連続ドラマW「造花の蜜」

美貌の犯人に翻弄される誘拐劇。直木賞作家・連城三紀彦のベストセラーを映像化!

ミステリー界の巨匠、連城三紀彦の最高傑作サスペンスを連続ドラマ化しました。計算し尽くされた誘拐劇、その驚愕のからくり。二転三転する物語が視聴者を放さず、想像を絶する結末へと導いていきます。また、男を虜にする美女、 "美しい犯罪"へと誘う視覚的演出にも注目。この独特の世界観を、ドラマW初登場の檀れいが見事に体現し、より華麗でドラマティックな犯罪劇となりました。

ストーリー

幼児誘拐事件は、幾重にも重なる巨大な事件の一部だった。

事件は幼児誘拐から始まった。犯人は「身代金を払いたいなら金額をそちらで決めて」と言う。さらに警察をあざ笑うかのように、受け渡しは白昼の渋谷スクランブル交差点。前代未聞の事件は、人質の保護で解決に向かうと思われた。が、それはほんの序章に過ぎなかった。7億円もの身代金をかけた誘拐事件、そして、すべての謎を解き明かす最後の事件へ。刑事・橋場(田辺誠一)は、美しき犯人・蘭(檀れい)を追い詰めることができるのか。

[スタッフ]
原作:連城三紀彦「造花の蜜」(角川春樹事務所)
監督:小林義則(連続ドラマW「パンドラ」シリーズ「誘拐」「アンフェア」)
脚本:岡田惠和(「おひさま」「ちゅらさん」)
音楽:高見優(「JIN -仁-」)
プロデューサー:青木泰憲

[キャスト]
檀れい:蘭
玉山鉄二:川田
国仲涼子:小川香奈子
谷村美月:小杉康美
國村隼:沼田鉄治
田辺誠一:橋場有一