連続ドラマW「プリズナー」

ドラマW初の海外ロケを敢行! 実話をもとに圧倒的スケールで描く、戦慄の脱獄サスペンス。

無実の罪で投獄された壮絶な実話が話題を呼んだ問題作「P.I.P.プリズナー・イン・プノンペン」をベースに、水谷俊之監督がスリリングな脱獄劇を映像化しました。東南アジアの架空国が舞台のため、連続ドラマW初の長期海外ロケを敢行。警察の汚職体質や大使館の事なかれ主義など、虚構とはいえ目を疑うような有様をリアルに描写しています。玉山鉄二、大森南朋らが繰り広げる騙し騙されのストーリーは最後まで目が離せません。

ストーリー

無実の罪で投獄された男。無法地帯の小国で誰を信じれば助かるのか!?

とある事件を機に教職を辞した井沢圭吾(玉山鉄二)。大学時代の先輩で、東南アジアの小国セライビアで孤児院を経営する譲原(中村俊介)を訪ね、しばらくは彼を手伝うことにした。そんな中、譲原は資金を提供してくれるというジョイという男に騙され、全財産を失う。圭吾は金の返却を求めるが、警察に裏金を払ったジョイの策略で逮捕されてしまう。獄中で絶望に陥る圭吾は、同房の男ポン(大森南朋)から脱獄計画を持ちかけられるが…。

[スタッフ]
原作:沢井鯨(「P.I.P. プリズナー・イン・プノンペン」小学館)
監督:水谷俊之(ドラマW「横山秀夫『ルパンの消息』」「震度0」)
脚本:大石哲也(「名探偵の掟」「DEATH NOTE」シリーズ)
音楽:澤野弘之
プロデューサー:青木泰憲

[キャスト]
玉山鉄二:井沢圭吾
鶴田真由:西山亜希
大森南朋:ポン
中村俊介:譲原卓也
佐田真由美:松宮あおい


小日向文世:宇部肇
松重豊:王尊民
石黒賢:和田暁