を通じて知ってもらえたら幸いです。

主演の玉山鉄二さんについての印象や期待したいポイント、脚本を読んでドラマに期待すること
様々なドラマで主役を張ってこられた実力派にご出演いただけることは、嬉しいの一言。生真面目で曲がったことが大嫌いな「松岡記者」が、永田町の網に絡め取られていく様を体当たりで演じていただけたらと思います。原作者自身、「取材者としてブレない」と決めたはずが、永田町ではズブズブにされました。得体の知れない闇に沈む様を演じきってください。脚本の篠﨑絵里子さんも本作で三度目のお仕事。ドラマの見せ場を熟知されているので、原作を凌駕するストーリーを紡いでくださると確信しています。

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの